| ゲームレビュー

【レビュー】カービィのグルメフェス [評価・感想] 夜に遊んだら危険な飯テロ パーティゲーム!

4

どうも!KENT(@kentworld2 )です!

今回はSwitch「カービィのグルメフェス」のレビューしていきますが、まずはひとこと言わせてください。

このゲーム、飯テロ過ぎませんか?w

ケーキ、チョコ、ベーコンにハンバーガー。

全てのステージが食べ物で構成されているので、プレイしているとよだれが出てきます。

しかもですね、中毒性が高いので何度もプレイしてしまうんですよ。

1,500円のダウンロードタイトルなので、最初は「すぐに飽きるかな?」と思ってましたが、そんなことはありませんでした。

何十、何百回とプレイを続けてしまいます。

ここからは「カービィのグルメフェス」の魅力を語っていき、人気バトロワゲーム「フォールガイズ」と比べてどうなのかも語っていきますので、ぜひ、最後までご覧ください。

累計1,000記事突破!KENTがプレイしたゲームのレビュー記事一覧へ

このゲームを3行で説明すると?
  • カービィが食べたイチゴの量を競い合う対戦アクションゲーム。
  • 「レース」「ミニゲーム」「バトルロイヤル」の3種目に挑んでいく。
  • コースに設置された「コピーフード」を食べると様々な能力を使える。
初リリース日 2022年8月17日
対応ハード Switch
ジャンル 対戦アクション
価格 1,500円(税込)
推定クリア時間 1プレイ5分
発売元 任天堂

スポンサーリンク

 

良いところ

中毒性が高いグルメグランプリ

本作で特筆したいのが、中毒性が高いことです。

1プレイ5分程度のハズなのに、時間が溶ける溶ける。

理由としては3つあって、1つめは逆転要素が強いことです。

メインとなるグルメグランプリでは3種類の種目に挑んでいきます。

山盛りのイチゴを目指して競争するレース。

様々な形でイチゴを集めていくミニゲーム。

相手をふき飛ばしてイチゴを横取りするバトルロイヤル。

流れとしてはレース → ミニゲーム → レース → バトルロイヤルといった感じなんですが、後半の種目ほど逆転の要素が強いんですよ。

バトルロイヤルは逆転に次ぐ逆転で順位がコロコロ入れ替わりますし、最後に発生する3種類のボーナスによって4位から1位になることだってありますからね。

ということはですね、前半にびりっけつでも逆転する可能性は十分にあるので最後まで集中して楽しめますし、逆転されたら悔しくなってまたやりたくなってしまうんですよ。

特にバトルロイヤルで何度も吹き飛ばされて1位から4位に転落した時は「マリオカート」でゴール直前にトゲゾーこうらを食らって首位から最下位に転落した時に通ずる悔しさを感じました。

もし、ぼくが実況プレイをしている中にそんな出来事に遭遇したら発狂するでしょうねw

ここまでの話を聞いて

終盤にそんなに逆転するんじゃ、前半の種目って必要なくね?

なんて感じた方もいると思いますが、本作はパーティゲームなので、逆転の要素が強い方が良いんじゃないかとぼくは思いました。

「カービィのグルメフェス」の中毒性が高い2つめの理由は、ランダム要素が強いことです。

舞台となるステージやミニゲームはランダムで決まります。

レースに至ってはプレイする度にコースの形が変化するので、「ポケモン不思議のダンジョン」のような印象を持ちました。

実際にはいくつかのパーツが自動生成されて作られているようですが、常に新鮮な体験を味わえるよう工夫して作られていると思いましたね。

BGMもプレイする度に変化しますし、このランダム性の強さはGC「カービィのエアライド」の「シティトライアル」を彷彿としました。

3つめの理由は、ご褒美が充実していることです。

バトルを終えると、手に入れたイチゴの量に応じてランク経験値が蓄積されます。

一定数貯まるとグルメランクが上昇。

ランクが上がると、ごほうびをゲットできます。

このご褒美がですね、

  • 追加ステージ
  • ミニゲーム
  • BGM
  • スキン
  • カラー

といった感じで豪華なんですよね。

グルメランクは135段階まで上がるようになっていますが、高ランクになるほど沢山の経験値が必要になります。

また、オンライン対戦ではレートの概念がありまして、上位になると増加。

下位になると減少するので、「マリオカート」みたいに上げたくなるんですよね。

「カービィのグルメフェス」の中毒性が高い理由をまとめさせていただきますと、

  • 逆転要素が強い
  • ランダム要素が強い
  • ご褒美が充実している

といった感じです。

ゲーム性は違いますが、「カービィのエアライド」の「シティトライアル」に通ずる魅力がありますので、同作が好きな方はハマるかも!?

プレイしているとお腹が空く

これは良い点として挙げるべきなのかわかりませんが、このゲーム、プレイしているとお腹が空きますw

そのくらい、飯テロゲーなんですよ。

理由としては3つあって、1つめは食べ物の質感がリアルであることです。

ワッフルのザラザラ感、ベーコンのヌルヌル感、アイスクリームのベットリ感。

見ているだけで味が伝わってくるので、お腹が空いた深夜に背景を眺めていたら大変なことになってしまいますw

ぼくの場合、ボヨンボヨン揺れる目玉焼きを見てしまったので、翌朝は目玉焼きを食べてしまいましたw

2つめの理由は、食べ物に干渉できることです。

イチゴを食べたり、クッキーの壁を壊したり、ゼリーの中に入ったり。

様々な形で食べ物に干渉できるので、単なる背景には感じませんでした。

特にレースの最後にはスティックを回転させていちごケーキを食べることになるので、レースをする度にケーキを買いに行こうかと思ってしまいますw

3つめの理由は、HD振動の機能を活かしていることです。

カービィを転がしていると、コントローラが僅かに揺れます。

この僅かな振動がスポンジケーキの上で転がっている感覚を演出してくれるので、地味に食欲がそそられるんですよ。

転がった床には跡が付くようになっていますし、今作でも手触り感に力を入れていると思いましたね。

「カービィのグルメフェス」が飯テロゲーである理由まとめさせていただきますと、

  • 食べ物の質感がリアル
  • 食べ物に干渉できる
  • HD振動の機能を活かしている

といった感じです。

食べ物を題材にしたステージでバトルするゲームは沢山存在しますが、本作ほど食欲をそそるゲームはそうないでしょうねw

戦略性が高い

「カービィのグルメフェス」は戦略性も高く感じます。

優勝するまでの戦法は色々あるので、次はどう立ち回るのか考えないといけません。

例えばステージ上に配置されたコピー能力。

今作ではコピーフードという名前で登場するんですが、「マリオカート」のアイテムみたいにストックできるんですよ。

それも次の種目まで持ち越せるようになっているので、あえて使わずに貯めておくのも手だったりします。

ぼくの場合、後半のレースでコピーフードが手に入ったら次のバトルロイヤルまで持ち越すようにしています。

バトルロイヤルでコピーフードの攻撃を相手に与えたら大量のイチゴを横取りできますからね。

レースで早くゴールすると大量のいちごが手に入るので、一見すると1位を目指した方が良い気もします。

しかし、入手できるいちごはバトルロイヤルの方が圧倒的に多いので、レースでは一番にこだわらなくても実は良かったりします。

それよりは結果発表時のボーナス狙いでブルーベリーを食べるとか、多少は寄り道をしてでもゴールを目指した方が良かったりもするんですよね。

レースと言えば早くゴールした方が勝ちになりがちですが、本作ではそんなことはなく、あえて遅れるのも戦略のうちだったりします。

その事実を知った時は戦略性が高いと思いましたね。

ファンサービスが満載

シリーズお馴染みのファンサービスは今作にも沢山あります。

特筆したいのが、きせかえスキンとキャラお菓子です。

どちらもグルメランクが上がった時に貰えるご褒美なんですが、過去作のネタが満載でファンにはたまらないんですよ。

きせかえスキンはカービィの頭に付けるグッズ。

ハンバーガー、くるまほおばりケーキといった食べ物はもちろん、デデデ大王、メタナイトといった人気キャラをイメージしたスキンもあるので、彼らに変身した気分で遊ぶこともできます。

個人的にはエフィリンのスキンがイカしていると思いましたね。

このエフィリン、しっかりと動いてかわいいんですよ。

カラーの中にはエフィリンのスキンに合わせた物があるので、組み合わせると可愛さが倍増します。

キャラお菓子は歴代シリーズのキャラクターが印刷されたコレクションアイテム。

ケーキに飾ったり、スタート地点の台座にすることができます。

全部で256種類もあるので、「ディスカバリー」のフィギュアとか、「ロボボプラネット」のステッカーみたいに全てを集めるのは大変です。

でも、マニアックなキャラが描かれていたりもするので集めたくなるんですよね。

極めつけが、BGMです。

今作でも歴代シリーズのBGMが多数収録されていまして、グルメランクが上がることで追加されていきます。

個人的には「星のカービィ3」の「リップルフィールド 1」を入れてくれたのが嬉しかったですね。

「リップルフィールド 1」は少し切ない曲なんですが、疾走感があるのでレースに合っているんですよ。

アレンジ曲も秀逸で、「オンラインモード」のマッチング中には新アレンジの「バブリークラウズ」が流れたり、バトルロイヤルのタイムアップ直前には新アレンジの「やきいもシューティング」が流れるので「イカす!」と思いました。

ファンサービスとしては他にも、

  • Switchで発売された「星のカービィ」シリーズのセーブデータがあると特典としてBGMが3曲ずつ追加される
  • 箱庭マップを自由に探索できる「フリーロール」モードに小ネタが詰め込まれている

といった感じで色々ありますので、カービィファンですと120%楽しめる作品だと思いましたね。

スポンサーリンク

目次へ戻る

惜しいところ

ストーリーモードが収録されていない

本作にはストーリーモードが収録されていません。

基本的には対戦を淡々と繰り返していくだけなので、そこは物足りなく感じました。

カービィファイターズ2」とか、「カービィバトルデラックス!」にはストーリーモードが収録されていたので、本作にもあるものだと思っていたんですけどねぇ。

ストーリーモードがないからこそオンラインに人が集まりやすくなっているとは思いますが、Switch ONLINEに加入していない方はオフラインでしか遊べませんから、そういう方に向けた配慮があっても良いんじゃないかと思いました。

他にも「対戦モード」は最大2人のプレイヤーとでしか同時に遊ぶことができず、オフラインで4人のプレイヤーと遊ぶには本体やソフトを持ち寄って遊ぶ「ローカルモード」でしかできないので、そこは惜しいと思いましたね。

ミニゲームの影が薄い

グルメグランプリの中盤に挑戦するミニゲームは影が薄く感じます。

降ってくるイチゴを食べたり、ティーカップに入ってイチゴを食べたりと、色んなタイプが用意されているんですけどね。

制限時間が短く、手に入るイチゴが少ないので、張り切って集める気にはなりませんでした。

「ミニゲームなんだから良いじゃん!」と言われそうですが、メニュー画面では「レース」や「バトルロイヤル」と同じ扱いなので、もう少し手に入るイチゴの数を増やしても良いと思いました。

この辺りはアップデートで簡単に変更できるので、可能であれば調整してほしいですね。

たまに発生するオンラインでのラグ

オンライン対戦をしているとたまにラグが発生します。

オンラインゲームあるあるではありますが、発生頻度がやや高いので、ソフト側に問題があるのかと思いました。

本作はアクションゲームなので、ラグによるカクつきはストレスになります。

処理が重くなるのであれば、解像度をその都度落とすなどしてカクつきを抑えてほしかった。

ちなみにオンラインマッチングの速度に関しては、発売直後に関しては良好です。

切断をする人も最後まで勝敗がわからないことから少ないですし、オンライン周りに何かと不備があるカービィのゲームにしては快適に感じます。

目次へ戻る

フォールガイズとの違い

「カービィのグルメフェス」が発表された時、

カービィ版フォールガイズじゃん!

という声をよく聞きました。

「フォールガイズ」とは最大60人で様々な競技を行う基本プレイ無料のオンライン対戦アクションゲームで、Switchでも2022年6月からサービスが開始されました。

そんな「フォールガイズ」ですが、本当に「カービィのグルメフェス」と同じゲームなのでしょうか?

結論から言わせていただきますと、似ている部分もあるけど、違う部分も多いといった感じです。

連続してミニゲームで対戦を繰り広げていく点。お菓子をモチーフにしている点。

オンライン対戦がメインである点。ランダム要素が強い点。ランクを上げて着せ替えを楽しむ要素が存在する点は共通しているんですけどね。

対戦の形式はぜんぜん違うと思いました。

「フォールガイズ」の場合、最大60人で競い合いますが、サドンデス形式となっていまして、下位のプレイヤーは次の種目には参加できないようになっています。

一方、「カービィのグルメフェス」の場合、最大4人で競い合いますが、例え下位になったとしても次の種目にも参加できるようになっています。

ですので大人数でサドンデスを楽しみたい人は「フォールガイズ」。

少人数で楽しみたい人は「カービィのグルメフェス」を選ぶと良いでしょうね。

目次へ戻る

カービィのグルメフェスのレビューまとめ

ここまで「カービィのグルメフェス」の良い点や惜しい点を語っていきました。

簡単にまとめると

  • お菓子をテーマにしたカービィの新たな対戦アクションゲーム!
  • 中毒性が半端なく、繰り返し遊んでしまう魅力がある!

といった感じです。

対戦に特化しているので友達とワイワイ楽しむ感じのゲームではありますが、グルメランクを上げると色んなご褒美が貰えるので、カービィファンでしたら1人でも楽しむことができます。

グルメランク、CPUと対戦しても上がるようになっていますからね。

こんな人には特におススメ。
・パーティゲーム好き。
・カービィファン。

こんな人にはおススメできない。
・ストーリー性を求めている人。

お気に入り度【80/100%】

累計1,000記事突破!KENTがプレイしたゲームのレビュー記事一覧へ

ハードメーカー別レビュー記事リスト
Nintendo PlayStation
Xbox etc

本記事の動画版

 

関連作のレビュー記事

, , ,

 

Sponsored Link


関連記事

【レビュー】スティールダイバー [評価・感想] 京都の頑固職人が作った硬派なゲーム!
【レビュー】ライズ オブ ザ トゥームレイダー [評価・感想] サプライズ性は低いが、前作から順当に進化!
【レビュー】ロックマンX [評価・感想] 対応ハードが変わってあらゆる面が大幅に進化した新生ロックマン!
【レビュー】洞窟物語(CaveStory) [評価・感想] レトロなグラフィックとBGMに拘ったインディーズゲームの先駆け!
【レビュー】Deadly Days (デッドリーデイズ) [評価・感想] ゾンビとローグライクを融合させた中毒性抜群の良作!
【レビュー】ABZU(アブズ PS4) [評価・感想] 2時間に凝縮されたインタラクティブ水中ショー!
【レビュー】ファークライ3 [評価・感想] ステルスアクションの要素を取り入れた中毒性抜群の大自然オープンワールドFPS!
【レビュー】バディミッション BOND [評価・感想] 逆転裁判好きにおすすめしたい隠れた良作!
【レビュー】パックインタイム (SFC) [評価・感想] 理不尽だが見どころも多いマゾゲー!
【レビュー】コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア(PS4) [評価・感想] よりリアルな現代戦を描くことに注力したリブート作!