2019/07/13/7:00 | ゲームレビュー

【レビュー】真 流行り神 [評価・感想] 体調管理必須の気持ち悪い作品


真 流行り神/PS3 / PSVITA / Switch (Z指定)

おはっく~!KENT(@kentworld2 )です!

今回は2014年8月に発売されたPS3/PSVITA「真 流行り神」のレビューをしていきます。

本作は都市伝説を題材にしたアドベンチャーゲームですが、体調管理必須の気持ち悪い作品でした!

CEROはZなので、普通のゲームでは見られないほどエグいシーンが多いのは確かです。

しかし、”怖い”と言うよりは”気持ち悪い”と表現するのが適切な作品で、コンディションが悪い時にプレイすると参ってしまいますw

そんなPS3/PSVITA「真 流行り神」の良いと思った点からまずは書いていきましょう!

※2019年7月には本作が収録されたSwitch「真 流行り神1・2パック」が発売。

ゲームレビューの一覧へ

▼このゲームを3行で説明すると?

・テキストを読み進めていくアドベンチャーゲーム。
・途中で挿入される選択肢によってストーリーの展開が変わる。
・分岐ツリーによって好きなところから再開出来る。

スポンサーリンク

良いところ

Z指定ならではのエグさ

2002年に設立されたCERO。

コンピュータゲームを対象とする表現の倫理規定の策定及び審査を行う団体になり、ゲームソフトのレイティング区分を行っています。

本作も審査を受けましたが、レイティングはZに区分されてしまいました。

つまり18才以上”のみ”が対象となり、それ以下の子供は購入することが出来ないんです。

Z指定自体は欧米のAAA級タイトルによく見られるので珍しくありません。

しかし、国産タイトルではほとんど見られないので、本作がZに区分されるのは凄いことなんですよ。

Zに区分されるほど怖いのか!?

ぼくはそう感じたので手を出してみたんですが、確かにこれは怖い!と言うより気持ち悪い!w

P8111371

何が気持ち悪いのかというと、生理的にキツイんですよ。

例えば体が汚れたおっさんがパンツ一丁で襲って来たら嫌でしょう?w

それ以外にもスプラッターホラー的な描写や死体が描かれたCGの挿入など精神をエグるような展開が満載で、体調が良い時にしかプレイ出来ませんw

ホラーが苦手な人が本作をプレイしたらトラウマになってしまうでしょう。

枝分かれしたストーリー

P8111370

1周クリアまでのプレイタイムは3時間程度でした。

しかし、定期的に挿入される選択肢によってストーリーは驚くほど分岐するんです!

どのくらい枝分かれするのかと言うと、大筋のストーリーが分からなくなるほど。

分岐ツリーは最終的には迷路のようになっていきます。

面白いのが、分岐ルートによって恐怖のジャンルが変わってくること。

オカルト、パンデミック、生贄、スプラッター、洗脳、寄生虫。

恐怖のジャンルを簡単にまとめてみましたが、いずれも普通のゲームではなかなか見られないほど汚い描写が満載でした。

あまりの汚さに一部の文章は流し読みをしてしまいましたからw

また、ルートによっては男の汚い一面も見られたので、女性がプレイしたら男性不信になってしまうんじゃないかと心配してしまいました。

そういう意味ではCEROをZに区分して一部の人にしか購入出来ないようにするのは正解だと思います。

快適な周回プレイ

P8111368

分岐が多いと周回プレイがダルくない?

そんな懸念もありましたが、分岐ツリーのジャンプ機能が優れているので問題ありませんでした!

分岐ツリーの画面では各シナリオの好きなところから開始出来るので、選択肢やバッドエンドの穴埋め作業はさほど苦痛にはなりません。

また、シナリオの大半はブラインドマン編から分岐されるので、新しいシナリオを探す難易度も低めです。

ブラインドマン編の選択肢を埋めて行けば「新しいシナリオをプレイしたいのになかなか見つからない!」なんてことにはならないと思います。

P8081378

ただ、新システムのライアーズアートはイマイチでした。

これは制限時間内に選択肢の中から回答を選んで相手の気持ちをコントロールするシステムになります。

しかし、ここでの結果によってシナリオが大きく変化するので繰り返しプレイする時はちょっと面倒に感じました。

選択肢を決める制限時間も3秒と厳しいですし、改善の余地があります。

物語のおさらいが出来る推理ロジック

P8081371

ゲーム的な要素としては他には推理ロジックというものがあります。

簡単に言うと選択肢の中から正解を選んで相関図の空白を埋めて行くというものなんですが、ストーリーのおさらいが出来るので助かりました。

あまりにも相関図に間違いがあるとゲームオーバーになってしまうので、ゲーム性はもちろん物語の理解度を高める役割も果たしていると思います。

充実のおまけ要素

P8111366

おまけ要素はなかなか充実していると思いました。

エンディング集、データベース、イラスト集、BGM集、隙間録。

なんと、こんなにもあります!

特に良かったのが隙間録。

ここでは本編では語られなかったシーンを確認することが出来ます。

ストーリーはややコメディ色が強いので、各キャラクターの新たな一面を見ることが出来ました。

後述で触れますが、本作の登場人物は嫌いな奴ばかりなんですよw

でも、このおまけ要素によって少しだけ持ち直しました。

スポンサーリンク

個人的に合わない&気になったところ

シナリオによって立場が変わるキャラクターに感情移入が出来ない

P8111367

本作のシナリオは選択肢による分岐で変わって行きます。

シナリオが変わっても登場キャラクターに変化はほとんどないんですが、各キャラクターの性格や立ち場は180度変わりました。

あるシナリオでは温好だったキャラクターは別のシナリオでは殺人鬼に豹変したり。

あるシナリオでは被害者だったキャラクターは別のシナリオでは主人公の味方になったり。

ここまで同じキャラクターの性格や立場が変わってしまうと感情移入が難しくなって来ます。

個人的には黒田課長が気に入っていたんですが、とあるシナリオでの豹変っぷりによって好きになれなくなってしまいました。

唯一嫌いになれなかったのが主人公というw

P8111363

感情移入と言えば一枚絵と立ち絵のギャップが凄いことも気になりました。

同じキャラクターでも一枚絵と立ち絵では顔つきが全く変わっていてパッと見は「誰?」って感じなんですよ。

各キャラクターの死体が一枚絵として挿入されることもありますが、普段見ている一枚絵とあまりにも印象が異なるので感情移入が出来ません。

素材が少ないことによる違和感

P8111364

シナリオが変わっても登場キャラクターに変化が無いのは低予算による素材の少なさが影響していると思います。

その影響で一部のシナリオでは違和感がありました。

例えば立ち場が他のシナリオとは180度変わっているのに服装が同じだったりとか。

キャバクラのようなところで和服を着たキャラクターが登場した時は「専用の画像を用意しておけよ!」と思ってしまいましたw

恐怖の雰囲気を大事にしている作品だからこそ、この辺は妥協しないでほしかった。

他にも「キャラクターの表情パターンが少ない」「ボイスが一切用意されていない」「文字を読む時に流れる効果音が無い」と低予算に感じられる点が多々見られました。

PS1ソフトだったらまだしもPS3/PSVITAのパッケージタイトルとしてみると厳しいです。

全体のまとめ

限られた予算の中でエグいシナリオを作ろうとしているのが感じられる作品。

その努力は賞賛に値するものですが、全体的に怖いよりも気持ち悪いシナリオが多く感じました。

そのためプレイしていて気分が悪くなってしまうこともしばしば。

これが恐怖による気分の悪化だったら期待通りなんですが、気持ちの悪い描写による気分の悪化だから「ちょっと違う」と思いました。

Z指定による恩恵は”恐怖”よりも”気持ち悪さ”の方が強く感じられます。

体調管理必須の気持ち悪い作品!

こんな人には特におススメ。
・気持ちの悪い描写をみたい人。
・ホラー・オカルト好き。

こんな人にはおススメできない。
・ホラーが苦手な人。
・体調が悪い人。
・男性不信な女性。

真 流行り神/お気に入り度【60/100%】
プレイした時間・・・約20時間
ゲームレビューの一覧へ

▼ハードメーカー別レビュー記事リスト

PS Nintendo
Xbox その他

, , ,

 

Sponsored Link



Amazonギフトカードにチャージする

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)コメントは出来る限り返信していきますが、しない場合もあるのでご了承ください。

コメント広場の住人(12)

  1. koji より:

    全シナリオやり終えました。
    個人的に悪霊編と人形編のようなオカルト物が好きなので、これ系のシナリオがもう1つくらいあれば良かったです。
    ギャラリーモードもありますけど、イラストを見直したいとは思わないなw
    はぁ~醤油作りてぇ~。

  2. 勉助 より:

     ケントさんのレビューを読むとかまいたちの夜2が
    発売された直後のネットレビューの荒れっぷりを
    思い出しますね。
     かまいたちの夜2も、物語自体は、及第点だったと
    思いますが、あまりにもグロ要素がきつい物語が
    多すぎて、かまいたちの夜の様な、真綿で首を絞め
    られるようなサスペンスを期待していた層が拒否反応
    を示して、大荒れになってしまいました。
     たぶん、PSPで発売されている流行神シリーズの
    方が、主人公サイドには愛着が持てるキャラクターが
    多いですし、物語もグロ要素は、スパイス程度で、
    日本の怪談のような、雰囲気で徐々に怖がらせる
    展開が多いので、こちらの方がケントさんに合って
    いたかもしれないですね。

  3. kentworld より:

    >kojiさん
    >悪霊編と人形編
    この辺りのシナリオがホラーゲームっぽいですね。
    今作では恐怖のバリエーションは多かったけど、
    ユーザーが求めている恐怖は少なかった印象です。
    個人的にはもっと和製ホラーを追求してほしかったなぁ。
    このゲームをプレイして以来、醤油を使いたくなくなりましたw

  4. kentworld より:

    >勉助さん
    タイトルロゴといい、
    このゲームは少なからずかまいたちの夜を意識しているなーと思いました。
    作品を重ねて行く事で、
    どこも新しい恐怖の形を見せたいんですかねー。
    流行り神シリーズの過去作品、
    今作をプレイしてやりたくなってきました!
    PSP版がセール中なので迷っているんですが、
    毒のあるゲームを連続でプレイするのもなぁと思っていたり。
    それでも1作目はそのうち何らかの形でプレイしてみたいです。

  5. ahusa より:

    もうそろそろクリアですが、
    kenntさん同様、気持ち悪さを感じますね。
    個人的に生け贄編がきつかったです。
    キャラに関しては、ブラインドマン編をクリアした時点では、
    風守に少し好感をもったんですが、
    パンデミックと洗脳でどうでも良くなりました。
    立ち位置はともかく、性格は変えて欲しくなかったですね。
    個人的に日本一のADVでなら、
    「特殊報道部」の方が面白かったです。
    B級なので名作と呼べるようなものではないですが。
    ただ、あれは流行り神の派生タイトルみたいなものなので、
    続編はなさそうなのが残念です。
    今作の方が売れましたしね。

  6. kentworld より:

    >ahusaさん
    生け贄編は女性プレイヤーにはやらせたくないと思いましたw
    あれは酷過ぎますよね。
    リアルであんな出来事があったなんて想像したくない。
    限られたキャラクターで
    あれだけのシナリオを作れるのは
    パズルの才能を感じますが、
    それが良いのかは別問題ですからね。
    特殊報道部は流行り神スタッフが手掛けていると知って、少し興味を持ちました。
    確かフリープレイにも一時期ありましたよね。
    あぁ・・・ダウンロードしておけばよかったぁ!
    流行り神の今作が売れたので、
    真・流行り神2がまずは出そうな気がします。
    何だかんだで次も買ってしまいそうだなー。

  7. 匿名 より:

    ただ気持ち悪い作品ですよね
    2はマシになりましたがもうこのシリーズは当分でないでしょうね

  8. ホンマ👻トモフミ より:

    流行り神は興味を持っているのですが、一部のモブのキャラデザが生理的にやだなぁwww
    主人公はかわいいのだけど…

  9. ナギ より:

    気持ち悪い気持ち悪いと色んなトコでさんざ言われてるんで真1は「ブラインドマン編」だけタブレットで購入、クリアしました
    (その際1度データが吹っ飛んだのは内緒)

    いやね、2をPS4でやったんですが(クリア済)、ちょいちょい1の時の出来事を引きずってます〜発言が出てきましてねー
    気になっちゃって気になっちゃって・・・

    PS3でソフト買ってからやらずにPS4へ移行しちゃったから再び買うのもーとなったのでメインの話だけでも・・・という次第でして
    あ、ソフトは知り合いに本体ごと寄贈しました☆

    うん、想像よりずーっと手前で引きずりポイントっぽい部分にぶちあたってある意味驚きましたわ

    今までとむいてる方向がまるっきり違いすぎて確かにコレジャナイ感強い作品になってますね

    2の方が旧作テイスト引き継いでいて僕は好きです
    ある1話はクセが強すぎるけど・・・

    それでも、やっぱり方向がビミョーに明後日の方を向いていてファンには賛否両論みたいなんですけどね
    僕はあり派です

    メインキャラでもまだまだ話の幅、広げられそうだしサブキャラの活躍(チートに近いので難しそうなんですが)ももっとみたいのだけど・・・続編出てくれるかなぁ・・

    • kentworld より:

      ぼくは今作からシリーズデビューを果たしたんですが、ホラーゲームとしてみてもなんか違う感はありました。

      2は結局プレイ出来ていませんが、旧作と比べたら微妙に明後日の方を向いているんですねw

      売上が予想を下回ったのか3はなかなか出ませんねぇ。

      流行り神に限らずここ数年は日本一ソフトウェアのホラーゲームを夏にプレイするのが恒例だったのでちょっとさみしいです。

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)コメントは出来る限り返信していきますが、しない場合もあるのでご了承ください。

関連記事

【レビュー】スティールダイバー [評価・感想] 京都の頑固職人が作った硬派なゲーム!
【レビュー】巨人のドシン1(64DD) [評価・感想] 遊び方次第で良作にも駄作にも!
【レビュー】ロデア・ザ・スカイソルジャー [評価・感想] 驚くほど酷い調整によって理不尽極まりない駄作へと変貌した作品
【レビュー】MONSTER OF THE DEEP: FINAL FANTASY XV [評価・感想] VR初心者の開発者がVR初心者のFFXVファンに贈る釣りゲー!
【レビュー】エキサイトトラック [評価・感想] 走る事の気持ち良さを実感!
【体験版レビュー】鬼ノ哭ク邦(オニノナククニ) [評価・感想] アクションはモッサリだが、DS/PSP時代を彷彿とさせる懐かしさが詰まっている!
【レビュー】バイオハザード RE:2(リメイク) [評価・感想] オリジナル版から20年が経った今だからこそ生み出せた傑作!
【レビュー】メトロイドプライム [評価・感想] 一人称視点の探索ゲー
【レビュー】スーパーマリオ3Dワールド [評価・感想] 革新性は低いものの、徹底的に磨かれた作品
【レビュー】アンチャーテッド エル・ドラドの秘宝 [評価・感想] 新鮮味はほとんど無いが高品質な作品!