2017/05/10/7:00 | ゲームレビュー

エストポリス【レビュー・評価】大味で大雑把な作りの謎解きアクションRPG

372f23eb.jpg
エストポリス/DS

2010年2月に発売されたDS「エストポリス」を今回はレビューします。

DS「エストポリス」は1995年にスーパーファミコンで発売された「エストポリス伝記II」をベースにオリジナルスタッフが再構築した完全新作のアクションRPGです。
※注意!管理人はこのレビューを書いた時点ではオリジナル版は未プレイです。

良いところ

パズル要素が強いダンジョン

本作で一番良かったのが、パズル要素が強いダンジョンです。

本作のダンジョンにはブロックを押したり引いたりして謎を解くようなギミックが数多く存在し、全体的にパズル要素が強い構造になっています。

こうして書いてみると「ゼルダの伝説」を思い出す方も多いと思いますが、本作の場合は複数のキャラクターと一緒にダンジョンを潜り、各キャラクターが持っている専用の能力を使い分けながらダンジョンの奥に進む事になるので、また違った魅力を持っていると思いました。

やっぱりダンジョンにはギミックが沢山あった方が充実感があって良いね!

随所にちりばめられたギャグ要素

ストーリーは全体的にギャグが多く感じられました。ノリ的には少年漫画風

時にはギャグ要素によってシリアスな雰囲気がぶち壊しになるシーンも散見されましたが、この要素によって各キャラクターに愛着がわいたのも事実なので、どちらかと言うとギャグが多いのは良かったと思います。

ストーリー自体は昔のゲームをベースにしている事もあって若干唐突な部分もありましたが、その分テンポ良くゲームをプレイ出来たので良くもあり、悪くもありと言った所かな。

キャラクターデザインもスタイリッシュでお気に入り。

PS2「アンリミテッド:サガ」の方が手掛けているようですが、良い感じにスクウェア・エニックスのゲームっぽくなっていました。

オリジナル版からデザインが大きく変わっているキャラクターがいるので、オールドファンにとっては賛否両論かもしれませんけどね。

作品単体で見たらなかなか良いデザインだと思います。

懐かしさを感じられるBGM

BGMは素晴らしかった!

本作のBGMはオリジナル版の物をそのまま使っている事もあって、SFC黄金時代を感じさせるクオリティの高い物になっています。

SFC時代のBGMは同時発音数がさほど多く無い事もあってメロディ自体が耳に残り易く、本当に名曲が多いですね。

やり込み度が高い「いにしえの洞窟」

やり込み要素として「いにしえの洞窟」というものが存在します。

こちらは入る度に地形が変わり、レベル1からの挑戦となる「不思議のダンジョン」を思い出すダンジョンになっていました!

地形が変わると言っても大したギミックが登場しないので若干単調な面もありますが、最下層に辿り着くまでには非常に時間がかかるので、やり込み好きにはたまらないダンジョンだと思います。

ちなみにやり込み要素はこの他にも2周目プレイなどいくつか存在するので、すべてを極めようと思ったらそれなりに長く遊べると思います。

スポンサーリンク

個人的に合わない&気になったところ

大雑把な作りの戦闘システム

戦闘は大雑把に感じました。

本作の戦闘システムはシームレスのリアルタイムアクションなんですが、ローポリゴンで描かれた敵のモーションが安っぽくてゴリ押しが通じてしまうんですよ。

魔石とかタレントスキルなどの細かいシステムがいくつかありましたが、これらは大雑把な作りの戦闘システムを搭載した本作にはあまり必要が無かった気がします。

ゲームバランス自体はレベルアップして再スタートできる「レベルブレイク」を搭載している事もあって何とかなっていますが、このシステムの採用自体ちょっと乱暴な印象も。

かゆい所に手が届かない各システム

リメイク作の割にシステムは痒い所に手が届いていません。

ダンジョンでパズルが解けなくなってしまったら「リセト」という装置を使って時間を戻す事が出来ますが、場所によってはかなり前に戻されてしまって萎えてしまう事がありました。

あと、「いにしえの洞窟」に入ったら魔石ボードに設置した魔石がリセットされてしまうのも何とかしてほしかった。

見栄えの悪い3Dグラフィック

3Dモデルは見栄えが悪く感じました。

3Dモデル自体はDSにしては頑張っていると思いますが、それでもやっぱり粗さを感じられるし、3Dにしてしまった事で処理落ちも見られるのでやっぱり2Dで出して欲しかった。

随所で感じられる違和感

違和感を持ってしまう事が随所でありました。

ガタガタ音がならないトロッコ。ついさっきまで別の場所にいたのにダンジョンに潜ったらなぜか先回りしているキャラクター等など。せめてトロッコの音は鳴らして欲しかった。

あるダンジョンではトロッコに乗って障害物を避けつつ敵を追いかけて行くシーンがあったけど、ガタガタが鳴らないので何か虚しくなってきました。

街の作り込み

RPGと言えば街!ですが、本作の街は作り込みが足りません。

3Dポリゴンで丁寧に作られた街では一見するといろんな事が出来そうですが、実際にはお店で買い物が出来るくらいでサブイベントなどはほとんど無く、スッカスカの印象です。

アクションRPGなんだから屋根の上に登ってアイテムを探せるなどの遊び心が欲しかった。

マップの数が少ないのも不満。特に終盤は一度行った事のあるマップに何度も足を運ぶ事になるのでお使いをしている感がめちゃくちゃありました。

ワールドマップから行き先を指定して移動する形式じゃなかったらキレているレベル。

全体のまとめ

スーパーファミコンの名作をベースにしている事もあって良い点は沢山あるのですが、全体的には大味な印象

ボリュームもそこまで多くないし、これで5,980円はちょっと割高な気がします。

大味で大雑把な作りの謎解きアクションRPG。

こんな人には特におススメ。
・ゼルダの伝説シリーズが好きな人。
・SFC時代のRPGが好きな人。

こんな人にはおススメできない。
・原作に思い入れのある人。

エストポリス/お気に入り度 ★★★★★☆☆☆☆☆ 星5つ
プレイした時間・・・約15時間

※何か分からないゲーム用語を見かけたらこちら をご覧ください。

↓人気ブログランキングに参加中!
1日1クリックしてくれると「M☆G☆M+etc…」の順位がアップします!

↓Twitterで更新通知をしています。
Twitterやっている人はフォローよろしくお願いします。

A52

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

内容をご確認の上、送信してください(当ブログのコメント欄は承認制を採用しています)。荒らしや誹謗中傷コメントは全てログを取っており、法的な措置を取らせて頂きます。

この記事の反響(10)

  1. 思ってることをまんま書いてくれた気がするw
    全体的に大雑把でしたね。★5は納得できる評価です。
    戦闘システムは個人的にはわりと好きでした。連打でコンボが繋がるしチャージアタック、ウェーブアーツと結構攻撃の種類は豊富でしたからね。
    5980円は個人的にも割高な印象。2980円くらいなら妥当かな・・・と。
    自分はほぼフルプライスで買ってしまいましたが(笑)、後悔はしてません。なんだかんだで割と面白かったので。もうちょっと煮詰めてくれればいいゲームになりそうなんで、続編がでたら買うと思いますが・・・売上は悪かったですしこれで終わりそうですよね(・ω・`*)
    最近マリギャラ2があのクオリティであの値段だったんで、どのゲームも割高に見えてきてしまいました(笑)。DVDまでついてたのが大きいかも・・・。
    そういえばサントラはきました?
    凄い豪華でしたよ~!

  2. kentworld より:

    >リベンジャーさん
    え?本当ですか?だったら良かったです。
    オリジナル版が名作と言われているので、
    かなり余計な事をしたんだろうなーと思いながらプレイしていましたw
    戦闘は個人的にはオリジナル版と同じ
    オーソドックスなコマンドバトルにした方が良かったと思う。
    明らかに足場の悪い場所で戦闘をするようなこともあったし・・・。
    僕は1,980円で買いました(笑)
    この値段でやっと価格相応かな。
    続編はどうなるんでしょうかね?
    確かに売上が悪かったので心配です。
    いや、そもそも今回エストポリスの新作が
    発売されること自体凄い事何ですけどね。
    もう何十年も新作が発売されて来ませんでしたから。
    マリギャラ2のサントラは届きました。
    近いうちに軽く記事で触れてみる予定です。

  3. >kentworldさん
    多分自分はRPGだったら買いませんでしたw
    ゼルダっぽい謎解きがやりたかったので・・・。
    なんか自分の場合「ゼルダっぽいゲーム」って言葉に結構釣られちゃうんですよ(笑)。ゼルダ大好きなもの同士ならわかるはず(笑)!FFCCEoTとか・・・。やったことあります?
    まあファンにとってはやはりRPGのままリメイクして欲しいと思ってたと思いますが・・・。
    ちなみに自分のにはドラマCDがついてました。結局聞いてないんですが、せっかくなんで聞いてみようかなあ。

  4. アリム より:

    スーパーファミコン版は友達の家で少しやりました。
    確かスパロボKはこのゲームの曲を盗作したんですよね(笑)

  5. kentworld より:

    >リベンジャーさん
    いや、あくまで戦闘がオーソドックスなコマンド式から
    リアルタイムアクションに変わっただけで、
    オリジナル版のダンジョンもパズル要素が強かったみたいですよ。
    なので、ゼルダっぽい謎解きはオリジナル版でも楽しめます。
    黄金の太陽もそうですが、
    ゼルダのような謎解きが楽しめる
    戦闘がオーソドックスなRPGって結構あるんですよ。
    僕はそう言う作品ばかりをやっているからドラクエが物足りなく感じるんですよねぇ。
    ドラマCD持っているんだ。
    だったら聴くしかありません!
    定価近くで買ったんですからね!w
    現在価格が大暴落中のゼルダ大地を
    発売日に買って損したと思わないのは、
    豪華な特典が付いてきたからです。

  6. kentworld より:

    >アリムさん
    そう言えばそうでしたね。
    未だにスパロボK 盗作でこのブログに来る人が多いですw

  7. 伯爵 より:

    原作に思い入れある人には向かないというのは間違いない笑
    今まで色々ゲームやりましたが、★10の中でも非の打ち所の無い100点って自分の中でエストポリス伝記Ⅱと、カルドセプトセカンドエキスパンションくらいだと思います。
    今作から入れば、「まあ遊べんくはないかな?」という感じかと思いますが、原作好きには中々辛いものがありました。
    発売日に買ったので、サントラがついてきたのはまあ良かったかな。

    • kentworld より:

      このゲームが生涯1位と聞いた時は驚きました!
      確かに名作と言われていますが、僕はDS版の悪いイメージも強かったので(^_^;)
      それだけ楽しめるのであればいつかやってみたいなぁ。
      戦闘システムが大きく変わっているそうなので、印象が全然違っていそう。
      BGMは良かったので、サントラは欲しかったなぁ。
      僕が購入したのは発売3ヵ月後でした。その時点でワゴンセールだったんですよね。

  8. DTchainsaw より:

    エストポリスⅡのSFC版は、今までプレイした全RPGの中でもずっと記憶に残っている名作ですね。
    当時、同じSFCでドラクエ6と同時期にやって、エストポリスの方が圧倒的におもしろかったのをよく憶えてます。
    SFC版、3DSバーチャルコンソールにでないかなー
    たぶん、今やっても面白いと思う。

    DS版はやってないんですが、残念な出来だったみたいですね。
    発表されたときは嬉しかったんだけど・・。

    • kentworld より:

      DTさんも大絶賛されますか!?
      これは尚更SFC版をやりたくなってきますね~。
      ドラクエVIも評判が良いだけに、それを上回ってくるとは驚きです。
      こういうタイトルこそバーチャルコンソールで出して欲しいですね。
      DS版はやらないほうが良いかも。思い出は綺麗なままにしておきましょうw

コメントする

内容をご確認の上、送信してください(当ブログのコメント欄は承認制を採用しています)。荒らしや誹謗中傷コメントは全てログを取っており、法的な措置を取らせて頂きます。

関連記事

ドンキーコング トロピカルフリーズ【レビュー・評価】あえてWii Uらしさを抑えた手堅い作品
やや薄味だが遊び要素が盛り沢山!レッド・デッド・リデンプション レビュー
万人向けテニスゲーム!マリオテニス64 レビュー
ナイツ NiGHTS into Dreams… 【レビュー・評価】素晴らしい世界観とゲーム体験が融合した作品
ロボティクス・ノーツ【レビュー・評価】骨格は良いのに肉付けで台無しになった作品
ソニック ジェネレーションズ 白の時空【レビュー・評価】20周年記念作にふさわしい出来!
ペーパーマリオ スーパーシール【レビュー・評価】見かけによらず尖ったゲーム
あわたま【レビュー・評価】こんなところに隠れたDSらしい良作が!?
新たな戦略性を開拓したのは評価したいが…グングニル -魔槍の軍神と英雄戦争- レビュー
ウィッチャー3 ワイルドハント【レビュー・評価】限りなく嘘が無い真のファンタジーRPGがここに!