| ゲームレビュー

【レビュー】マリオゴルフ スーパーラッシュ [評価・感想] ゼルダに影響を受けたマリオゴルフのオープンワールド!


マリオゴルフ スーパーラッシュ/Switch

どうも!KENT(@kentworld2 )です!

今回は2021年6月に発売されたSwitch「マリオゴルフ スーパーラッシュ」のレビューをしていきますが、まずはひとこと言わせてください。

今作、「ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド」みたいなオープンワールドゲームになっています!

基本はゴルフゲームではあるんですが、メインとなる「スピードゴルフ」がブレワイっぽいんですよw

飛ばしたボールを拾うために崖を登ったり、「頑張りゲージ」のようなものを消費してダッシュしたり。

コースも18ホール一体型のオープンワールド形式になったので、ロード時間なしで1つのコースを移動することができます。

ゴルフって地味な印象を持たれるかもしれませんが、今作はブレワイなどのテレビゲームの影響を色濃く受けているので、むしろ、派手なゲームだと思いましたw

ここからはそんなSwitch「マリオゴルフ スーパーラッシュ」の良い点、惜しい点を語っていきます。

累計1,000記事突破!KENTがプレイしたゲームのレビュー記事一覧へ

このゲームを3行で説明すると?
  • マリオファミリーが活躍するゴルフゲーム。
  • コースが18ホール一体型となった。
  • スピードゴルフでは落下地点まで移動する要素が追加。
初リリース日 2021年6月25日
対応ハード Switch
ジャンル スポーツ
売上 初週8.0万本
推定クリア時間 4~6時間(アドベンチャーモード)
発売元 任天堂

スポンサーリンク

マリオゴルフ スーパーラッシュとは?

「マリオゴルフ スーパーラッシュ」とは、マリオファミリーが活躍するゴルフゲームです。

基本的なルールは実際のゴルフと同じで、クラブやアイアンでボールを飛ばしていき、指定されたカップの中に入れていく感じとなっています。

シリーズの歴史は意外と古く、第1作目の「ゴルフJAPANコース」は今から34年前の1987年に発売されました。

そんな「マリオゴルフ」シリーズの変革期となったのが1999年発売のN64「マリオゴルフ64」です。

本作は「みんなのGOLF」を手掛けたキャメロットが開発を手掛けており、

  • 美しい3Dのグラフィック
  • 高低差のあるコースレイアウト

などが話題となり、海外のレビュー収集サイト、メタクリティックでは平均91点を獲得。

これはゴルフゲームとしては異例の高評価だったりします。

同作の成功を受けたことで任天堂とキャメロットは関係性を継続。

ゲームキューブ、ゲームボーイアドバンス、ニンテンドー3DSなどで続編を発売したことに加え、「マリオテニス」シリーズの開発も担当することになりました。

Switch「マリオゴルフ スーパーラッシュ」はそんな流れを受けて作られた作品で、今作も同様にキャメロットが開発を担当しています。

ゲームとしてはシステムが新しくなり、マリオらしい要素が強化されたので、ゴルフならぬゴルヌになりましたw

一体、何が変わったのでしょうか?

ここからは具体的に語っていきたいと思います。

良いところ

スピードゴルフが大幅に強化

今作で特筆したいのが、「スピードゴルフ」モードが大幅に強化されたことです。

「スピードゴルフ」は元々、N64「マリオゴルフ64」の頃から搭載されていましたが、通常のモードにタイムアタックの要素を加えたようなものに過ぎませんでした。

一方、今作ではボールを打ったあとにキャラクターを動かして落下地点まで移動する要素が追加。

如何に早く落下地点まで走っていくのかの駆け引きが生まれました。

その際に重要なのが、体力ゲージの管理です。

体力ゲージはダッシュやスペシャルダッシュをすると減っていきます。

特にスペシャルダッシュは体力ゲージの半分以上を消費するので、考えて使わなければなりません。

体力ゲージは道中に設置されたハートを拾えば回復するので、ライバルが近くに居た場合、争奪戦になることもしばしばありますw

そんな移動の要素をさらに面白くするのがコースレイアウトです。

コースによっては竜巻で崖を登ったり、落下しないよう細い橋を渡っていく必要があるので、「ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド」のようなアクションゲームっぽくなっています。

実際、本作を手掛けたキャメロットの高橋宏之さん、高橋秀五さんによると、ブレワイのフィールドマップは目標だったようです。

その関係でコースはオープンワールド形式となっていて、過去作よりもスケール感が大幅に増しています。

従来の作品ではコースが細切れとなっていて、少しでも外れると虚無の世界となっていました。

今作の場合、18ホール全てが繋がっていて、スピードゴルフではボールを打ったあとにそちらへ足を運ぶこともできます。

まあ、あんまり道草食っていると時間切れになってしまうんですけどねw

ちなみにオープンワールドマップは2017年にPS4で発売された「New みんなのGOLF」でも採用していました。

こちらは18ホール一体型ではなく、9ホール一体型で、ボールを打ったあとに移動するルールも採用していません。

ですので、今回のSwitch「マリオゴルフ スーパーラッシュ」はPS4「New みんなのGOLF」のオープンワールドマップをさらに洗練させた作品にも見えました。

補足

PS4「New みんなのGOLF」でもホール争奪戦ではホール攻略時に別のホールへ自力で移動するシステムを採用しています。

ハチャメチャなマリオ要素

今作はマリオっぽい要素が随所で見られます。

代表的なのがスペシャルショットとスペシャルダッシュ。

スペシャルショットはコースを攻略していくことで溜まるスペシャルゲージが最大になると使えるようになります。

従来の作品でもスペシャルショット的な要素は存在しましたが、そちらは通常よりも遠くに飛ばせたり、見た目が派手になるだけでした。

今作のスペシャルショットはそれに加えてライバルを妨害する要素が追加。

落下の衝撃でライバルのボールを飛ばしたり、マイナスの付与効果を与えることができるようになりました。

ゴルフでライバルのボールを妨害するのってルール違反とされていたんですが、今作では自然現象であると言い訳してやりたい放題やっていますw

もはやゴルフではなくゴルヌw

一方のスペシャルダッシュは移動中に使えるもので、発動中はライバルをふっ飛ばすことができます。

感覚的には「マリオカート」のスターで突っ走るような感じでしょうかw

ぼくは色んなゴルフゲームを遊んできましたが、こんなにもぶっ飛んだ作品は見たことがありませんw

競技性が強いカップ争奪戦

今作には「カップ争奪戦」という新モードが追加されました。

こちらは9箇所あるカップのうち3箇所にボールを入れていくのが目的となっています。

このモードがですね、競技性が強くて面白いんですよ。

ライバルに勝とうとする場合、どのカップを狙うのか考えなければなりません。

誰も狙っていないカップを狙うのか?

それともライバルが狙っているカップを横取りするのか?

本モードでもボールを打った後には落下地点まで移動する必要があり、スペシャルダッシュでライバルを妨害することもできるので、本作の面白さを凝縮しているように感じます。

発売日時点では2種類のコースしか用意されておらず、スタート地点も固定化されているので、もっと練りこめばさらに面白くなるんじゃないかと思いました。

キャラクターを動かして落下地点まで移動する要素が追加された「スピードゴルフ」

スペシャルショットとスペシャルダッシュを使ったライバルの妨害。

9箇所あるカップのうち3箇所にボールを入れていく「カップ争奪戦」

ここまでの話を聞いていると、従来型のゴルフゲームを求めている人はコレジャナイと思うかもしれません。

ですが、安心してください。従来型のゴルフゲームもしっかりと収録されています。

交代でボールを打っていき、スコアを競う。

スピードゴルフのようにタイムは勝敗に影響しないので、自分のペースでコースを攻略することができます。

練習に最適なアドベンチャー

本作にはMiiが主人公のアドベンチャーモードが収録されています。

こちらはMiiを育成してストーリーを進めていく形式となっていて、3DS版で例えるならプリンセスクラブ。

ゲームボーイ版、アドバンス版で例えるならストーリーモードに相当する内容となっています。

正直なところ、大作RPGのように壮大なストーリーを楽しめるものではありませんが、ゴルフのルールを覚えるうえでは良いモードだと思いました。

主人公のMiiはゴルフの研修生という設定で、キノピコ、テレサ、ブルと一緒にルールを覚えていきます。

ゲージを溜めてのショットとか、アプローチのやり方とか。

ゴルフの基本的なルールをレッスンや実践などを通じて学ぶことができます。

過去作と違うのが、マリオらしいファンタジー要素が強化されていることです。

序盤こそは研修生としてゴルフのルールを覚えていく感じなんですが、中盤以降は一転。

世界の危機を救うために各地を冒険していくという、RPGのような展開になっていきます。

時にはボスと戦うことになるので、もはやゴルフではなくゴルヌなんじゃないかと思いましたw

刷新されたショットの操作形式

ショットを打つ際の操作形式は過去作から刷新されています。

従来の作品ではチャー、シュー、メンといった感じでボタンを3回押してパワーやコントロールを調整していきました。

鬼門だったのが、3回目にボタンを押すタイミングです。

カーソルが​ミートエリアから外れた状態でボタンを押した場合、空振りとなってしまい、ボールが明後日の方向に飛んでしまいます。

現実のゴルフっぽくてリアルではありますが、初心者には厳しいものだったので、多くの挫折者を生んでしまいました。

一方、今作ではカーソルをミートエリアに合わせてボタンを押す要素が廃止。

空振りショットを打てなくなったので、初心者に優しくなっています。

また、パワーゲージが縦になり、ゲージの曲がり具合からボールの軌道が予測できるようになりました。

かと言って簡単になりすぎている訳ではなく、高低差や傾斜の計算とか、カップに入れるまでに色々と考えないといけません。

その際に役立つのが新搭載の距離計や高度計です。

これらの機能を活用することで目標地点までの距離や高低差を調べることができます。

従来の作品とは違い、一人称で確認できるので、より本物のゴルフっぽくなりました。

ちなみに操作形式としてはボタン操作の他にスイング操作が用意されています。

こちらは「Wii Sport」のゴルフに近い操作形式となっていて、Joy-Conをスイングしてショットを打っていきます。

ボタン操作に慣れている場合、パワーの調整が難しく感じますが、本物に近い感覚で遊べるので、より没入感のあるゴルフを楽しみたい場合はこちらの操作形式がおすすめです。

シュールなキャラクター

毎回、ユニークなキャラクターが登場する「マリオゴルフ」シリーズ。

今作でもマリオはもちろん、巨大なカメのクッパ。

ゴリラのドンキーコング、オバケのテレサなど、人間離れしたキャラクターを操作できます。

初登場枠では

  • スーパーマリオ オデッセイで株を上げた「ポリーン」
  • スーパーマリオワールドでお馴染みの「ブル」
  • スーパーマリオ64で最初に戦うボスで知られる「ボムキング」

が参戦。

3DS版ではダウンロードコンテンツを購入しないと使えなかったロゼッタは最初から使えるようになりました。

人間キャラだけではなく、ゴリラやカメ、オバケ。

さらには巨大な爆弾まで参戦するとは、冷静に考えるとめちゃくちゃシュールなゴルフですねw

アドベンチャーモードの冒頭ではキノコ頭の女の子やオバケ、アメフト選手の格好をしたカメ。

オカマの恐竜と同じ屋根の下で過ごすというよくわからないシーンが挿入されるので、何が始まるのかと思いましたw

スポンサーリンク

目次へ戻る

個人的に合わない&気になったところ

コンテンツが少ない

ここまでSwitch「マリオゴルフ スーパーラッシュ」の良い点を語っていきました。

新搭載のゲームモードは遊びココロがあって面白いですし、刷新された操作形式も気に入っています。

が、いかんせん、コンテンツが少ないので、物足りなく感じました。

アドベンチャーモードは駆け足で進んでいくので消化不良。

リングショット、コインショットといったモードは廃止されたのでボリューム不足。

オンライン対戦モードにしてもSwitchの「マリオカート8 デラックス」や「マリオテニスエース」で見られたレートが存在しないので、やり甲斐を感じません。

ただ、発売後に無料アップデートでコースやキャラクターなどが追加されるとアナウンスされています。

その中にはSwitch「スーパーマリオ オデッセイ」のニュードンクシティが見られるので、コンテンツの少なさは今後、改善される可能性が高いです。

参考にSwitch「マリオテニス エース」の場合、無料アップデートによって倍近くのキャラクターが追加されました。

スプラトゥーン」などにも言えることですが、最近の任天堂は対戦ゲームに関しては発売後にアップデートでコンテンツを拡張する形式を取るケースが増えています。

今作も同じような形式だと思われるので、もし、最初からガッツリ楽しみたい場合、購入するのは少し待った方が良いかもしれません。

個人的な要望としては、コースやキャラの追加はもちろん、

  • オンライン対戦にレート機能を追加する
  • アドベンチャーモードのエンドコンテンツを強化する
  • ゴルフ場をロビーのような感じで自由に散策できるようにする
  • リングショットやコインショットを復活させる

といった点を改善・実装してくれると嬉しいですね。

目次へ戻る

マリオゴルフ スーパーラッシュのレビューまとめ

ここまでSwitch「マリオゴルフ スーパーラッシュ」の良い点、惜しい点を語っていきました。

簡単にまとめると

  • ハチャメチャゴルフが楽しめる新生マリオゴルフ
  • 発売日の時点ではコンテンツが少ないが今後には期待

といった感じです。

土台に関しては魅力的なので、今後、数年単位で発展を遂げてほしいと思っています。

実はぼく、ゴルフゲームが大好きで、「マリオゴルフ」や「みんなのGOLF」シリーズには積極的に手を出してきました。

ゴルフゲームって地味な印象を持たれる方が多いと思いますが、実際に遊んでみるとシミュレーションゲームのように予測する楽しさがあって面白いんですよね。

今作ではそのうえで「ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド」のようなオープンワールドゲームの要素が追加されたので、動的なゲームが好きな人にもおすすめできるようになりました。

パーティゲームとしても面白いので、選択肢の1つとしておすすめします。

ゼルダに影響を受けたマリオゴルフのオープンワールド!

こんな人には特におススメ。
・ゴルフ好き。
・オープンワールド好き。

こんな人にはおススメできない。
・ボリューム重視。

お気に入り度【75/100%】

累計1,000記事突破!KENTがプレイしたゲームのレビュー記事一覧へ

ハードメーカー別レビュー記事リスト
Nintendo PlayStation
Xbox etc

本記事の動画版

 

関連作のレビュー記事

, , ,

 

おすすめ記事

Sponsored Link



Amazonギフトカードにチャージする

関連記事

【レビュー】テトリスDS [評価・感想] ミリオンヒットも納得!最大10人対戦可能な任天堂製テトリス!
【レビュー】LIMBO(リンボ) [評価・感想] 容量制限を逆手に取った雰囲気重視型パズルアクションゲームの先駆者!
【レビュー】アナザーコード: R 記憶の扉 [評価・感想] ゲームと言うより動く小説
【レビュー】龍が如く 見参! [評価・感想] 全体的に未熟な作りだが、唯一無二の魅力が詰まった作品
【レビュー】たたいて弾む スーパースマッシュボール・プラス [評価・感想] あくまでもWiiリモコンプラスのおまけ
【レビュー】クラウドベリーキングダム [評価・感想] 大好きだけど、しつこい味のお菓子
【レビュー】ディシディア ファイナルファンタジー NT(DDFF NT) [評価・感想] 玄人向けで前作以上に人を選ぶが、戦闘システムの完成度はピカイチ!
【レビュー】オクトダッド~タコと呼ばないで~ [評価・感想] ネタゲーとしては良いが、操作は好き嫌いがハッキリ分かれるゲーム
【レビュー】ゴッド・オブ・ウォー アセンション [評価・感想] マンネリ打破を目指した旧シリーズの最終作!
【レビュー】マリオゴルフ ワールドツアー [評価・感想] 過去の反省を活かしたシリーズの集大成!