| ゲームレビュー

【レビュー】龍が如く 極2 [評価・感想] 韓国マフィアと恋愛要素を絡めて深みをもたらした良質な極道ドラマ

4.5


龍が如く 極2/PS4

おはっく~!KENT(@kentworld2 )です!

今回は2017年12月に発売されたPS4「龍が如く 極2」のレビューをしていきます。

本作はPS2「龍が如く2」のリメイク作ですが、韓国マフィアと恋愛要素を絡めて深みをもたらした良質な極道ドラマでした!

他の記事でも書きましたが、ぼくはヤクザものが苦手です。

そんなぼくでも「龍が如く」シリーズは友情や恋愛要素によってストーリーも好きになることが多くあります。

今回レビューするPS4「龍が如く 極2」もその1つ。

さすがにPS4/PS3「龍が如く0 誓いの場所」ほどではありませんが、同作品が好きな人向けのファンサービスも盛り込まれているので満足感が高くなっています。

しかもPS4「龍が如く6 命の詩。」で採用されたドラゴンエンジンを使用しているので、ゲームプレイの満足感も大幅にパワーアップしました!

ここからはそんなPS4「龍が如く 極2」について詳しく語っていきます。

累計1,000記事越え!KENTがプレイしたゲームのレビュー記事一覧へ

このゲームを3行で説明すると?
  • PS2「龍が如く2」のリメイク作。
  • グラフィックやシステムがPS4「龍が如く6」基準にまでパワーアップした。
  • PS4/PS3「龍が如く0」の後日談を描いた追加ストーリーも収録。
初リリース日 2017年12月7日
対応ハード PS4
ジャンル アクションアドベンチャー
売上 初週13.0万本/累計20.4万本
推定クリア時間 20~30時間
発売元 セガ

スポンサーリンク

良いところ

龍が如く2が大幅にパワーアップ!

過去の作品を最新技術で蘇らせる「龍が如く」シリーズの「極」プロジェクト。

第二弾となる今作はPS4/PS3「龍が如く 極」の約2年後に発売されました。

たかが2年ではありますが、手の加えどころは前作とは比べ物になりません。

というのも本作は過去作品から大幅に進化したPS4「龍が如く6 命の詩。」で採用されたドラゴンエンジンを使用しているからです。

おかげでゲームプレイにぶつ切り感が無くなり、

  • 戦闘のエンカウント廃止
  • 入店時のロード時間廃止

を実現していますから。

さらにグラフィックも大幅進化。

一人称視点での散策も可能になりました。

嬉しいのが、ドラゴンエンジンで作られた大阪・蒼天堀を散策出来ること。

東京・神室町に関してはPS4「龍が如く6 命の詩。」をベースにブラッシュアップさせた程度ですが、大阪・蒼天堀は新規で作られているので新鮮味を感じられます。

特に印象的なのが、美しい川の表現。

水の表現が美しいので、思わず目を止めてしまいました。

やはり、過去作品とゲームエンジンが同じでも新しい舞台があると新鮮味が変わってきます。

西と東の争いに韓国マフィアを深く絡めたストーリー

毎回、様々な極道ドラマを見せてくれる「龍が如く」シリーズ。

今作では西と東の争いに韓国マフィアが深く絡んだ見どころ満載の内容となっています。

個人的に目を引いたのが韓国関連

日本人と韓国人は見た目がよく似ていますよね?

本作ではそこに目を付けた仕掛けが多数盛り込まれているので感心しました。

西と東が戦うだけでは予定調和で終わっていたでしょうから、韓国マフィアとの絡みは上手いスパイスに感じます。

桐生一馬の新たな恋物語

このように本作は極道ドラマとしても秀逸ですが、個人的に好きなのが恋物語の描写。

極道ドラマとは言え、登場人物は男だけではありません。

当然、女性キャラクターも登場し、主人公の桐生一馬と恋愛するかのような描写も含まれています。

あえて名前は出しませんが、お相手の女性は男勝りなので最初は「強い女でおっかない」という印象が強くありました。

でも、時々見せる女性的な弱さが素敵で、主人公の桐生一馬に少しずつ心を開いて行く過程が実にリアルなんですよ。

特に心を開いた時に見せてくれた関西弁はとても可愛かった!

あと、見た目だけではなく、声も可愛い!w

彼女との触れ合いは殺伐とした極道ドラマの中で良い息抜きになれます。

「0」の後日談にもなっている真島吾朗編

そして今作最大のセールスポイントとなるのがPS4/PS3「龍が如く0 誓いの場所」の後日談!

2015年に発売されたPS4/PS3「龍が如く0 誓いの場所」(以下、「0」)は素晴らしい作品で、今作だけが好きなユーザーが現れるくらいストーリーが秀逸だったりします。

そんなファンを取り込みたいと思ったのでしょうか?

今作では真島吾朗の新エピソードも収録されています。

時系列的には「極1」と「極2」の中間にあたり、主な内容は真島吾朗が属する東城会の内輪揉めw

その辺りは特筆する点には感じませんが、なんと、「0」で真島が体験した恋物語の続きも描いているんです!

「0」のヒロインが成長した姿で登場し、あの後にどうなったのかが描かれています。

「0」ではとても綺麗に終わっていたので後日談は蛇足にならないか不安な部分もありましたが、それは杞憂でした。

ヒロインは相変わらず可愛く、真島の対応もカッコ良く、「0」での思い出を壊すことなく描いています。

あくまでもメインは東城会の内輪揉めで、「0」で起きた恋物語の後日談は”ついで”に過ぎません。

それ故に「0」を未プレイの状態だとただの内輪揉め&本編の前日譚にしか感じないかもしれませんが、ぼくは満足しました。

地味に嬉しかったのが、戦闘では真島吾朗のパワーアップしたダンサーアクションを堪能出来たこと。

真島吾朗編をクリアするまでのプレイタイムは1時間半程度なので、もっと彼がプレイアブルの「龍が如く」をプレイしたくなりましたw

関連作のレビュー記事

過去作品で好評だった要素を復活させたプレイスポット

「0」が好きな人向けのサービスはこんなものではありません!

今作では同作品に登場した水商売の経営ミニゲームが復活を遂げました!

限られた時間の中で女の子に様々な指示を出していく。

「0」の水商売経営で感じられた忙しさを再び味わうことが出来ます。

ある程度やり込まないと地味な印象に感じがちですが、ゲーム性が高くて気に入っていたので復活は嬉しい!

また、ミニゲームの続投としては「6」に登場したリアルタイムストラテジーゲーム(クランクリエイター)も収録されています。

「6」との違いは敵の拠点を攻めるのではなく自分の拠点を防衛する形式になっていること。

攻勢から守勢に変わったことで新たな楽しさが生まれました。

ゲームセンターには「電脳戦機バーチャロン」が初登場!

本作の2ヶ月後にはPS4/PSVITA「とある魔術の電脳戦機」が発売になるので、予行練習用に収録したのでしょうか?w

そして今作のプレイスポットで最大の見どころとなるのがグラビア撮影スタジオ!

なんと、実写のグラビアアイドルと選択肢によるコミュニケーションを取ることが出来るんです!

事前に収録された動画で構成されたミニゲームのような感じですが、胸元の谷間を見せてくれるので、「龍が如く」シリーズのセクシー要素としてはトップクラスの刺激を味わえます。

「やはり、本物は違った!」

ここまでセクシー要素とバカゲー要素を上手く融合させたのは「0」のテレクラ以来ではないでしょうか?

スポンサーリンク

目次へ戻る

個人的に合わない&気になったところ

相変わらず長いムービー

ムービーが長いことでも知られている「龍が如く」シリーズ。

例によって今作ものっけから非常に長いムービーが挿入されます!w

ゲームクリアまでのプレイタイムは寄り道なしの場合15時間前後ですが、そのうちの10時間はムービーなんじゃないかという程長いです。

しかし、ヒロインが登場する4章辺りから単なる極道ドラマではなくなり、物語に深みが生まれてくるので引き込まれてしまいました。

戦闘は添え物程度の位置付けで相変わらずムービーゲーなのは否めませんが、安易に批判出来ないほどの魅力がムービーの中に詰まっています。

出しゃばりすぎて混乱を招くプレイスポット

「ムービー → 戦闘 → 移動 → の流れをどのようにして打ち破るのか?」

「龍が如く」シリーズにはそんな課題があるように感じます。

その打開策として本編のストーリー内にプレイスポットなどのミニゲーム要素を絡ませるというものがあるんですが、今作は出しゃばりに感じました。

プレイスポットの水商売とクランクリエイターは物語の都合上、本編にも絡んできます。

これはシリーズではお馴染みだし、寄り道の誘導としては良いと思うんですが、強引に本編のストーリーと絡ませて結構な尺のムービーを挿入するのはちょっと・・・。

どんな内容のムービーなのかというと、本編とは関係のない勢力が現れて争いを繰り広げるんですよ。

そのうえ本編のストーリーにも中途半端に絡むのでややこしくなっています。

立場的に桐生一馬は水商売やクランクリエイターは合いませんし、これは改悪なんじゃ?

目次へ戻る

龍が如く 極2のレビューまとめ

短所は相変わらずですが、さすが評判の良い「2」をベースにしているだけあってストーリーの満足度は高く感じます。

ストーリーだけを見て総合評価を判定すると、「0」に次ぐレベルにしても良いくらい。

(個人的にゲームの良し悪しはストーリー以外にもゲーム性を考慮に入れて決めますが)

奥深い人間ドラマを楽しみたい方はプレイして損はありません。

韓国マフィアと恋愛要素を絡めて深みをもたらした良質な極道ドラマ。

こんな人には特におススメ。
・人間ドラマ好き。
・寄り道好き。

こんな人にはおススメできない。
・ヤクザが苦手な人。
・ムービーゲーが苦手な人。

龍が如く 極2/お気に入り度【85/100%】
プレイした時間・・・約25時間

累計1,000記事越え!KENTがプレイしたゲームのレビュー記事一覧へ

ハードメーカー別レビュー記事リスト
Nintendo PlayStation
Xbox etc
関連作のレビュー記事

, , ,

 

Sponsored Link



Amazonギフトカードにチャージする

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)コメントは出来る限り返信していきますが、しない場合もあるのでご了承ください。

コメント広場の住人(26)

  1. たこいち より:

    龍が如くの「難しさ」はスーパーアーマーのゴリ押し攻撃で無理やりダウンさせられてストレスなイメージが強いです。

    テンポ良くストーリーを楽しみたいので、本作はイージーで進めようかなぁ。

    ともあれ、まずは地球の防衛が先ですw

    • kentworld より:

      あぁ、今作もその辺は大きく変わっていな印象です(^_^;)
      戦闘に歯ごたえを求めていないようであれば、イージーモードでも良いと思います。
      今週はたこいちさんにとって激戦区じゃないですか!?
      地球防衛軍とはまた意外なところを突いてきますな~。

  2. 腰痛持ちジーパン より:

    さすが、早いですね!
    ネットを見てても極よりは評価は高そうな感じですね。
    関係ないですけど、Kentさん、公開時間間違えましたか…?
    今まで4、5ヵ月くらい毎日見てますが、カミングアウト後以外12時に更新しなかったのはなかったですから。

    • kentworld より:

      ゲームエンジンがパワーアップして前作よりも楽しめそうな気がしています♪
      公開時間はそうですね。速報レビューなので、速報性を重視して朝に公開してしまいました。
      心配をおかけしてすみません(^_^;)

  3. kamome03 より:

    相変わらずムービー長いんですねw

    如くシリーズは、6に0に極未プレイなんでもう何から手を出していいのか分からなくなってきましたw

    • kentworld より:

      このシリーズは極道ドラマムービーがメインで、戦闘は添え物みたいな感じですからねw

      5をプレイしているのでしたら6、0、極、極2。どれから始めても良いと思います。

  4. 任PSXゲーマー より:

    龍が如くは難しいんじゃなくてただイライラするだけの敵が居たりするのがなぁ

    極2はまだやってないから分からんけどもう少し回避やガードを駆使して気持ちよく戦える程よい強さにして欲しいな。
    遠くから拳銃撃つだけのストレスフルな奴とかは消してくれ

    • kentworld より:

      その辺は今作もあまり変わっていないと思いますw
      まだ、銃を撃ってくる敵にはほとんど出くわしていませんが・・・
      これでも改善されていると思いますが、まだ旧世代感がありますね。

  5. nasturtium より:

    予想はしていましたがやはり既視感は強そうですね〜。僕は2のストーリーは知っているので真島編を目当てにプレイします。

    それと今年になってから0をプレイしたので、蒼天堀がどれだけ進化しているのか気になりますねー。

    • kentworld より:

      龍が如くシリーズは大作の割にインターバルが短いけど、
      プレイしてみると納得出来るところがありますねw
      前作のエンジンを上手に流用しています。

      0は今年になってからプレイされたとはなんて奇遇なんでしょう!w
      1年もせずに蒼天堀の進化を見られるのはある意味ラッキーかも。

  6. T・A より:

    龍が如くは維新・見参・ゾンビ以外ナンバリング全てやるほどファンですが6が糞ゲー(個人の感想)だった為途中で辞めた事もあり2極買うか悩んでます(苦笑)
    個人的には0・初代・2(2つともオリジナル版プレイ済)が好きなんでその2のリメイクやりたい気持ちありますね
    6のバトルシステムが合わなかったのもありますが2極のバトルシステムが合うかちょっと心配ですね
    個人的には0のバトルシステムが良かったのでそれに戻して欲しいという気持ちですね

    • kentworld より:

      バトルシステムは6を踏襲しています。
      個人的にも0のバトルシステムは良かったですね~。
      良くも悪くも6のエンジンで2のストーリーを描いている作りになっています。

  7. 安西 より:

    元のPS2より簡単になったように思うし、難しくなった気もしますね、難易度。
    6がそうだったと思うんですけど、シリーズファンの方々が「スタイルシステムに戻してくれ!!」と言っていたのが、何となく今回、6と極2両方やってみて感じた部分です。

    何というか、バトルが大味になってしまって、パターン化し辛いので、本編レベルだと適当にガシャガシャやって勝つって感じが、煮え切らない感じに。
    PS2版の時は、強敵の場合は敵の動きをしっかり見て対応するって感じだった気がするんだけど、なにぶんかなり前にやったきりなので、ちょっと記憶に自信がないです。

    ムービーは文章だけのシーンも増えててだいぶ気を使ってないでしょうか。クリアしましたが、6の全部ムービーも良かったけど、アレやるとメチャクチャムービー長くなりますからね。元のPS2版がそもそも長尺気味だったので、難しいですね。

    ミニゲーム類は、6のほうが夢中になったかな?
    今回、バトル系の遊びが増えてるっぽいので、バトル好きには楽しめそうです。

    • kentworld より:

      詳しいコメントをありがとうございます!
      龍が如くシリーズも色々発売されていて戦闘バランスはそれぞれ微妙に異なるので、
      大昔に発売された過去作品を今の作品と比べるのも大変ですよね。

      ムービーはこれでも気を使っているのか!?
      まだ序盤しかプレイしていないので、長い印象が強かったです。
      個人的には戦闘やミニゲームなどを上手く絡めてプレイアブルシーンを増やして欲しいと思っています。

  8. ジョエリー より:

    クリアしました!
    やはり龍が如くシリーズとしての安定の面白さがありましたね!様々なミニゲームが遊べてサブクエストが充実していつも通りとても楽しかったです。
    ストーリーも面白くて先が気になりました。ラストもしっかり締めていて自分がプレイした龍が如くシリーズの中では0に次いで2番目の面白さでした。

    戦闘は0と比べてしまうとやはり劣ってしまいますね。様々なスタイルを使えるように今後もドラゴンエンジンを進化させて欲しいです。
    ムービーもいつも通り長いですね。まぁこれは分かっていた部分ですが。

    最後に真島編について。個人的には大満足です!ボリュームは少ないですが、0が好きな人なら是非プレイして欲しいですね。もっと色々書きたいですがネタバレになりそうなので自重します。

    • kentworld より:

      クリアされましたか!?
      おめでとうございます!
      僕も近いうちにクリア出来そうなので、レビュー記事を大幅にアップデートします。

      ストーリーは4章以降面白くなってきましたね!
      もう少しでラストになりますが、どんな結末なのか楽しみです♪

      戦闘は0だけではなく、個人的には6にも劣っていると感じました。
      シリーズの歴史が長いだけに、ここはもっと進化してほしいですねぇ。

      真島編は大満足ですか!?
      まだプレイしていませんが、楽しみにしたいと思います♪
      感想はネタバレにならない程度で書いていきたいですね~。

  9. マッドタダ より:

    あれkentさんアルティメットヒートを解放をしなかったんですか?古牧の修行を受けたら解放されるはずですが?
    自分は少しだけ残念な気持ちがありますね。それは通天閣のマップを削除をしてしまった事ですね。ドラゴンエンジンで表現をしてほしかった。
    確かにムービーは長いし、わざわざ章分けをしなくても良いのにと感じますね。これは元の2の時からですね。
    自分も昨日クリアしました。6の時より簡単になった気がします。

    • kentworld より:

      そんなものがあったとは!?
      急いで確認して解放しましたよw
      記事の該当部分も消しておきました。
      意図せず縛りプレイをしてしまったぜ・・・

      言われてみると過去作品よりも行動範囲が狭まっていますね。
      リメイクなので、ナンバリングタイトルほどは力を入れてこなかったか。

  10. TOM より:

    今回ムービー長いのは、ムービーゲー全盛期と言われた2006年あたりの作品のリメイクだからでしょうねw

    近年のシリーズ作品はムービーはそこそこに結構テンポよく進むゲームが増えましたが、今作を丸々リメイクする上ではカットするわけにもいかないし、ムービー全部入れるしかなかったからかも。

    • kentworld より:

      2006年前後は確かにムービーゲーが多かったですもんねw
      今、思うと当時からこれだけの大量にムービーを収録していたんだから凄い。
      PS1時代のゲームは今、見るとムービーが少ないですもんね。

  11. nasturtium より:

    クリアおめでとうございます!人気の高い2を今のクオリティでブラッシュアップした理想的なリメイクでしたね。

    ストーリーはkentさんも高評価みたいですね。桐生のラブストーリーや韓国マフィアを絡めたストーリーは今でも充分面白く感じました。大阪の城辺りのぶっ飛んだ展開も健在だったのは笑いましたけどねw

    真島シナリオも短いながら0からの繋がりを綺麗に描いていて濃い内容でした。真島の格好良さが前面に出ていましたね。個人的に0の真島がシリーズで一番好きなキャラクターなので嬉しかったです。

    戦闘に関しては0の方が面白かったなー。やっぴりスタイルシステムの完成度は高かったと思います。クリア前にステータスをカンストさせてしまったせいかもしれませんが、難易度も6よりは大分低く感じましたね。次は完全新作を出してくれると思いますが、今度こそアクション面は大きく進化させてほしいと思います。

    プレイスポットの導入に関しては同意見です。誘導したいのは理解できますが、無理矢理メインストーリーに絡める必要はないと思うんですよねー。ムービーも結構長いですしね。個人的に水商売アイランドもクランクリエイターもあまり好きじゃないので、余計にそう思うのかもしれません。

    総合的なお気に入り度はkentさんと同じく星8ですねー。今作も楽しめたので北斗が如くの購入も決めました!

    • kentworld より:

      ストーリーは後半から目が離せなくなりました!
      「極1」のストーリーは序盤と終盤以外そこまで楽しめなかったけど、
      今回は後半からずっと楽しかったですねー。「0」は終始楽しかったw

      大阪の城は仕掛け満載でぶっ飛んでいましたね。
      そこも記事で触れてみたかったなー。

      真島は「極1」で幻滅していましたが、今作ではまたかっこ良くなっていて見直しました!

      戦闘システムは「0」が一番面白いですよね。
      難易度は確かに「6」よりも最終的には低く感じられます。
      「6」は最後のボスが強かったもんなぁ。

      プレイスポットのムービーはリメイク版で加わったのかな?
      そうなると蛇足に感じるのも納得です。

      北斗が如くは同じく購入したいと思います。
      すっかり「龍が如く」シリーズにもハマってしまいましたw

  12. T・A より:

    前も書きましたが龍が如くファン(ナンバリングしかやってないが)です
    2のバトルシステムは6と比べたら進化してますか?個人的には6のシステムが合わなかったので買うか悩んでます
    2は好きですが0・極のバトルシステムが好きだったので
    もうバトルシステムは変える気はなさそうですし

    • kentworld より:

      正直な所、ほとんど進化していませんでした。
      バトルシステムだけを求めて本作に手を出すとイマイチに感じるかもしれません。
      ストーリーは素晴らしかったですが・・・

  13. はる より:

    ムービー長い長いは好みの問題でしょうね
    あまりにも言い過ぎたせいかどうかわからりませんがファントムペインがテープになって最悪でしたからね
    個人的にはムービー長いのは全く気にならないし立場的に合わないとそういう問題じゃなくて面白かった要素(水商売)とかはどんどん入れるべきだと思いますね

    • kentworld より:

      そうですね、なので「悪いところ」として挙げたつもりはなくて、
      「合わないところ」として挙げてみた感じです(強引なムービーは「気になったところ」になりますが)。
      とは言え記事でも挙げたようにストーリーの面白さによってムービーに釘付けになるほどのパワーは感じられました。

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)コメントは出来る限り返信していきますが、しない場合もあるのでご了承ください。

関連記事

【レビュー】毛糸のカービィ [評価・感想] 任天堂らしい手触り感溢れるデジタル玩具!
【レビュー】スペックオプス ザ・ライン [評価・感想] 無個性なTPSかと思いきや…!?
【レビュー】FIREWATCH(ファイアウォッチ) [評価・感想] 一人称視点と通信会話によって実現した新たなストーリー表現が素晴らしい意欲作!
【レビュー】ラジアントヒストリア [評価・感想] ストーリーで遊ぶDSの隠れた良作RPG!
【レビュー】返校 -Detention- [評価・感想] タイトルがとても深い良質な台湾製ホラーゲーム
【レビュー】プレイルーム [評価・感想] おもちゃとしてはすぐ飽きるが、配信ツールとしては可能性が無限大!
【レビュー】進め!キノピオ隊長 [評価・感想] 3Dワールドの素材を上手く流用した濃密なアクションパズル!
【レビュー】デデデ大王のデデデでデンZ [評価・感想] カービィファン以外にもおススメだデ!
【レビュー】シュタインズ・ゲート ゼロ [評価・感想] シュタゲの複雑なタイムリープ劇を補完してくれる作品!
【レビュー】涼宮ハルヒの激動 [評価・感想] 見せ方が上手ければ化けていたかも?