| ゲームレビュー

【レビュー】デデデ大王のデデデでデンZ [評価・感想] コンパクトなカービィのリズムゲーム!

3.5

40

デデデデ・デ・デ・デデ・デデデデーデ♪

すみません、とある曲のメロディーに乗って口ずさんでしまいました(笑)

だって今回レビューするタイトルにあまりにも「デ」が多いもので・・・。

という訳で今回は2014年7月に配信された3DS「デデデ大王のデデデでデンZ」のレビューをしていきます。

本作を一言で表すと、「星のカービィ」を題材にしたリズムアクションゲームといったところでしょうか。

主人公はカービィではなくデデデ大王ですが、同シリーズの楽曲を演奏する楽しさを味わえます。

「星のカービィ」シリーズの特徴である「間口は広く、奥は深い」といった点も継承していますし、多くの人におすすめしたい!

・・・と言いたいところなんですが、惜しい点も目立っているんですよね。

ここからは3DS「デデデ大王のデデデでデンZ」の良いと思った点から語っていきます。

累計1,000記事突破!KENTがプレイしたゲームのレビュー記事一覧へ

このゲームを3行で説明すると?
  • デデデ大王が主人公のリズムアクションゲーム。
  • リズムに乗ってトランポリンを飛んでゴールを目指す。
  • 「星のカービィ」シリーズの人気楽曲を7曲収録。
初リリース日 2004年7月24日
対応ハード 3DS
ジャンル リズムアクション
推定クリア時間 1時間
価格 825円 (税込)
発売元 任天堂

スポンサーリンク

良いところ

2Dアクションとリズムアクションを融合!

d1

タイトルに8個も「デ」が付いている「デデデ大王のデデデでデンZ」。

プレイするまでさっぱりわからないと思いますが、簡単に言ってしまうと、2Dアクションにリズムアクションの要素を融合させたようなゲームです。

目的はスタートからゴールを目指すことで、2Dアクションのように左から右へ進んでいきます。

道中には障害物や敵が存在するので、上手く当たらないようにしていきましょう!

地面にはトランポリンが置かれているので、終始、ピョンピョン飛びながら先へ進んで行くことになります。

着地した瞬間にボタンを押すとジャンプ力がアップ!

その状態で着地した瞬間にボタンを押すと大ジャンプが決まり、突き出た仕掛けを飛び越えることができます。

このようにトランポリンを使ってのジャンプは大・中・小の3段階に分かれていて、敵や障害物を避けるには状況に応じて使い分けなければいけません。

リズムアクションゲームらしいのが、楽曲のリズムに合わせてジャンプすることになる点です。

各ステージには専用の楽曲が流れているんですが、ジャンプから着地するまでの速度は楽曲によって異なっていて、いずれも一定のリズムでアクションを繰り広げていきます。

また、ジャンプ中は「うらうち」をすることが可能。

決めると音が鳴るほか、ボーナススコアも貰え、ミスをせずに行うとコンボが発生します。

どうでしょうか?リズムアクションゲームっぽいですよね?

このように本作は表面的には2Dアクションゲームのようですが、本質はリズムアクションゲームとなっていて、プレイヤーのリズム感が問われます。

スコアアタックが楽しい

d4

各ステージをクリアすると、プラチナ・金・銀・銅の4段階で評価されます。

高いスコアでクリアするほど良い評価が貰えるので、最終的な目的は全ステージプラチナクリアが目的になってくることでしょう。

高スコアを獲得するコツは、以下の4つが存在します。

  • できるだけ早くゴールする。
  • ノーミスでゴールする。
  • ステージ上に存在するすべてのコインを入手する。
  • 「うらうち」をすべて成功させる。

いずれも条件を満たすことでボーナススコアが貰えます。

序盤のステージは障害物が少なく、テンポもゆっくりなので条件を満たしやすく感じますが、終盤のステージは障害物が多く、テンポが速いので、簡単には達成できませんw

パーフェクトを狙おうと思ったら難易度が高いリズムアクションゲームをプレイしているかのようで、当初の印象とは一変しました。

トリプルデラックスのミニゲームが独立!

実は本作、3DS「星のカービィ トリプルデラックス」に収録されていたミニゲームを独立させてパワーアップさせた作品だったりします。

では、どこがパワーアップしたのでしょうか?

箇条書きでまとめると以下のようになりました。

  • ステージ数が4種類から7種類に増加。
  • マップを一新した裏ステージを収録(こちらも7ステージを用意)。
  • 7ステージのスコアを合計したトータルランクが表示されるようになった。
  • 新たなギミックが追加。
  • リプレイ機能が追加。4種類の楽器を使って演奏もできる。
  • お面を被ることが可能になった。

こんなところでしょうか。

「トリプルデラックス」では4ステージだったので、倍近く増えています。

裏面も含めたら3倍以上になりますから、同作のミニゲームが好きな者としては嬉しいですね。

難易度の方は「トリプルデラックス」経験者だったら表ステージは簡単に感じると思いますが、裏ステージはかなり難しいです。

特にステージ7の裏ステージは長いうえに難しく、普通にゴールをするだけでも骨が折れます。

d2

新たなギミックを挙げさせていただくと、

  • 表示された番号順じゃないと入手できないコイン
  • 裏面がトゲトゲのトランポリン
  • トゲトゲこん棒
  • 動くトランポリン
  • 触れると大量のコインが出現する巨大コイン
  • ステージの一部を布で隠す敵
  • コインを隠す雲

などなど。

個人的に厄介だったのが、動くトランポリンです。

足場が大きかったらまだ良いんですが、裏ステージの最後は足場が非常に小さくなるので、そんなものに乗り続けながら次のトランポリゴンを待つのはキツかったw

お面やリプレイシステムはおまけ程度の要素。

プレイ中はキャラクターを見ている余裕が無いので、お面を変えてもそんなに変化は感じられませんでした。

カービィのお面を被ると、カービィの声が聞けるのは良いと思いましたけどね~。

人気曲のアレンジを収録

リズムアクションゲームと言えば、収録曲も大切です。

そういう意味で本作の収録曲は人気曲も抑えているのが良いと思いました。

以下、本作の収録曲です。

曲名 出典
浮遊大陸の花畑 星のカービィ トリプルデラックス
はずんでデンデン♪ 星のカービィ トリプルデラックス
奥のカガミで笑う影 星のカービィ トリプルデラックス
とびだせ!奥へ手前へボスバトル 星のカービィ トリプルデラックス
シティトライアル:街 カービィのエアライド
戦艦ハルバード:甲板 星のカービィ スーパーデラックス
CROWNED 星のカービィWii

「トリプルデラックス」発の作品なので同作からの出典が目立っていますが、「スーパーデラックス」の「戦艦ハルバード:甲板」とか、「Wii」の「CROWNED」は良いチョイスだと思いました。

「CROWNED」に至っては2種類のアレンジバージョンを用意しているので、ファンは必見です!

スポンサーリンク

目次へ戻る

惜しいところ

d3

本作で惜しいところ。

それは、ボリュームの少なさです。

「トリプルデラックス」と比較したら大幅に増してはいますが、それでも7 + 7ステージは少なく感じます。

収録曲に至っては7曲しかありませんから、約800円とは言え、リズムアクションゲームとしてはあまりにも少ないです。

「星のカービィ」シリーズは名曲が多いだけになおさら。

という訳で次回作が出るとしたら入れてほしい楽曲をまとめてみました。

曲名 出典
フロートアイランズ 星のカービィ
ヨーグルトヤード 星のカービィ 夢の泉の物語
クーのテーマ 星のカービィ2
海ステージ 星のカービィ スーパーデラックス
リップルフィールド 星のカービィ3
ウルルンスター 星のカービィ64
サンドーラ カービィのエアライド
スカイタワー 星のカービィWii
飛べ!星のカービィ 星のカービィWii
彼方からの旅人マホロア 星のカービィWii

名曲だらけのシリーズなので、低価格のダウンロードタイトルにするのではなく、フルプライスのパッケージタイトルとして展開してくれたら嬉しいですね!

目次へ戻る

デデデ大王のデデデでデンZのレビューまとめ

「トリプルデラックス」に収録されていたミニゲームの拡張版。

ボリュームアップはしていますが、あくまでも低価格のダウンロードタイトルの範疇に留まっていて、かなりアッサリしています。

ぼくは1時間程度ですべてのステージをクリアして、表面だけオールプラチナにしました(裏面はCROWNEDだけできないw)。

面白いコンセプトのタイトルなので、これで終わりにするのではなく、同じ「トリプルデラックス」発の「カービィファイターズ」みたいにシリーズ化してほしいです。

コンパクトなカービィのリズムゲーム!

こんな人には特におススメ。
・リズムアクションゲーム好き。
・星のカービィファン。

こんな人にはおススメできない。
・ボリュームを重視する人。

お気に入り度【70/100%】

累計1,000記事突破!KENTがプレイしたゲームのレビュー記事一覧へ

ハードメーカー別レビュー記事リスト
Nintendo PlayStation
Xbox etc
関連作のレビュー記事

, ,

 

Sponsored Link


  1. 夜珠 より:

    どうも
    自分は実はカービィファンですので、この記事は何気に期待していました。
    配信と同時にDLしてちょくちょくプレイしつつ、本日ようやく裏EX含めて全てプラチナを獲得!
    短くて長い道のりでした…;
    (裏表プラチナトロフィーを取ると、タイトル画面が変化します)
    トリデラも既プレイなのですが、それとの細かい違いとして、(一撃)落下死が無くなったこと(体力制、回復有り)で単なるクリアだけなら以前と比べて格段に楽になった気がします。
    その分仕掛けが鬼畜になり、プラチナを取るのは難しい…;
    動く床もですが、回転トゲ床が苦手ですね…
    本音を言えば、もう少し曲数が欲しかったですが、ファンサービスも随所にありテンションが上がったので、個人的には大満足!
    今後も3DSを開いた時にちょくちょくプレイするゲームになりそうですw
    次は理論値目指して頑張りますー

  2. kentworld より:

    >夜珠さん
    このゲームのレビューが公開される事を期待していましたか!w
    正直、すぐに終わったから単独記事でレビューしようか迷ったんですが、
    公開して良かったです!
    オールプラチナ(裏含む)だけでも凄いのに、
    理論値目指すとは恐れ入りました(笑)
    音ゲーのパーフェクトを目指すような感じですね。
    あぁ、そう言えば一撃落下死が無くなっているのか。
    そこは言われてみるまで気が付きませんでした。
    840円とは言え、もう少し曲数が欲しかったのが本音ですね。
    ワガママなのは分かっていますがw

  3. シロマ より:

    音ゲーは超ニガテだけどデデデが初めての主役のゲームだし
    トリデラは購入してないけどこれを気に買ってみようかな。
    後、記事のタイトルで思ったけどkentworldさんはデデデでプププな物語
    読んでました?
    あれは面白かったですよね俺は、リック、カイン、クーがレギュラー
    だった頃が1番だったです。
    デデデがやたらグロテスクな目にあうのに笑ってしまった。

  4. 夜珠 より:

    >シロマさん
    お節介だと思いつつも、我慢出来なかったので横槍失礼します。
    デデデンZの記事でしたので、以前の米ではあえてその感想のみに留めましたが…
    トリデラを未プレイで、尚且つデデデ大王の活躍を期待されるなら、同時発売の『カービィファイターズZ』の方が確実にお勧めですよ!
    歴代最強のデデデ大王がラスボスですし、ファンサービスも此方のほうが段違いに豪華です。
    ついでに、ステージギミックで、リックカインクーも久々に登場します。
    トリデラでのデデデ大王の大活躍といい、最近のデデデプッシュはファンとしては嬉しい限りですね!

  5. kentworld より:

    >シロマさん
    それは嬉しいですね!
    トリプルデラックスを持っていない人が
    このゲームを購入するのは、
    開発者としても嬉しいと思います。
    >デデデでプププな物語
    コロコロ全盛期の世代なので、
    思いっきり読んでいましたよw
    弟がコミックスを買っていたので、単行本も揃えてあります。
    デデデ大王は完全にやられ役になっていましたねw

関連記事

【レビュー】INSIDE(PS4/Xbox One) [評価・感想] 極上の体験が詰まった2Dアクションゲームのフルコース
【レビュー】レゴ マーベル スーパー・ヒーローズ ザ・ゲーム [評価・感想] メインステージは淡々としているが寄り道は楽しい
【レビュー】The Messenger(メッセンジャー) [評価・感想] よくある2Dアクションゲームと見せかけてメトロイドヴァニアなチャレンジャー!
【レビュー】クラッシュ・バンディクー4 さくれつ!魔神パワー [評価・感想] 良作だが過去作よりも人を選ぶ新世代のクラッシュ!
【レビュー】塊魂TRIBUTE [評価・感想] シリーズ初心者には新鮮で楽しい作品
【レビュー】ソニックアドベンチャー2 [評価・感想] 厨二心を爆発させる美味しいジャムと美味しくない耳が入り交じったでっかいパン
【レビュー】引ク押ス [評価・感想] 問題を解く快感を味わえる3DSならではのパズルゲーム!
【レビュー】ウルフェンシュタイン: ヤングブラッド [評価・感想] 濃度80%のカルピスを飲んだ後に濃度20%のカルピスを半額で手渡された!
【レビュー】フォクシーランド (PS4/Switch) [評価・感想] 1時間でクリアできるお手軽2Dアクション!
【レビュー】THE SWAPPER(ザ・スワッパー) [評価・感想] アナログ性の高さがややこしさを強めてしまった斬新な高難易度アクションパズルゲーム