2017/01/22/12:00 | ゲームレビュー

ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期【レビュー・評価】看板タイトルまで育ったのに自らぶち壊す衝撃作!


ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期 /PS4(通常版) / (限定版)
ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期/PSV(通常版) / (限定版)

2017年1月に発売されたアドベンチャーゲーム、PS4/PSV「ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期」。

前作をさらに上回るボリュームと衝撃が詰まった物凄い作品でした。今回の記事では本作のレビューをしていきます。

今回も土台は逆転裁判。だけど単なるフォロワーには収まらない!

今回も土台は「逆転裁判」でした。学園内でコロシアイ生活を送り、殺人事件が発生したら探索パートのスタート!

証拠品を探し出し、すべて見つけ出したら裁判パートで事件の黒幕を暴いていきます。

裁判パートが終了したら一つの物語が集束に向かい、次の物語がスタート。

その合間には学園内を自由に探索して生徒とのコミュニケーションやミニゲームなどを楽しむ事が出来ますが、ストーリーが気になり過ぎて探索をする気にすらならない。今回もそれだけのパワーを感じられました。

土台は「逆転裁判」なのは確かですが、ストーリーのパワーは別方面で尖りまくっていて単なるフォロワータイトルで収まらないから凄いです。

エンターテイメント性抜群のゲーム要素

アドベンチャーゲームはストーリーありきのジャンルです。だけど、「ダンガンロンパ」シリーズはそのストーリーを楽しむだけではなく、遊ばせるように作られているから好きなんですよね。

今回もゲームだからこそ実現出来た遊び心あるストーリー演出が満載で、他のメディアからでは得られない物が詰まっています。

その代表例が裁判パート(学級裁判)です。裁判パートでは生徒たちの発言から矛盾をしていくのがメインになっていますが、単調にならないよう数多くのミニゲームが挿入されます。

今作ではドライビングゲーム、パズルゲーム、リズムアクションゲーム、脳トレゲーム、シューティングゲームなどが用意されていて、プレイヤーを退屈させません。

中には過去作品に似たミニゲームもありましたが、微妙にゲームシステムを変えて来ているから新鮮に楽しめました。

多少強引なところはあると思うけど、ゲームである事を忘れていないのは好感が持てます。

テーマは「嘘」。嘘のすべてを盛り込んだ恐ろしい作品

今作で最大の特徴は「」になると思います。嘘って聞くとネガティブなイメージを持ってしまう方も多いと思いますが、一概に悪いとは言えないところがあるんですよね。

嘘も方便」ということわざがあるように時には嘘を付いてピンチから逃れなければならない事もあるのは確かで、本作の裁判パートでは時には嘘を利用しなければならなかったりします。

プレイヤーの行動手段に嘘が加わった事で選択肢が増えてしまい、正解を導き出すための難易度は高くなってしまいましたが、推理ゲームとしての奥を深くすることに成功しました!

実は嘘を付く事での裏ルートも存在するのだから、もう1周プレイしたくなってしまいます。

と、ここまで嘘について肯定的に語っていきましたが、本作は一般的な悪い嘘もふんだんに盛り込んでいるんですよね・・・

次回作のハードルが上がるどころか下がってしまう衝撃的なラスト

毎回、衝撃的過ぎるどんでん返しを行う「ダンガンロンパ」シリーズ。

今作でもひっくりひっくりひっくり返されて正解だと思っても実は間違い。と思いきや実は正解。いや、実は間違いだったという感じで2度、3度騙されること間違いなしで、その度に驚かされました。

お約束に囚われない作りになっているので、沢山のストーリー物に触れられている方ほど騙されやすいかもしれません。

主人公だから。良い奴だから。人気声優を使っているから。パッケージにデカデカと映し出されているからなんて先入観を持ってプレイするとビックリする展開が待っているかも!?

記事を読まれた方の中にはこの記事に貼ってあるスクリーンショットをネタバレに感じる人もいると思いますが、公式が許可している範囲までのスクリーンショットはむしろ、ミスリードになっているのでまだ未プレイの方を騙すため貼った方が良いと思っています。

でも、今回はやり過ぎてしまったのは否めません。プレイヤーを驚かせる事に頭が行き過ぎてしまったあまりどんでん返しのスケールがどんどん大きくなってしまい、取り返しのつかない事をしてしまった感があります。

ネタバレになるので具体的には書きませんが、次回作のハードルが上がるどころか下がってしまいました。そもそも、次回作は出ないかもしれない。そう思ってしまうようなオチです。

次の展開を見せた時点で本作のネタバレに繋がってくるので、100%楽しみたい方は次の展開が見えるまでやる事をおススメします。

スポンサーリンク

よくやったぞ!小高さん!ダンガンロンパスタッフ!

次回作のハードルが下がってしまったと書いたらネガティブに感じられそうですが、そんな事はありません!

1回しか使えない切り札を使ってしまったからこそ感じられる感情で、よくやれたなぁと思いました。

これをやってしまうことで様々な物が犠牲になるというのに、あえてそれをやる心意義を買いたいです。良い意味でシリーズを続ける気がないんだなぁと。

「ダンガンロンパ」も人気が高まり今ではスパイク・チュンソフトの看板タイトルなんだから尚更そう感じます。

おまけゲームが充実しているところからもシリーズを続ける気がない事が伺えました。

本編だけでも前作以上の大ボリュームだと言うのに、それに加えてクリア後にはいつものコミュニケーションゲームの他にすごろくゲーム、ダンジョンRPGを収録するって何を考えているんだよ!?

本来ならスピンオフタイトルとしてフルプライス販売しても良いというのに、それをやろうとせず1作品に全部ぶち込んでしまう。

このサービス精神、ラストのオチは商業主義ではなく、クリエイト主義だからこそ出来たことだと思うので中小企業のスパイク・チュンソフトだからこそ生み出せた作品に感じました。

絶対に賛否両論だと思いますが、変化球や刺激が大好きな僕はよくやったぞ!小高さん!ダンガンロンパスタッフ!と言いたいです。

肥大化して重苦しいのが最大の欠点

個人的に今作最大の欠点は肥大化し過ぎて重苦しい作品になった事です。

「ダンガンロンパ」ってハイスピード推理アクションゲームでテンポの良さが1つのウリだと思っていたんですが、今作は肥大化し過ぎてその良さを打ち消していました。

全体的に1つ1つの章が長い!特に裁判パートは前作よりもさらに長くなってしまい、スムーズに進められても2時間はかかってしまうほどのボリュームだったりします。

その中には意味のない議論で時間を稼いでいたりするのだから、蛇足に感じてしまうところがあります。

さらにテンポを悪くしているのが裁判パートで挿入されるドライブゲームの「ブレインドライブ」。

裁判パートにドライブゲームを盛り込むその遊び心は買いたいんですが、クリアまでに最短でも5分はかかってしまい、冗長に感じてしまいました。いくらでも短縮することは出来たと思うのでここでテンポを悪くして勿体ない。

ゲームって足し算で何でも付け足せば良いってもんじゃないんですよね。今作はとにかく何でもぶっこんでいるところがあって、その結果、過去作品よりもスマートさに欠けていたと思います。

いつもよりも退屈に感じる時間が長かったので、そこが個人的に一番気になったところですね。

全体のまとめ

ちょっと贅肉が目立っているところはありますが、ストーリーに関しては前作をさらに上回る衝撃が詰まっていました。

これはそこらのクリエイターが作れる代物ではなく、狂いに狂った小高さん、ダンガンロンパスタッフしか作れないものです。

良い悪いは置いといて、この衝撃を少しでも多くの人に味わってもらいたい!特に「ダンガンロンパ」シリーズを過去にプレイしている方はやって損はありません。いや、あるかも。

看板タイトルまで育ったのに自らぶち壊す衝撃作!次回作のハードルは確実に下がりました!

こんな人には特におススメ。
・どんでん返し好き。
・推理物好き。
・王道に飽きた人。

こんな人にはおススメできない。
・怖いものが苦手な人。
・王道好き。

ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期/お気に入り度【90/100%】
プレイした時間・・・約35時間

 

A52

タグ ,

おすすめ記事

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

コメント広場の住人(33)

  1. ウユニ より:

    なるほどこういう評価に落ち着いたか。
    まぁ良くも悪くも尖りきった作品ですよねw
    ネタバレ触れずに感想書けない笑

    ゲーム部分を語ると偽証とスクラム、パニック議論はどれも良かった!
    テンポ阻害してる感もなかったし。
    ブラインドライブは短縮スキルつけてたけどそれでも長かったなぁ。
    とは言え前作のブレインダイブ?も似たようなもんだったしなぁ。
    個人的には理論武装のタイミングが分かりにくすぎた。

    ストーリーはよくこんな劇物持って来たと思った笑
    個人的には2の6章評価してないからそれよりは良かったと思いました。
    ミステリ好きとしてはトータルの完成度は過去作トップだと思います。
    続きはネタバレ全開のラジオで笑

    • kentworld より:

      これは本当に評価が分かれる作品だと思いますので、
      ゲームレビューをするブロガーの数ほど意見が存在するといっても良さそう。
      ネタバレ避けて頑張って書きましたが、大丈夫かな?

      今作のミニゲームは1以上2以下が個人的な感想でした。
      まあ、どの作品もミニゲームは特別楽しい!って訳では無く、味付け程度だと思っているんですけどね。
      リズムゲームは大苦戦しましたw

      ストーリーは自殺行為でもあるのでその度胸は買いたいです!
      感情的になってしまうのも分かりますが、客観評価を加えると高くなりますね。

  2. 伯爵 より:

    お、賭けに勝ったでー
    実はウユニさんと、kentさんが★10をつけるかどうかで議論スクラムしてたんですよ。
    え?★10じゃない方が確率的に分がありそうって?(^p^)

    今回は私は★つけるなら8ですかねー。
    5章までは文句無しの★10、むしろ歴代最高と言っていいくらいだったんですが6章でやられましたw
    まあ詳しくはこの場で語るのではなく、リアル議論スクラムするために後にとっときますよ。

    ブレインドライブは確かに冗長でしたねー。裁判自体の長さは問題なくて、個人的にはもう少し長くてもいいかな?と感じました。
    クリア後のおまけ見ててもそうですが、ここのスタッフは本当に色々詰め込みますよねw
    裁判のミニゲームといい、面白そうなやつとりあえず全部入れたろ!という気概を感じます。
    新システムの偽証は個人的に好きで、特に1章の裏ルートはそっちの方がキャラの心情とかも深堀り出来ててストーリー的によく出来てるんじゃないかと思いましたね。

    • kentworld より:

      そんな賭けをやっていたのか!?
      まあ、人がどんな評価を付けるのか予想をするのも楽しいですよね。

      さすがの伯爵さんもあのオチはダメだったか!?
      でも、星1とかにならないところはちゃんとトータルで評価する人なんだなと改めて感じました。

      ブレインドライブ、実はフリーズしてやりなおしてしまった事があるんですよ(^_^;)
      裁判パート、3時間くらい進めたのに最初からやりなおしってw
      それもあってテンポ悪く感じたのかも。

      ダンガンロンパは人気シリーズでドル箱化しているのに、
      あえて作品数を重ねないよう作られているから好感が持てます。

  3. koji より:

    5章まではシリーズ最高の出来でしたが、6章で全て台無しになってしまったのが残念。自分、これ系のネタは大嫌いなんですよ(;´д`)
    評価するなら、10段階評価で6といったところです。
    次回作があるならやりますが、プレイ中にテンションを保てるか不安w

    • kentworld より:

      あらら・・・めちゃくちゃ下がりましたねw
      僕はこんな評価になってしまいましたが、
      次回作が出てもローテンションでやってしまいそうです(^_^;)

  4. kentworld より:

    ※これ以降のコメントは1月23日の夜に返信します。

  5. 黒詩★紅月 より:

    『蒼き革命のヴァルキュリア』を専攻にやってます
    『ニューダンガンロンパV3』と『グラビティデイズ2』はまだ触った程度だけです
    積みゲー必至!w

    『ニューダンガンロンパV3』はどうなるだろうな
    実は『ダンガンロンパ3』だ!の流れならうれしいですけどw

    昨日負傷しちまって、人生初めて救急車を乗りました
    傷に11針で縫合しました
    体も色々ところ痛いだけど、夜に『仁王』体験版をクリアする悲願を出来ましたw
    死にゲー大嫌いです(褒め)
    そういえば、装備の落ちる演出は『ディアブロIII』と似てますね
    死にゲー+ハクスラゲームになっちゃいます?
    『ディアブロIII』みたいなゲームを一作プレイしてみたいが、買うのが迷ってます

    • kentworld より:

      ニューダンガンロンパV3、紅月ちゃんはどんな感想になるのかなぁ。
      個人的な予想は「否」寄りって事にしておきます!w
      でも、最後までやってくださいね!絶対だよ?

      仁王の体験版はやる時間がなかった。
      って大丈夫か!?大けがじゃないですか!?何をやったんだよ!?
      そんな中でもしっかりとゲームを楽しんでいるから凄い。しかも仁王ってw

  6. yy より:

    今一章終わったところです
    もう既に衝撃展開になってるいると思うのですが…
    どこで聞いても6章が色々凄いことになってるらしいのでそこまで行くのが楽しみです
    幸いまだネタバレは踏んでませんw

    • kentworld より:

      ネタバレ踏んだらやる気なくなると思います!w
      明日の7時に公開する記事は絶対にクリア後読んでくださいねー!お願いします。

  7. 代々 より:

    プレイ中は「ダンガンロンパ3おもすれー」的な発言をTwitterでしてたんですが、クリア後には「ダンガンロンパV3クリア……」と言うようになってました……
    これぐらいならギリギリセーフですかねw

    個人的には終盤で評価が上がったクチです。
    最終章の絶望感は過去最高で、「これどう着地すんの!?」の連発で大変良かったです。
    そこからの決着も過去に積み上げてきた物を最大限活用した意外性のあるもので良かった……
    おかげで世界観一新をアピールしていたのに新規に勧めづらいという微妙なポジションになってしまいましたがw

    恐らく一番拒否反応が出ているであろうオチの一部を序盤のシーンで察してしまったのはやや残念。
    その後数十時間に渡る物語描写ですっかり忘れていたものの、明かされた時にはやっぱりかーと思ってしまったので。
    後はボリュームですね。長すぎィ!
    例えばチャプター5は一気にプレイしたのですが、夜8時にスタートして翌朝の5時半までかかりました……
    ボイスを飛ばせばもう少し縮まるとはいえ、やり過ぎかもなあと。

    ネタバレに配慮して書いたつもりですが、もう辛くて辛くてしょうがないです。
    知り合いじゃなくてもいいから誰かとネタバレ気にせず語りあいたい!
    特にSFなんかに詳しい人の考察や解説を聞きたいなーと思いました。
    ネタバレ全開ラジオやるんですか!やったぜ!
    コメント欄に書き込むのが今から楽しみなので熱が残っているうちに公開してほしいです。

    • kentworld より:

      大丈夫ですよ~。
      代々さんは肯定派でしたか。意外性という意味では本当に良かったですよね。

      新規にはおススメ出来ない作品かな。過去作品をやる気にはならなくなるでしょうし。

      個人的にも読めたところはあったけど、どんでん返しされまくってしまい、予想がブレブレしてしまいました。

      ラジオは明日の7時公開します!コメント欄でネタバレ思いっきりぶち込んで構いませんからね!

  8. トモフミ より:

    今巷で賛否両論の「ダンロンV3」ですが、オチに関して私の場合、納得いくものがありました。ネタバレは厳禁だと思うので控えますが、今までの「ダンロン」シリーズの場合、腑に落ちない点が特に「1」のラストあたりであったので今作でなるほどとなりました。あと途中、主人公とは?となりますよね。ちょっとあそこは(´・ω・)となりました。今回、「V3」もとある秘密が隠されているのもあって確かに続編は容易に想像し難いですね。なんなら出せるものなら出してみろって感じです(笑)新年早々とても面白いストーリーに巡り会えたと思いました(^^)

    • kentworld より:

      続編、出せるのかな?

      ファンも冷めている事ですし、個人的には全くの新規タイトルに期待しています。

      これが新年一発目の購入タイトルってのも凄いなぁ。のっけから驚かされましたもん。
      ストーリー物でこれ以上意外性のあるタイトルに出会えるのかどうか。

  9. ss より:

    自分は裁判パートが長すぎて違うゲームに途中退席中ですw
    やはり今回はマンネリ化を防ぐ為か裁判パートも本編も長いですよね・・・
    アクション要素も割と濃い裁判パートなので緊張が2時間とか続くと疲れてしまうんですよね;
    個人的には裁判パートの短縮はもちろん本編も15時間~20時間くらいでまとめてくれたほうがアクションADVはやり易いですね(‘ω’)

    • kentworld より:

      そうですね、僕も肥大化し過ぎている気がしました。
      だから、新規タイトルでリセットするのも大切な気がしますねー。

  10. Ryou より:

    こういったシナリオとかで評価されてるシリーズって
    最大のライバルは競合作品とかではなく自分自身
    言うなればシリーズの過去作品同士になりますからね。

    今回は結末でなんやかんや言われてはいるようですが、
    小高さんが発売前にtwitterで意味深なツイートしてたので、
    多少の批判は想定してたのかもですね。
    https://twitter.com/kazkodaka/status/818341807343878144

    • kentworld より:

      最大のライバルは過去の自分と思っている僕は同意出来ます。

      小高さんは確信犯でしょう。ユーザー評価も含めて狙っていそう。恐ろしい人ですよーw

      ちなみにRyouさんがシリーズ通じてプレイして今作の結末知ったら絶対怒ると思っています!w

  11. シロマ より:

    テーマの「嘘」に偽りなしのゲームでしたね。
    ネタバレ含む感想はラジオの方でしますが、
    ゲームシステムは議論スクラムは仲間と共闘してる感じがして良かったのとあえて嘘をついて有利に議論を進める偽証が面白かった。
    賛否両論あるストーリーのオチに関しては結末がどうなるか予想がつかなかったので前作、前々作同様非常に楽しめました。
    欠点は理論武装が完全に音ゲーなって長いし判定がよく分からなくてミスを連発しやすいかったから、難易度イジワルではプレイしたいとは思わなかったです。
    新年早々、傑作をプレイ出来て良かったです。

    • kentworld より:

      嘘をここまで徹底的に盛り込んでくるとは思いませんでした。
      ネタバレラジオは明日、公開予定ですよー!
      シロマさんは肯定派なんですね。
      メタルギアVも絶賛していたし、そうだと思っていましたよ!
      音ゲーは微妙でしたね。意地悪でプレイしたらストレス溜まりそうw

  12. ななし より:

    本当に面白かった。1,2って終盤で主人公が覚醒して乗り越える印象が強かったんですけど、今回はそれ以上に色んなキャラの想いが絡み合って結論をだしたのが感動した。
    このストーリーはダンガンロンパでしか出来ないと思う。

    • kentworld より:

      このゲームも楽しまれたんですね!
      ななしさんは当たりゲーム続きじゃないですか!
      ええ、ダンガンロンパでしか出来ないストーリーでした。

      • ななし より:

        面白い要素には自分でとことん食いつくんで外れを引くことがほとんどないです。
        でもV3は特に面白かった。今回は好きなキャラが多すぎる。

  13. shiba より:

    5章までは本当に面白かったです!5章までは…っ!
    相変わらず個性抜群で魅力的なキャラクター達と、予想を裏切り期待を裏切らないシナリオ。裁判パートも偽証や議論スクラムなどの新システムやミニゲームで退屈せずに楽しめました。唯一、理論武装だけは苦手で最後まで慣れませんでしたが(^-^;

    6章は…個人的にはシリーズものの作品で最もやって欲しくなかったネタですねー
    悪い意味で製作者の想いがひしひしと伝わってきてしまいました。

    日を置いて冷静になったつもりでしたが、文章にすると思い出してしまってやっぱつれぇわ…
    あ、キーボ君の声、プロンプトでしたねw

    • kentworld より:

      6章はダメだった派ですか・・・
      本当にあそこでこのゲームの印象がまっふたつに分かれてしまいますよね。

      キーボはプロンプトと同じ声優さんで良い声しているなーと思いましたが、
      また違ったタイプの役&喋り方でプレイ中はプロンプトが頭に浮かびませんでした。さすがプロだ。

  14. ☆☆☆☆ より:

    一回しか使えない切り札…どころか場にあるカードも山札も、ついでにプレイヤーも全部まとめて燃やしたような展開でしたね…
    大きな不満点は理論武装の判定が最後まで掴めなかったことですかね、ビート天国さまさまです

    • kentworld より:

      そうなんですよ。自殺行為ですよね!w
      リズムゲームは大苦戦しました。スキルを使っておくべきだったなぁ。

    • ☆☆☆☆ より:

      クライマックスの理論武装で話の展開にはノれたのにリズムにノれなくてケチがついてしまった人もいるんじゃないかな…
      VITA版を選ばれたkentさんでも苦戦されたなら、調整不足は確実でしょうし実に勿体無い
      その点、調整の甘さを察して対策をとり最終局面も楽しめた自分は実に”幸運”だったなと
      映像・音・判定・入力の全てをフレーム単位であわせるのが音ゲーのキモなんですから、安易(では無いんでしょうが)に手を出すべきじゃなかったです

      それはそうと、アマゾンレビューなんかは見事に意見対立してさながら議論スクラムみたいになってますねw

      • kentworld より:

        今回はミニゲームの調整が少し甘く感じました。あのリズムゲームはダメでしたね~

        全体的に人を選ぶ作りなのは間違いないので、楽しめたのは幸運でしょう!

        Amazonレビューはリアル議論スクラムで、これも小高さんの計画なのかと勘ぐってますw

  15. yosi より:

    完全クリアしました!コメント欄は誰でも読めるものなのでネタバレは避けつつ書きます。で、オチはすごかったです。ダンガンロンパスタッフは毎回「次回作のことは考えず今の作品に全力を尽くす!」という心意気の結果と思ってるので僕は高評価です。そして、肥大化についてはケントさんと同じ意見です。結局50時間くらいかかってるし、楽しいゲームで満足なんですが、全力でいろいろぶち込みすぎではあると思います。裁判の難易度も上がってるもの気になってますが、まあこれは選べますのでまだいいかも。そして、今作はお気に入りの章は多いですが、5章のひっくり返りの果ての真相は一番好きですね。

    • kentworld より:

      おお!クリアされましたか!
      凄いオチだったので、これは感想を共有したくなりますよね~。
      感想は大体同じような感じか。
      僕もクリエイターの心意気を高く買いたいと思っています。
      スパチュンは他に有力なコンテンツがほとんどないのに自らぶち壊してくるとはね。

      肥大化しているので、そう言う意味でもリセットしても良いと思いました。
      ダンガンロンパスタッフの新作を楽しみにしています!

      5章は前作に続いて凄かったですね。最後までどっちに転ぶのか予想出来ませんでした。

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

関連記事

ハコボーイ!【レビュー・評価】欠点らしい欠点はないパズルアクションの優等生
コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェア【レビュー・評価】FPSの歴史を変えてしまった偉大なゲーム
ゴーストリコン ワイルドランズ【レビュー・評価】堅実な作りのオープンワールド型共闘ゲーム
Halo 5: Guardians【レビュー・評価】色々変わって進化しても破綻のない良質なFPS!
新・光神話 パルテナの鏡【レビュー・評価】3DSだからこそ生まれた気配りが行き届いた傑作!
インファマス セカンド サン【レビュー・評価】PS4の可能性を感じるオープンワールドアクション
バイオハザード リべレーションズ2【レビュー・評価】劣化点もあるが、今回も懐かしさと新しさが入り混じった良作
巨人のドシン(GC)【レビュー・評価】これはドシンじゃない!
Everybody’s Gone to the Rapture -幸福な消失-【レビュー・評価】コンセプトは良いが、プレイヤーに物語を楽しませるための導線が弱すぎる
かまいたちの夜 輪廻彩声【レビュー・評価】キャラ絵&ボイスは入り口として良いが、ホラー色が薄れている印象も?