| ゲームレビュー

【体験版レビュー】ファイナルファンタジーVII リメイク(FF7R) [評価・感想] オリジナル版から10段階くらいパワーアップして凄すぎワロタw


ファイナルファンタジーVII リメイク/PS4

おはっく~!KENT(@kentworld2 )です!

今回は2020年4月に発売されるPS4「ファイナルファンタジーVII リメイク」の体験版レビューをしていきます。

本作は1997年に発売されたPSソフトのリメイク作ですが、オリジナル版からの進化具合が凄すぎる!

さすが23年経って発売されただけのことはありますよ!

体験版は1時間ほど楽しめる内容になっていますが、没入感が凄すぎて一気にプレイしてしまいました!

ここからはそんなPS4「ファイナルファンタジーVII リメイク」の体験版について詳しく書いていきます。

累計1,000記事越え!KENTがプレイしたゲームのレビュー記事一覧へ

このゲームを3行で説明すると?
  • 1997年に発売されたPS「ファイナルファンタジーVII」のリメイク作。
  • グラフィックが強化されて戦闘がリアルタイムアクション形式になった。
  • ミッドガル脱出までを描いている。
初リリース日 2020年4月10日
対応ハード PS4
ジャンル アクションRPG
発売元 スクウェア・エニックス

スポンサーリンク

オリジナル版を尊重しつつも肉付けされたストーリー展開

「うぉぉぉ~!!!!!」

「すげぇぇぇ~!!!!!」

オリジナル版をプレイされた場合、多くの方がこんな感じで興奮することでしょう。

それだけ本作はオリジナル版を尊重しつつ息を呑むほど美しい映像にアレンジされています。

タイトルロゴからの列車シーン。

壱番魔晄炉を見上げるシーン。

オリジナル版で印象的だったシーンは同じようなカメラアングルで展開されます。

しかも単にグラフィックを強化しただけではありません。

ストーリーには大幅な肉付けが施されています。

かと言って冗長には感じられず、自然な長さに感じました。

本体験版をプレイした後にオリジナル版のオープニングシーンをプレイしましたが、めっちゃアッサリに感じますw

圧倒的な没入感

ぼくが本体験版をぶっ通しでプレイした要因は圧倒的な没入感にあります。

なんと、ゲーム開始から終了までの1時間、画面が暗転したりロード時間が発生しなかったんです!

カットシーンは挿入されますが、プレイアブルシーンからの切り替わりが自然なうえに短いのでぶつ切り感がありません。

また、戦闘システムはリアルタイムアクション形式に刷新され、シームレスに繰り広げられます。

面白さのベクトルは変わっていますが、没入感を向上させる役目を果たしているのは間違いありません。

カットシーン、戦闘シーン、移動シーン

何から何までシームレスに展開されるので、プレイ中はスマホに気が向くことはありませんでした。

シームレスプレイは欧米のAAA級タイトルでは珍しくありませんが、和ゲーとしてみると凄い挑戦をしているように感じます。

さすが国内でトップクラスの開発力を誇るスクウェア・エニックス!

そこらの和ゲーよりも2.3ランク高いゲーム体験を実現しています。

スケール感が凄い!

体験版では「壱番魔晄炉」というダンジョンを攻略することになりますが、スケール感が凄いことになっています!

ディティールが細部まで描き込まれていますし、様々な小物が設置されていますから。

そんなフィールドを一瞬で通り過ぎてしまうので、素材の無駄遣いをしていますw

この辺りも欧米のAAA級タイトルを彷彿としました。

終始、こんな感じで展開するのでしょうか?

そうなるとミッドガル脱出で終わっても十分なボリュームを感じられそうです。

オリジナル版のエッセンスを残している戦闘システム

前述の通り戦闘システムはリアルタイムのアクション形式になっています。

オリジナル版のリアルタイムのコマンド形式(ATB)に慣れていたら戸惑うかもしれませんが、全てが刷新されている訳ではありません。

アビリティなどのコマンドは一定時間が経過しないと使えないようになっているので、オリジナル版のエッセンスも残されています。

さらに「クラシック」というコマンド選択のみに注力出来るモードも用意されているので、アクションゲームが苦手な人でも安心です。

キングダム ハーツとモンスターハンターを組み合わせたような操作感覚

本作の戦闘をアクションゲームとして見た場合、「キングダム ハーツ」と「モンスターハンター」を組み合わせたような印象です。

アビリティを一定時間経過後に使用出来る点は「キングダム ハーツ」に似ていますが、挙動に関しては「モンスターハンター」のように重みがあります。

特にローリングしての回避はまさに「モンスターハンター」のようw

「キングダム ハーツ」のようにアシスト強めでフワフワした操作感覚に慣れているとズッシリしているように思うかもしれませんが、フォトリアルな見た目にはマッチしているように感じます。

歯ごたえのある戦闘バランス

ぼくは難易度ノーマルでプレイしましたが、オープニングながらも歯ごたえを感じました。

特にガードスコーピオン戦では何度も瀕死状態になりながら10分以上も戦い続けましたからw

かと言って単調ということはなく、形態チェンジやカットシーンの挿入によって退屈しません。

ただ、慣れていないからか「ポーション」「フェニックスの尾」をガブ飲みするという展開に陥ってしまいました。

この辺りは過去にプレイした旧スクウェア・エニックス製のアクションRPGと良くも悪くも変わりません。

スポンサーリンク

目次へ戻る

ファイナルファンタジーVII リメイク(FF7R)体験版レビューまとめ

全体的にはオリジナル版を10段階くらいパワーアップさせたリメイクに感じます。

23年もの年月が経過しているとは言えパワーアップし過ぎですw

人気タイトルのリメイク作は過渡期に発売されるので、10年も経つと「またリメイクしたら良いんじゃないの?」なんてことが多くあります。

しかし、本作の場合は極限レベルに達しているので再リメイクする必要はないでしょう。

それだけ圧倒的なクオリティを誇ります。

体験版はPSストアにて無料ダウンロード出来るので、購入予定がない方でも是非プレイしてみてください!

今の時代、数多くのゲームが世に出ていますが、ここまで高いクオリティの体験を無料で楽しめることは滅多にありませんから。

ゲームもまだまだ進化しているんだな!

本体験版をプレイした方からそんな声を聞けたらイチ家庭用ゲーム好きとしては嬉しいです!

累計1,000記事越え!KENTがプレイしたゲームのレビュー記事一覧へ

ハードメーカー別レビュー記事リスト
Nintendo PlayStation
Xbox etc
関連作のレビュー記事

, ,

 

Sponsored Link



Amazonギフトカードにチャージする

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)コメントは出来る限り返信していきますが、しない場合もあるのでご了承ください。

コメント広場の住人(14)

  1. 匿名 より:

    リマスターではなく、リメイクとして作った意味が分かりました。

    素晴らしいクオリティでJRPGの完成形だと思いますよ。アクションもJRPGによくある軽いだけのアクションではなく、モンスターハンターのように重厚感があります。オブジェクトも細かく作り込まれており、モンスターハンターワールドみたいにベストRPG受賞の可能性も高そうです。

    今年だけでも
    仁王2、FF7リメイク、バイオ3リメイク、ラストオブアス2、サイバーパンク2077、エルデンリング等、史上最高レベルのGOTY争いになりそうです。

    • KENT より:

      これは正真正銘のリメイクですね!リマスター版とは力の入れ具合が全然違います。

      さすが発表から発売まで時間が経っているだけあって圧倒的なクオリティでビックリしました!

      これから神ゲーラッシュが始まりそうなので楽しみです♪

  2. Str より:

    FF7Rは想像以上に良い感じになってますね!
    グラフィックも音楽も大幅に変わっているのに、どこか懐かしさを感じます。

    ロードもほぼないのが素晴らしいですw
    戦闘もイベントもシームレスに始まるから違和感もないし没入感があっていいです。
    ロード時間があると他のことに気が向いちゃいますけど、それがないからゲームに集中できますね(*’▽’)

    FFは7からプレイし始めたので思い入れのあるタイトルで、それがどいう言う風に改変されるのか期待半分不安半分なところはありましたが体験版をプレイする限り期待値が大きく上昇しました!
    はやく発売日こないかな。

    • KENT より:

      はい!予想以上に良い感じだと思います。

      ロード時間は全くと行って良いほどないですよね。とても自然に作られているので人によっては気が付かないんじゃないかと思うレベルですw

      プレイアブルシーンからムービーシーンへ移行する時にロード時間が発生する和ゲーは未だに多いのでこれは凄いことに感じます。

      このレベルのリメイクだったら多くの人が納得しそうです。

  3. 匿名 より:

    欲しいけどps4が無い、買うにしてもps5が、みたいな層が売り上げに影響しそうですね。

    新規勢と復帰勢には割と最悪な発売時期じゃないでしょうか。

    欲しい。

  4. DD より:

    僕もやりましたが究極のシームレスとはああいうのかもしれませんね
    ただ去年のTGS同様移動中にナビマップが表示されなくてどこを移動しているのかわかりにくいままなのと、メニュー画面が△ボタンからオプションボタンに変更されているのが不便でした

    • KENT より:

      ゴッド・オブ・ウォーなどの手法をFFVIIにも取り入れてくるとは感激です!

      マップは一本道なので迷いませんでしたが、分かれ道が増えてくると迷う人が出てくるかもしれませんね。

  5. おっさん より:

    うむむ、体験版はやらないで発売日まで我慢するわww

  6. nicond より:

    原典の流れを踏襲しつつ、現代の新作ゲームとしてふさわしいクオリティになっていてすごいですね!少し不安だったBGMも良いアレンジになっていると思います。
    全編このクオリティなら長年待ったファンも納得なのではないでしょうか。それだけに延期は残念でしたが、期待は高まりました!

    • KENT より:

      これは目が覚めるクオリティですよね!ぼくも期待が高まりました!

      残念ながら発売が4月になってしまい、nicondさんが満足にプレイ出来る日が遠のいてしまいましたが、体験版で冒頭だけでも楽しむことが出来てそういう意味でも良かったと思います。

      この勢いのまま完結したらかなりの良作になるんじゃないかと思います。

  7. 🦝トモフミ🦝 より:

    突然の体験版発表だったので、やや混乱しつつも気になってたので遊んでみました(^-^)v
    やってみた感じとしては、オリジナル版ではこういうことをやりたかったんだろうなぁというのが、きっちりと再現されてるのがすごいと思いました。他社のリメイクだとなかなかここまでしないですよ。
    ゲームとしてはFFXVやキンハーⅢのバトルシステムをうまくFFVII向けに改善されてます。

    • KENT より:

      確かにオリジナル版ではこういうことがやりたかったんだというのが伝わる内容ですね!

      さすが大勢の方に望まれていたリメイク作だけのことはあります。

      バトルシステムも他の作品で見られたシステムを土台にして洗練されている印象です。

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)コメントは出来る限り返信していきますが、しない場合もあるのでご了承ください。

関連記事

【レビュー】スクリームライド [評価・感想] ジェットコースターの魅力を様々な形で楽しめるバカゲー
【レビュー】カタチ新発見! 立体ピクロス2 [評価・感想] 手元に一本は欲しいまったりパズルゲーム
【レビュー】Bravo Team(ブラボーチーム) [評価・感想] おバカちゃんなAIとサクッと楽しめるVR専用のおカバーシューター!
【レビュー】レイトン ミステリージャーニー [評価・感想] 皮を中心にむき始めてきた新世代のレイトン!
【レビュー】コロコロカービィ [評価・感想] 続編を出したら化けそうなカービィのお気に入りゲーム♪
【レビュー】ゴッド・オブ・ウォー 落日の悲愴曲 [評価・感想] 当時のトレンドを無視して作られたPSPの限界に挑んだ作品!
【レビュー】ポケモン 金・銀 [評価・感想] 度重なる発売延期を許せるくらい前作から大幅に進化した理想的な続編!
【レビュー】ジャストコーズ4 [評価・感想] Z指定の壁を取っ払って子供にこそプレイしてもらいたい広大な遊び場!
【レビュー】デビル メイ クライ2(DMC2) [評価・感想] デコボコをなくしたことで八方美人になってしまった初心者向けのDMC!
【レビュー】ドラゴンクエストヒーローズII 双子の王と予言の終わり(DQH2) [評価・感想] 新要素がアクを強めた前作以上に人を選ぶ作品