2014/08/16/20:00 | ゲームレビュー

真 流行り神【レビュー・評価】体調管理必須な気持ち悪い作品

5455

真 流行り神/PSV
/
PS3
(Z指定)

真 流行り神

2014年8月に発売されたホラーアドベンチャーゲーム。
本作はZ指定と言う事で”怖いゲーム”として期待していました。
今回は本作のレビューをネタバレ無しでして行きたいと思います。

▼様々な恐怖が楽しめるシナリオを収録

P8111371

本作は女刑事となって様々な事件を解決して行く事になります。
基本的には一枚絵と立ち絵に文章で構成された内容で、シナリオは選択肢によって変化。
従来の作品はオムニバス形式でしたが、今作は分岐形式になっています。
恐怖の種類はシナリオによって様々。ここからは各シナリオの感想を軽く書いて行きます。

ブラインドマン編
⇒本作で最初にプレイする事になるシナリオ。
 連続殺人の犯人を捜し出す事になりますが、それは意外な人物でした。
 凶暴化するとある人物と合わさって、なかなかの恐怖度。
 ネットオタクと絡めた描写もあって、今風の雰囲気も味わえます。

悪霊編
⇒ホラーアドベンチャーらしいオカルト寄りのシナリオ。
 他のシナリオではリアリティのある殺人が繰り広げられますが、
 このシナリオは非・現実的で本作の中では少し浮いています。
 ホラーらしいと言えばその通りですが、個人的に死因は現実味のある方が好き。

生け贄編
⇒とにかく主人公が可愛そうな目に遭うシナリオ。
 犯人が非常にカッコ悪い姿で主人公を襲ってくるため、
 なんて情けない連中なんだと思いました。
 このシナリオを書いた人、相当なドSだと思います。

パンデミック編
⇒ゾンビ物。何故かサバイバルが始まりますが、
 自己中心的な人物が出てきて仲間割れが始まります。
 なんというか大人気ない。このゲームに登場する男は凶暴な奴が多いです。
 セクハラ的なシーンも多いので、女性がプレイしたら男性不信になってしまうんじゃ?

死臭編
⇒序盤のミステリアスなムードから一転。
 中盤以降は生け贄編以上に主人公が可愛そうな目に遭い、
 生理的にも受け付けないシナリオでした。想像するだけで気持ち悪くなってくるので、
 中盤以降の文章は半分流し読みをしてしまった。ある意味本作最大の見どころ。

洗脳編
⇒普段は信頼できるキャラクターが凶変するシナリオ。
 このシナリオのせいで、好きなキャラクターがいなくなってしまいました。
 最後の展開もスッキリしない終わり方だし。

寄生虫編
⇒沢山の虫が出てきて気持ちの悪いシナリオ。
 パンデミック編のようなサバイバル性を取り入れていますが、
 人間関係のグダグダぶりはこちらの方がマシかな。
 このシナリオで挿入される一枚絵は二度と見たくない。

人形編
⇒個人的には本作で最も怖いと思ったシナリオ。
 オカルト系では定番の呪い人形をテーマにしています。
 そしてそれを利用した殺人も!?

秘密クラブ編
⇒全シナリオ中最もコメディ色が強いシナリオ。
 ラストも斜め上で、ホラー要素はほとんどありませんでした。
 男たちの下心全快シーンによって逆に少し和んでしまう事も。
 このシナリオではとあるキャラクターの正体が明らかになるので、
 この後に別のシナリオをプレイするとそのキャラクターの見る目が変わってしまいます。

▼怖いというよりも気持ち悪いシナリオが多い

P8111370

用意されているシナリオの感想を書いてみましたが、
全体的に怖いよりも気持ち悪いシナリオが多く感じました。
そのためプレイしていて気分が悪くなってしまう事もしばしば。

これが恐怖による気分の悪化だったら期待通りなんですが、
気持ちの悪い描写による気分の悪化だから、ちょっと違うなーと感じました。
一部のシナリオでは期待通りの恐怖を味わえたんですけどね。
Z指定による恩恵は、恐怖よりも気持ち悪さの方が強く感じられます。

▼シナリオによって全く立場が変わるキャラクターに感情移入が出来ない

P8111367

本作のシナリオは選択肢による分岐で変わって行きます。
シナリオが変わっても登場キャラクターに変化はほとんどないんですが、
各キャラクターの性格や立ち場は180度変わりました。

あるシナリオでは温好だったキャラクターも、別のシナリオでは殺人鬼に凶変したり。
あるシナリオでは被害者だったキャラクターも、別のシナリオでは主人公の味方になったりとか。
ここまで同じキャラクターの性格や立場が変わってしまうと、感情移入が難しくなって来ます。

個人的には黒田課長が気に入っていたんですが、
とあるシナリオでの凶変っぷりによって好きになれなくなってしまいました。
結局、唯一嫌いになれなかったのが主人公というw

P8111363

感情移入と言えば、一枚絵と立ち絵のギャップが凄い事も気になりました。
同じキャラクターでも一枚絵と立ち絵では顔つきが全く変わっていて、
パッと見は「誰?」って感じですからね。各キャラクターの死体が一枚絵として挿入される事もありますが、
普段見ている一枚絵とあまりにも印象が異なっているから、感情移入が出来ません。

▼素材が少ない事による違和感

P8111364

シナリオが変わっても登場キャラクターに変化が無いのは、
低予算による素材の少なさが影響していると思います。
その影響で一部のシナリオでは違和感がありました。

立ち場が他のシナリオとは180度変わっているのに、服装が同じだったりとか。
例えばキャバクラのようなところで着物は無いですよw
そこは専用の画像を用意するべきなんですが、その余裕すらもなかったのかな?
恐怖の雰囲気を大事にしている作品だからこそ、この辺は妥協しないで欲しかった。

他にもキャラクターの表情パターンが少なかったり、ボイスが一切用意されていなかったり、
文字を読む時に流れる効果音が無かったりと、低予算で作られているのは嫌でも感じられます。
他のPS3/PSVITAソフトと比較したら、演出面は見劣りします。

▼ゲームシステムはまずまず

P8111368

一方、ゲームシステムはまずまずに感じました。
本作に用意されているゲーム要素は選択肢、ライアーズアート、推理ロジックの大きく分けて3つ。
まず、アドベンチャーゲームではお馴染みの選択肢
選択肢によってその後のストーリーが分岐して行きます
ちょっとしか分岐しない事もあればストーリー自体が大きく変わってしまったり、
バッドエンド(ゲームオーバー)を迎えてしまったりと、分岐の仕方は様々。

ゲーム自体は3時間程度でクリア出来るんですが、
大筋のシナリオが分からないほど枝分かれしているので、
すべてのシナリオを楽しもうと思ったらそこそこの時間がかかります。

そこで気になってくるのが周回プレイですが、ジャンプ機能が非常に優れており、
各シナリオの好きなところからプレイ出来るので、
選択肢やバッドエンドをすべて埋めて行くやり込みはさほど苦痛ではありません。

また、シナリオの分岐はブラインドマン編が大半となっているので、
新しいシナリオを探す難易度も低めです。ブラインドマン編の選択肢を埋めて行けば、
「新しいシナリオをプレイしたいのに、なかなか見つからない!」とはならないと思います。

P8081378

続いてはライアーズアートというシステムについて。
これは新システムのようですが、ちょっと面倒かなー。
制限時間内に選択肢の中から回答を選んで相手の気持ちをコントロールするシステムなんですが、
ここでの結果によってシナリオが大きく変わったりするので、
繰り返しプレイする時はちょっと面倒に感じます。選択肢を決める制限時間も3秒と厳しいですし。

P8081371

最後に推理ロジックについて。これは良いと思いました。
簡単に言うと関係図を選択肢の中から選んで空白を埋めて行くんですが、
ここで物語のおさらいが出来るから、ストーリーを理解しやすいんですよね。
あまりにも関係図に間違いがあるとゲームオーバーになるというゲーム性もありますし。

▼おまけ要素はなかなか充実

P8111366

おまけ要素はなかなか充実していると思いました。
エンディング集、用語を解説してくれるデータベース、イラスト集、BGM集、そして隙間録。
隙間録では本編では語られなかったシーンを確認する事が出来るんですが、
少しだけギャグ色が強くて、本編とは異なる一面を見る事が出来ます。
このおまけ要素によって少しは嫌いなキャラクターもマシになったかな。


アドベンチャーゲームとしての出来はなかなか良いと思いますが、プレイしていると気持ち悪くなる作品。
それだけエグイ描写が含まれた毒のある作品となっています。
プレイする場合は、体調管理をしっかりしておきましょう。

こんな人には特におススメ。
・気持ちの悪い描写をみたい人。
・ホラー・オカルト好き。

こんな人にはおススメできない。
・ホラーが苦手な人。
・体調が悪い人。
・男性不信な女性。

真 流行り神/お気に入り度【60/100%】
プレイした時間・・・約20時間
※当ブログでこれまでにレビューしたタイトルの一覧はこちら をご覧下さい。

※何か分からないゲーム用語を見かけたらこちら をご覧ください。

【人気ブログ】( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)【ランキングへ】
6646e5e1.gif

タグ , ,

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

コメント広場の住人(6)

  1. koji より:

    全シナリオやり終えました。
    個人的に悪霊編と人形編のようなオカルト物が好きなので、これ系のシナリオがもう1つくらいあれば良かったです。
    ギャラリーモードもありますけど、イラストを見直したいとは思わないなw
    はぁ~醤油作りてぇ~。

  2. 勉助 より:

     ケントさんのレビューを読むとかまいたちの夜2が
    発売された直後のネットレビューの荒れっぷりを
    思い出しますね。
     かまいたちの夜2も、物語自体は、及第点だったと
    思いますが、あまりにもグロ要素がきつい物語が
    多すぎて、かまいたちの夜の様な、真綿で首を絞め
    られるようなサスペンスを期待していた層が拒否反応
    を示して、大荒れになってしまいました。
     たぶん、PSPで発売されている流行神シリーズの
    方が、主人公サイドには愛着が持てるキャラクターが
    多いですし、物語もグロ要素は、スパイス程度で、
    日本の怪談のような、雰囲気で徐々に怖がらせる
    展開が多いので、こちらの方がケントさんに合って
    いたかもしれないですね。

  3. kentworld より:

    >kojiさん
    >悪霊編と人形編
    この辺りのシナリオがホラーゲームっぽいですね。
    今作では恐怖のバリエーションは多かったけど、
    ユーザーが求めている恐怖は少なかった印象です。
    個人的にはもっと和製ホラーを追求して欲しかったなぁ。
    このゲームをプレイして以来、醤油を使いたくなくなりましたw

  4. kentworld より:

    >勉助さん
    タイトルロゴといい、
    このゲームは少なからずかまいたちの夜を意識しているなーと思いました。
    作品を重ねて行く事で、
    どこも新しい恐怖の形を見せたいんですかねー。
    流行り神シリーズの過去作品、
    今作をプレイしてやりたくなってきました!
    PSP版がセール中なので迷っているんですが、
    毒のあるゲームを連続でプレイするのもなぁと思っていたり。
    それでも1作目はそのうち何らかの形でプレイしてみたいです。

  5. ahusa より:

    もうそろそろクリアですが、
    kenntさん同様、気持ち悪さを感じますね。
    個人的に生け贄編がきつかったです。
    キャラに関しては、ブラインドマン編をクリアした時点では、
    風守に少し好感をもったんですが、
    パンデミックと洗脳でどうでも良くなりました。
    立ち位置はともかく、性格は変えて欲しくなかったですね。
    個人的に日本一のADVでなら、
    「特殊報道部」の方が面白かったです。
    B級なので名作と呼べるようなものではないですが。
    ただ、あれは流行り神の派生タイトルみたいなものなので、
    続編はなさそうなのが残念です。
    今作の方が売れましたしね。

  6. kentworld より:

    >ahusaさん
    生け贄編は女性プレイヤーにはやらせたくないと思いましたw
    あれは酷過ぎますよね。
    リアルであんな出来事があったなんて想像したくない。
    限られたキャラクターで
    あれだけのシナリオを作れるのは
    パズルの才能を感じますが、
    それが良いのかは別問題ですからね。
    特殊報道部は流行り神スタッフが手掛けていると知って、少し興味を持ちました。
    確かフリープレイにも一時期ありましたよね。
    あぁ・・・ダウンロードしておけばよかったぁ!
    流行り神の今作が売れたので、
    真・流行り神2がまずは出そうな気がします。
    何だかんだで次も買ってしまいそうだなー。

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

関連記事

シャンティ-海賊の呪い-【レビュー・評価】良い意味で1990年代を思わせる良質な探索型2Dアクションゲーム
ディスオナード:デス オブ ザ アウトサイダー【レビュー・評価】限られたプレイヤーだけが楽しめる癖が強い至高のステルスアクションゲーム!
メイド イン ワリオ【レビュー・評価】黒い任天堂が詰まったビックリ箱!
花といきもの立体図鑑【レビュー・評価】膨大なページ数の図鑑を楽しく読むゲーム!
ダークソウル3【レビュー・評価】良質な高難易度と中毒性を実現したシリーズ3部作の最高傑作!
ゲーム&ウォッチコレクション2【レビュー・評価】原作の2ゲームはDSじゃ無くても遊べるのでは?
ギアナシスターズ:ツイストドリームズ【レビュー・評価】スタイルチェンジが面白い特盛の二流2Dアクション!
Iconoclasts(アイコノクラスツ)【レビュー・評価】テキストは難解だが、ゼルダのような謎解きを楽しめる大ボリュームなメトロイドヴァニア!
Rez Infinite【レビュー・評価】楽しさよりも心地良さを重視したVR体験を味わえる演奏シューティング!
コール オブ デューティ ブラックオプスII【レビュー・評価】マンネリの打破を目指した作品