2017/06/28/12:00 | ゲームレビュー

ファイナルファンタジーXV エピソードプロンプト【レビュー・評価】面白さはそれなりだが、約540円はお買い得過ぎる!

先日配信されたPS4/XboxOne「ファイナルファンタジーXV」のダウンロードコンテンツ、「エピソード プロンプト」。

プロンプト好きなので購入してプレイしました。今回の記事では本ダウンロードコンテンツのレビューをしていきます。

ストーリーについて

本ダウンロードコンテンツは本編のチャプター11~13の中間を描いたものとなっていました。

この間、プロンプトは仲間たちとはぐれてしまい、本編では何をしていたのか描かれていませんでしたが、本ダウンロードコンテンツではその辺りを補完した内容になっています。

本編と完全にリンクしており、その中にはプロンプトの素性が明らかになる描写も含まれているため、プレイするのはクリア後のほうが良いでしょうね(クリアデータがなくてもプレイは出来ますが)。

プロンプト好きとしては子供時代の姿を見れたのが嬉しかった!子供時代のプロンプトはアニメ版でしか見れなかったので新鮮です。

プロンプトは昔、太っていたんですが、ノクトに憧れて自分磨きをするようになって今はスリムになったんですね。見比べてみるとまるで別人のようです。

FFXVのシステムで無理やりTPS!

肝心のゲーム内容に関しては、アクションシューティングメインでした。

本編でもタレットを使ってのガンアクションなど多少は盛り込まれていましたが、こちらは完全特化していて近年トレンドになっていたTPSの要素が多数盛り込まれています。その手のゲームを色々プレイしていると影響を受けすぎてるのが丸分かりで笑えるくらいw

例えばドラム缶を利用しての誘爆。後ろからこっそり近づいてのステルス攻撃。遮蔽物に張り付いてのカバーポジションなど。

武器もアサルトライフル、スナイパーライフル、ロケットランチャーと有名どころが揃っていて、かなりTPS寄りのアレンジがされています。

とは言え「ファイナルファンタジーXV」の戦闘をベースにアレンジしているので無理やり感があり、TPSとしてはそれほど面白くはありません。

マップデザインはTPS用に作られていないので遮蔽物に張り付いての攻撃がしにくいですし、何よりもL1/R1ボタンでエイムや銃の発射がしっくり来ません。R2ボタンを押すと画面が止まってアイテム選択になるので戸惑いました。

ファイナルファンタジーXV」ならではの必殺技が使えるなどTPSのゲームデザインを独自にアレンジしている点は見受けられ、見どころはありますけどね。

スノーモービルを使っての移動シーンも!?

中盤にはスノーモービルを使っての移動シーンも有りました。こちらはスピード感がありますね。

特別、面白いギミックは無いので、ただっ広いフィールドをハイスピードで進んでいるだけですが、数分間だけなら退屈しません。

スノーモービルで移動後は広大な銀世界を探索する事になりました。辺りには敵がウロツイているので、少しだけ寄り道が出来ます。

スノーモービルはアイテムを集めての改造も出来るので、やり込み好きはここで寄り道をしてくださいってことなのかな。

スポンサーリンク

大迫力の体験が味わえる2時間

クリアまでのプレイタイムは約2時間でした。少し駆け足でプレイしてもこれなので、540円程度のダウンロードコンテンツとしては十分なボリューム感です。

しかも水増し感はほとんど感じられず、超巨大なボスとの戦闘など迫力も満点で、すべて新規エリアで作られているので予想以上に手間がかかっています。

クリア後にはスノーモービルを使ってのスコアアタック、アラネアとのエクストラバトルを楽しむ事も可能なので、これはお買い得!

ゲームとしては特別面白いものではありませんが、「ファイナルファンタジーXV」好きはプレイして損はないでしょう。
関連記事:ファイナルファンタジーXV【レビュー・評価】オープンワールドという道具を使って男同士の友情を描いた新しいFF!

 

タグ

おすすめ記事

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

コメント広場の住人(16)

  1. 黒詩★紅月 より:

    シーズンパスを買ったが、関連内容はまだあんまり触ってないことは最近にかなりあります
    グラディオすらまだ(笑)

    イグニスは12月なのがびっくりしました
    その間になにがで埋まるでしょうかね

    今まで満足できたアップデートの内容はそんなに多くないけど、膨大なスケジュールにワクワクします
    なんというか、持ってるゲームがまだまだ続くことは気持ちいいですね(笑)

    • kentworld より:

      旧作のDLCって手を付けにくいですもんね。
      仁王やダークソウル3のDLCもまだやれてないですし。

      イグニスが12月なのは、9月にVRの釣りゲーを発売するからだと思います。

      確かにアップデートのロードマップは見ているとワクワクしますね。

  2. 読者 より:

    めちゃくちゃ面白い!という訳ではないけどこの内容で540円ならあまりにも安すぎる、という感じですか。FF15はどんどん補完されそうで運営型タイトルに近いのかもしれませんね。
    アイドルゲームには一着1000円のDLCとかがあるので(人によって価値観は様々ですが)完全新規のマップを用意するとかはそういうのに比べて個人的に誠意を感じます。

    • kentworld より:

      そんな感じです。
      FFXVはどんどん改善、拡張されているので、
      いずれ完全版パッケージが発売されそうですね。
      DLCに関しては良心的だと思います。

  3. kamome03 より:

    今日プレイする予定ですが、概ね好評な評価が多い気がしますね。
    グラディオはまだ未プレイですが、プロンプトからプレイしたいと思います。

    世間の評価は低いFF15ですが、自分的にはかなり面白かった作品なのでアップデートが続くのはありがたいです♫
    シーズンパス購入済みなので、あと半年先にイグニスかと思うと長いですが、頑張っていいものを作って欲しいですw

    • kentworld より:

      これはなかなか良いですよ~。
      グラディオは未プレイですが、こちらのほうが面白いという話も聞きます。

      FFXVはアップデートで改善されそうで、最終的にはそこそこ評価されるかもしれませんね。

      • kamome03 より:

        昨日クリア&プロンプトのトロフィー100%にしましたー。

        ストーリーは短いながら中々良かったです。アラネアさんが益々好きになりましたw
        フィギュア買おうかなw

        スコアアタックが操作性悪いのがイライラしましたが、トータル3時間のプレイ楽しめました♫

        • kentworld より:

          おお!トロフィー100%は凄い!
          やりこみ要素も色々あったのに、3時間でコンプリートとは!?
          アラネアさんはプロンプトの背中を押すという良い役でしたねw

  4. ジョエリー より:

    ストーリーは良かったので、FF15を気に入っている人なら是非プレイして欲しいです。
    TPS部分は結構癖があって慣れるのに少し時間がかかりましたね。
    スノーモービルでの移動や巨大なボス戦など短い時間で色々な要素が詰め込んであって面白かったです。
    イグニスのDLCも楽しみですが、今年の12月配信とは大分間が空いてしまうようですね。まぁやりたいゲームはたくさんあるので、気長に待ちます。

    • kentworld より:

      ジョエリーさんもクリアされましたか!
      ストーリーはプロンプトの葛藤が良かったですね。
      あの間にそんな事があったのか・・・
      TPS部分はオーソドックスなものに慣れていると戸惑います。
      スノーモービルのボス戦はビックリしました!あそこだけ気合の入れようが違うw

      イグニスのDLCは人気出そうだけど、配信のタイミングが悪すぎるなぁ。
      VRの釣りゲーは買おうと思っています♪

  5. 田中 より:

    配信されてすぐにクリアしました。tpsとしては未熟ですが所々独特な爽快感がありました。
    ストーリーはプロンプトの内面が描かれて良かったです。アラネアさんは相変わらずいい人で安心しましたwキャラとして使いたいなあ

    • kentworld より:

      エフェクトなどの演出は良かったですね!
      実はアラネアさんも見どころが多い内容なので、
      プロンプト好き以外にもアラネアさん好きにもオススメです。
      エクストラバトルではボコボコにされますがw

  6. nicond より:

    今回はストーリーが面白かったです。プロンプトをより好きになれました。アラネアさんも姉御肌な感じが良かったですね〜

    バトルシステムに関しては、グラディオの方が良かったかな。独自性を出しているのは評価できます。

    エクストラバトルはギリギリ初見クリアできました!コマンドが強かったのと、フィールドが広かったので割と戦いやすかったです。

    グラディオもプロンプトも値段分の価値は充分にありました。イグニスにも期待したいと思います。

    • kentworld より:

      今回はゲームプレイよりもストーリーが魅力的でしたよね!
      仰る通りプロンプトが好きになれるDLCだったと思います。アラネアさんの印象もさらに良くなりました!

      エクストラバトル、初見クリア、凄いなぁ。僕は2戦やってもダメだったので投げてしまいましたw
      上手く行けば倒せそうな気はするんだけどなぁ・・・

  7. チキ より:

    >FFXVのシステムで無理やりTPS
    この一言に尽きますね。
    物陰から下に居る敵を撃っても遮蔽物が邪魔で当たらなかったり、ドラム缶を撃とうとしたら明後日の方向にロックオンされたりしてTPSとしては洗練されていません。

    LRトリガーで銃を構えて撃てないのが残念でした。オプションで操作方法を変更できれば良かったんですけどね。

    ラスボスはタレットを撃ちまくれて楽しそうに見えますが、爽快感はイマイチでしたね。Lトリガーでエイムすると照準がブレて逆に狙いにくいので、ずっとRトリガーだけで撃ってました。
    何故か火力が足りず最後の最後で2回もゲームオーバーになってしまいましたよ。
    長いロードを挟んでボス戦を最初からやらされるんだから勘弁して欲しい。
    自分に原因があるとは感じにくい作りだったのでストレスが溜まりましたね。

    海外のトレンドを取り入れるのは良いのですが、もう少し丁寧に真似して欲しかった。
    本編のアセットを使い回しつつ、TPS要素を盛り込むにはこれが限界だったのかな?
    このDLCをクリアしたら真っ当な出来のTPSをやりたくて堪らなくなったので久しぶりにディビジョンを起動して口直しました。

    戦闘中にノリノリで自撮りするプロンプトは笑えましたね。
    ストーリーは特に感動的ではなかったけど本編を補完しながらプロンプトの内面を描いていたのは良かったと思います。
    エンドロール後のノクトとプロンプトのやりとりにはニヤリとしました。
    やっぱこいつらのこと好きだわ(*´ω`*)

    防寒服姿のプロンプトは良かったですね。
    銃を胸の前のホルスターに収納するスタイルはディスオナードの衛兵みたいでカッコ良いです。

    • kentworld より:

      おお!FFXVのエピソードプロンプト、プレイされたんですね!
      これはTPS好きのチキさんからしたら多数のツッコミが来るだろうと思いましたw
      やはり、色々と中途半端に感じてしまったようですね。口直しをしたとはw
      僕が指摘していないところも的確に触れていて流石だと思いました。

      プロンプトの自撮りなど、FFXVらしさがあったのは良かったですね。

      >エンドロール後のノクトとプロンプトのやりとりにはニヤリとしました。

      これは嬉しいファンサービスですよね!僕も同じような感じでしたw
      防寒服姿のプロンプトは新鮮です。
      イメージ画像といい、新たなプロンプトを見れました!

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

関連記事

バウンド:王国の欠片【レビュー・評価】謎が謎を呼び、母さんにクリアしてもらいたくなった怪作!
テラウェイ~はがれた世界の大冒険~【レビュー・評価】PSVITAの機能をふんだんに使った紙ゲー!
コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェア【レビュー・評価】FPSの歴史を変えてしまった偉大なゲーム
チャイルドオブライト【レビュー・評価】素晴らしきJRPGへのリスペクト
パペッティア【レビュー・評価】秀逸な演出に平凡なアクションが乗っかった作品
エストポリス【レビュー・評価】大味で大雑把な作りの謎解きアクションRPG
アイアンフォール インべーション【レビュー・評価】技術は一流だが、センスは二流
Kick & Fennick(キック&フェニック)【レビュー・評価】惜しくも良質2Dアクションにはなれなかった
Dust An Elysian Tail(ダストアンエリジアンテイル)【レビュー・評価】若干半熟ながらもコンパクトにまとまったファンタジーRPG
マインクラフト【レビュー・評価】ツールの域を出たクリエイトゲームの歴史を変えた作品