2013/04/20/8:30 | ゲームレビュー

真・三國無双NEXT【レビュー・評価】最初の掴みは良いのだが…

105
真・三國無双NEXT/PSV

2011年12月に発売されたPSV「真・三國無双NEXT」を今回はレビューします。
PSV「真・三國無双NEXT」はPSVITAで発売された
タクティカルアクションゲーム、無双シリーズ1作目となる作品です。

良いところ

 

2013-03-31-220942
据え置き機版と遜色の無いクオリティ

沢山の敵キャラクターをバサバサと切り裂くのが気持ち良い無双シリーズ。
そういう意味で本作を見ると、それなりのクオリティで表現された
敵キャラクターが100人近く一度に表示され、必殺技のエフェクト・モーションも
それなりに頑張っているので、爽快感は十分にあると思います。

アップデートで改善されたところもあるのですが、
「PSVITAってこんなにも沢山のキャラクターを一度に表示できるのか!?」
素直に感動しましたね。動作も早く、ステージ選択をしたらすぐに
ゲームを始められるし、快適性・爽快感の面では満足しています。

2013-04-07-002102

↑ゲームを進めていくことで見られるプリレンダリングムービー。
CGで作られているだけあって、流石のクオリティです。

2013-04-06-2238202013-03-31-131544
アクセントになっているタッチ操作のミニイベント

本作のメインステージでは、特定の状況になると
PSVITAのタッチスクリーンやジャイロセンサーを活かした、
以下のミニイベントが発生します。

・本体を動かして攻撃したい敵をスクリーン内に収めて
制限時間以内にすべての敵をタッチする「飛襲」。
・制限時間以内にすべての敵を何回もタッチして倒す「猛進」。
・本体を動かして照準を敵に合わせ続ける「騎突」。

・飛んでくるすべての攻撃をフリックして撃ち落す「斉射」。
・タイミングを見極めてシェイクする「崩落」。
・背面タッチパッドを上から下へフリックして前進し、
 目標地点に到達する「突風」。
・敵武将とフリック操作でバトルする「一騎討ち」。

さらにゲームを進めていくと以下のミニゲームをプレイする事になります。

・本体を傾けてゴールを目指す「速駆」。
・迫り来る敵をフリック操作で倒す「鉄壁」。
・本体を動かして狙いを定め、敵を倒していく「射撃」。
・背面タッチパッドで隠された文字を見つけ、
 ドラックしてなぞっていく「策謀」。

タッチ操作を強要させられて少し邪魔に感じる事はあるのですが、
個人的にはそれ以上に無双シリーズにありがちな単調さが
少し抑えられる役割を果たしていて、割とポジティブに捉える事ができました。

2013-04-07-002033
豊富なゲームモード

ストーリーを追体験するモード、3GやWi-Fi通信を使って他のプレイヤーと
中国大陸の制覇を競うモード、アドホックモードで協力プレイを楽しめるモード、
ミニゲームをプレイしてハイスコアを競うモード、オリジナルキャラクターを作成するモード、
三国志の歴史を知る事が出来るモード、アイテムやムービーを閲覧出来るモードと
数多くのモードを搭載しており、プレイアブルキャラクターは65人となっているので、
PSVITAのロンチタイトルとしては十分すぎるくらいのボリュームに感じました。
これを本体と同日に発売できたのは凄いです。

悪いところ

 

2013-04-02-173056
ステージに変化が無い

メインとなる「演義モード」では「三国志演義」のストーリーを追体験しながら
メインステージやミニゲームをこなしていくんですが、
ステージ数の割りに戦うマップやミニゲームが重複していることが多く、
中盤辺りまで進めて行くと同じことの繰り返しで嫌になってきます。

確かにタッチ操作の要素によって単調さが薄れているところがあるんですが、
それを帳消しにしてしまうほど変化の無いステージが続くんですよね。
開発者側からしたら同じステージで戦う事になっても操作キャラクターや
ストーリーが違う事で差別化を図れていると思っているんでしょうが、
基本的にやる事は同じだし、ストーリーに関しても特別魅力的には感じないから、
僕としてはそれでは差別化を図れている様には感じられません。

2013-03-31-132506
「一騎打ち」がしつこすぎる

先ほどPSVITAのタッチ操作を活かしたミニイベントを褒めましたが、
唯一「一騎打ち」というミニイベントは余計に感じました。
このミニイベントは特定の敵武将に近付くと発生するもので、
PSVITAのタッチスクリーンを使って1対1で戦う内容となっています。

が、先に進めていくと100回近くフリック操作をしないといけないし、
異様に難易度が高いので何回も死んでやり直しを
繰り返してしまい、ゲームのテンポが崩れます(難易度ノーマルでの話です)。

このミニイベントでやられてしまっても最初からやり直しになるのではなく、
ミニイベント発生直後の時点からやり直せるのがせめてもの救い。
ここでステージ選択画面からやり直しになっていたら切れていましたw

2013-04-01-224858
敵の数が少なくて、拠点を制圧出来ないことがある

メインステージでは自軍の本拠地が制圧されるのを防ぎつつ、
敵軍の本拠地を制圧する(勢力を0にする)事が主な目的となっています。
制圧するには基本的に敵を倒していけば勢力は減るんですが、
たまに目に見えている敵を一掃しても勢力が0にならず、制圧出来ないことがありました。

そのため無限に敵が沸いてくる入り口で待ち伏せをしないといけないと言う事も。
アップデートによって敵の出現数が増えたので、これでも頻度は落ちたようなんですけどね。
画面を見ただけでは多すぎるくらいの敵キャラクターが
表示されるのですが、本作のゲーム性を完成させるには、
さらに沢山の敵を一度に出現させる必要がありそうです。

2013-04-06-231915
強引に入れた感が強い新要素

PSVITAの機能を活かしたいのは分かるんですが、
特に本体を傾けてゴールを目指すレースゲーム風のミニゲームや
背面タッチパッドで隠された文字を見つけ、ドラックしてなぞっていくミニゲームは
強引に入れた感が強く、無双シリーズに合っていない気がしました。

あと、何故か無双のキャラクターシールを付けたり、
落書きが出来るスナップモードが用意されていたのも強引過ぎて笑ったw
この辺はPSVITA本体と同日に発売されたゲームならではでしょうか。


無双シリーズとしての取っ付きの良さはあると思うし、
ミニゲーム、ミニイベントは一部を除いてゲームのアクセントになっていると思った。
でも、ステージに変化が無かったり、ストーリーに魅力が無かったりして
長く続けていくと飽きてきます。もう少しその辺に気を配って欲しかった。

こんな人には特におススメ。
・爽快感を求めている人。

こんな人にはおススメできない。
・単調なゲームが苦手な人。
・タッチ操作が苦手な人。

真・三國無双NEXT/評価 ★★★★★★☆☆☆☆ 星6つ
プレイした時間・・・約21時間
※当ブログのゲームレビューの採点についての方針はこちら をご覧下さい。

※何か分からないゲーム用語を見かけたらこちら をご覧ください。

【人気ブログ】( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)【ランキングへ】
6646e5e1.gif

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

内容をご確認の上、送信してください。

この記事の反響(0)

コメントする

内容をご確認の上、送信してください。

関連記事

ドラゴンクエストIV 導かれし者たち(DS)【レビュー・評価】手軽に楽しめる王道のオムニバスRPG
ベヨネッタ【レビュー・評価】魔女のお姉さんは意外としつこい味だった!
ネタゲーとしてなら… スーパーペーパーマリオ レビュー
デデデ大王のデデデでデンZ【レビュー・評価】カービィファン以外にもおススメだデ!
グラビティデイズ2【レビュー・評価】3を名乗っても良いくらい新要素が大幅に増した一方、パンの耳も大幅増!
ロックマン クラシックス コレクション【レビュー・評価】収録作品に不満はあるものの、コレクションパッケージとしての付加価値は高い作品
サンセットオーバードライブ【レビュー・評価】おバカテイスト炸裂のアスレチックオープンワールドアクション!
万人向けテニスゲーム!マリオテニス64 レビュー
1-2-Switch【レビュー・評価】尖りに尖った使い所が限られた新感覚パーティゲーム
万人に勧めたいツールゲーム!メイドイン俺 レビュー