2016/11/04/7:00 | ゲームレビュー

くるくるくるりん【レビュー・評価】まさに回転するイライラ棒!

55
くるくるくるりん/GBA
2001年3月に発売されたGBA「くるくるくるりん」を今回はレビューします。GBA「くるくるくるりん」は回転する棒を壁に当てないように進めていくアクションゲームです。

良いところ

壁に当たらないようにする緊張感

287

このゲームのルールは非常にシンプル!回転する棒を壁に当たらないようにゴールまで操作する事です!壁に当たらないよう細い道を通って行く緊張感はあの「電流イライラ棒」そのもので、まさに針の穴に糸を通すかのような緊張感のあるゲームとして楽しむ事が出来ます。

最初の方はそこまで難しくありませんが、後半になって来ると細い道が続出して、さらにはステージの全長が長くなり、チェックポイントが3つもあったりするので、本当に「電流イライラ棒」のような楽しさがあると思いました。

回転を活かしたコース設計

288

本作と「電流イライラ棒」で最も異なる点。それは、棒が回転するかしないかです!本作の場合は常に棒が回転するため、「電流イライラ棒」よりも慎重さが求められます。それで面白いのが、各ステージの作りが棒の回転に合わせて作られているところ。

例えば棒が時計回りに回転しているエリアでは時計回りをするかのようなカーブで作られていて、逆に棒が反時計回りに回転しているエリアでは反時計回りをするかのようなカーブで作られているので、「よく計算して作られているんだな!」と思いました。

ちなみに棒が回転する向きはステージ上に設置されているバネに触れる事で変化するようになっているので、プレイヤーがカーブに合わせて回転する向きを変更する必要が出てくる場面もあります。

収集要素などの付加価値

289

各ステージには、様々な収集アイテムが隠されています。入手する事で棒のデザインや形を変えたりする事が出来るので、付加価値としては良いなと思いました。収集アイテムは大抵取りにくいところに隠されているので、クリアするだけの場合は集める余裕が無いと思いますが。

可愛い世界観

290

ストイックなゲーム内容とは対照的に、キャラクターはかなり可愛いです。登場キャラクターは低年齢層に向けたような鳥たちですからね。世界観もメルヘンで可愛く、この辺りは割と女性に向けて作られていると思いました。

テンポが良い

291

ゲームボーイアドバンスソフトと言う事でテンポは非常によく、ステージの切り替えやメニューからゲームスタートまでの待ち時間はほぼありません。「ちょうせん」モードでは短いステージを攻略していく事になりますが、全体のテンポの良さと相まってつい連続でプレイしてしまいがちです。

スポンサーリンク

個人的に合わない&気になったところ

もう少しステージにギミックが欲しい

用意されているステージは80種類以上と、文句のない数です。しかし、ギミックは少なめの印象で、バネを使って棒が回転する向きを変更してばかりでした。もう少し大砲のようなギミックを増やして欲しかった。背景が多彩なのは良かったんですけどね。

パッケージタイトルにしてはシンプル

292

難易度はかなり高めの作品ですが、全体的にシンプル過ぎて、カジュアルゲームの印象です。ストーリーも非常に簡素なので気軽に楽しめますが、2001年のパッケージタイトルにしてはシンプルなのは否めません。やり込む事で10時間は遊べると思いますが、人によっては物足りなさを感じるかも。

全体のまとめ

まさに回転するイライラ棒と言った感じのゲーム。非常にシンプルな作りの作品ですが、その分とっつきは良く、気軽に楽しむ事が出来ると思います。大作ゲームの息抜きにおススメ。最後の方はストイック過ぎてイライラするかもしれませんがw

こんな人には特におススメ。
・死んで覚えるゲームが好きな人。
・イライラ棒好き。

こんな人にはおススメできない。
・短気な人。

くるくるくるりん/お気に入り度【60/100%】
プレイした時間・・・約5時間
※当ブログでこれまでにレビューしたタイトルの一覧はこちら をご覧下さい。

 

A52

タグ ,
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

コメント広場の住人(18)

  1. y.crash より:

    イライラ棒懐かしいですね。
    この作品はしかも回転するんですか、かなり難易度は高そうw
    死に覚えゲーは嫌いじゃないですけどね、やはり短気なのでw

    イライラ棒って何気に凄い発想ですよね。
    一見単純ですけどクリアする人はかなり少ないですからね。
    イライラ棒が番組になるのも無理はなかったくらいに。
    よく考えたらイライラ棒ってテレビ発なんですよね?
    テレビ朝日はなんてものをwww

    • kentworld より:

      回転要素は難易度あげてますが、体力の概念があるからそこで緩まっています。

      イライラ棒は当時流行っていて、いろんなおもちゃが出ていました。僕も買ってましたよ。テレビを見ていたら気分を味わいたくなってね~

  2. トモフミ より:

    これ昔、中古で100円だったので買ったことあります(笑)序盤は思ってたよりも難易度は低いですよね。でも確かに100円の価値とは言いませんが、フルプライスの場合は高いと思いました。

    • kentworld より:

      100円で売っているところは僕も見かけました。くるくるくるりんは出回っている本数多いですもんね。今だったらダウンロード専売で売り出しそうなゲームなので、5000円は当時でも高く感じます。

  3. 黒詩★紅月 より:

    「カートリッジ1人でみんな一緒にプレイできるよ!」のコンセプトは懐かしいです
    実際にやったことがなかったけど、PSPとDSならではのアイデアでした

    「電流イライラ棒」は面白い日本語ですね
    やってる人は「どきどき」、見てる人は「にやにや」と思うけどw
    台湾は「電流急急棒」と読んでます
    焦っちゃうから、急ぎたくなる意味かも

    DSに良いゲームだねと!GBAでしたか!w
    ボタンでイライラ棒をやるのはさすがに難しいですな
    指がなおさら…ホタル…にっき…頭が…

    • kentworld より:

      一つのカートリッジで遊べることで少し敷居が下がりましたよね。

      電流イライラ棒は、実際にはイライラよりも別の感情が出てきますよね。何回もミスをしてやり直す場合はイライラするけど。

      イライラ棒はDSやWii向けのゲームだと思います。

  4. シロマ より:

    タイムアタック的なやり込み要素もあるんですね。

  5. 伯爵 より:

    当時CMとかかなりやってて結構プッシュされてた作品な覚えがあります。
    結局プレイはしなかったですが、イライラ棒が好きだったので気になる作品ではありましたね。
    というか、伝説のスタフィーとか黄金の太陽とかトマトアドベンチャーとかFEとか、GBAの頃のCMは今でも覚えてるものが多いですね~(単純に当時テレ東をよく見てたというだけの話かもしれませんが)

    • kentworld より:

      GBAのロンチのCMは大量にオンエアされていましたもんね!そのなかでもくるくるくるりんは新規タイトルで目立っていました。

      GBAのTVCMは歌ものが印象的ですねw
      テレビ東京をつけているとしょっちゅう耳にします。
      学校行く前とか毎朝のように聞いてましたね~!

  6. むぐお より:

    なつかしいなーこのゲーム
    後半難しく投げ出してしまいました
    俺はゲームでムキになるタイプなのでこーゆーのはだめでしたねw
    最近はなつかしい系のをだしてきますね!
    デッドストック記事でしょうか?

    • kentworld より:

      デッドストック!?

      まさにその通りですw
      11月の7時公開枠はなつかしゲームが満載ですぞ!

      このゲームも最後はムキになる作りでしたね。昔のゲームってこんなのばっかり。

  7. グレイ より:

    GBA初期のこじんまりとした良作ですね。今年の1月終わり~2月終わりごろにプレイしてました。アイテム全回収まではやり込みましたが、裏ステージ突入は自分のゲーム力では無理だった苦い思い出がありますな。本当に難しいです。このゲーム。敷居の低さとこのコアな難易度の高さは中々のものです。

    くるりんシリーズだとこれとパラダイスは間違いなく持っているのですが、スカッシュだけ無くしたかそもそも買っていない記憶がありますね。良作なのは間違いないのですが、ちょっと衝撃が強すぎたのでまだパラダイスの方はプレイ出来てないですww この辺の調整はエイティングって感じですねー

    • kentworld より:

      今年の初期にやり込んでましたか!?
      このご時世に素晴らしいですw

      イライラ棒の良いところを上手く取り入れていますね。
      シンプルだけど、突き進めて行くと難しい。

      イライラ棒が流行ったのも分かります。

      くるくんシリーズはまたレビューします。このシリーズは確実にパワーアップしていきましたよ。

  8. ヨウタイガ より:

    イライラ棒、懐かしいですね。よくテレビで見ていました。
    ゲームとしてはシンプルで敷居が低そうなので、今でもダウンロードソフトとかで出したらおもしろそうでふね。

    • kentworld より:

      今、任天堂ハードに特化して出したら面白くなると思います。せっかく3作続けて出したのに終わらせてもったいない。

  9. チキ より:

    このゲームは子供の頃にCMを見た覚えがあります。
    シンプルだけど、凄く面白そうですね。バーチャルコンソールになってるし、いつかやってみたいなぁ。
    それにしても斜めの狭い通路を十字キーで移動するのは難しそうですね。
    上下左右に動かして慎重に移動する感じかな?

    • kentworld より:

      TVCMは大量オンエアされていましたよね!そのためかそこそこ売れました。20万本くらい。
      Wii Uだとスティックが使えるので楽かも!?

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

関連記事

零~濡鴉ノ巫子~【レビュー・評価】素材は良いけど、料理の仕方がイマイチ
Undertale(アンダーテール)【レビュー・評価】ゲームに詳しい人がニヤリとするアンチテーゼの塊
リズム天国ゴールド【レビュー・評価】コツを掴めば最強の麻薬ゲーム
シュタインズ・ゲート 比翼恋理のだーりん【レビュー・評価】現代のオタク文化を絡めたギャグコメディが好きなら!
バイナリー ドメイン【レビュー・評価】普通に良く出来たなんちゃって海外ゲーム
リトルビッグプラネット【レビュー・評価】クリエイトゲー、パーティゲーとしておススメ!
スーパーマリオサンシャイン【レビュー・評価】コンテンツは少ないが、シリーズ史上最高の遊び場!
スーパーマリオ ヨッシーアイランド【レビュー・評価】スーファミ後期だからこそ生まれた名作2Dアクション!
パタポン3【レビュー・評価】バランスは極端だが中毒性すっげ!
パンドラの塔 君のもとへ帰るまで【レビュー・評価】ギャルゲーとゼルダ要素を上手く融合した良作!