2017/09/29/7:00 | ゲームレビュー

ウルフェンシュタイン:ザ オールドブラッド【レビュー・評価】低価格で楽しめる手堅い出来のちょっとステルスFPS


ウルフェンシュタイン:ザ オールドブラッド/PS4 / XboxOne(Z指定)

2015年5月に発売されたXboxOne「ウルフェンシュタイン:ザ オールドブラッド」を今回はレビューします。

XboxOne「ウルフェンシュタイン:ザ オールドブラッド」はナチスが第二次世界大戦で勝利した世界を描いたFPS、「ウルフェンシュタイン:ザ ニューオーダー」の前日譚となる作品です。2015年6月にはPS4版も発売。

良いところ

よりステルス性が増したゲームプレイ

前作同様、本作はストーリーに沿って進むオーソドックスなFPSです。

前作との大きな違いは、ゲームプレイにステルス性が増して攻略の幅が広まっている事!

基地に潜入しても敵はプレイヤーの存在に気付いている事は少なく、当初は気が付いていないのでこっそり倒す事が出来るんですね。

中には戦闘を避けて素通り出来るエリアもあって、プレイヤーが状況に応じて判断出来るようになったのは良いと思いました。

ステージは相変わらず少しだけ横に広く、右に行くか左に行くかの選択をある程度行う事が可能で、敵に見つからず突破する時はどのルートを通れば良いのかを考える楽しさやハラハラ感があります。

司令官を探して倒す楽しさも健在。

敵に見つかってしまうと増援を呼ばれてしまい、ピンチになりますが、前作同様あらかじめ司令官を倒せば呼ばれなくなるので敵の基地に潜入したらまずは何をすれば良いのか分かりやすくなっています。

探索が面白い

相変わらず探索する面白さも備わっていると思いました。

ステージは少しだけ横に広いだけあって、数多くの収集アイテムが隠されています。

その数なんと64個!6時間程度でクリア出来るゲームにしてはかなり多く、探し甲斐があると思いました。

それ以外にも探索をする事でゲームを有利に進められる回復アイテムやアーマー、弾薬、武器が見つかり、正規ルートが分かってもつい行き止まりの方へ行ってしまいます。

チャレンジ要素が面白い

前作同様、用意されたチャレンジのクリアを目標にしながらプレイするのも面白いと思いました。

チャレンジの多くは特定の武器で敵を一定数倒すというシンプルなものです。

が、チャレンジをクリアするとParkというものが開放されてリロード時間が早くなったり、弾薬を多く持てたりしてゲームを有利に進められる他、1個開放する毎に実績・トロフィーが貰えるので狙いながらプレイするとより楽しくなってきます。

このシステムによって様々なプレイスタイルを試したくなりますし、リプレイ性も高めていると思いました。

後半はホラーゲームに変身!?

実はこのゲーム、ホラー要素が強かったりします。

よくある戦争ゲームかと思いきや、後半からは兵士がゾンビ化してプレイヤーを襲ってくるんですね。

兵士を倒した!やったぜ!と思っていたら・・・

ぎゃぁぁぁぁ~ゾンビ化したぁぁぁ~!!!!!

というハプニングに何度も遭遇しましたw

終盤には大量のゾンビと閉ざされた部屋でサバイバルを繰り広げるというホラーゲームにありがちな展開も待っていて、プレイヤーに強い印象を植え付けてきます。

ところで、ラスボスの名前はもう少し何とかならなかったのだろうか?

ネタバレなので具体的には言いませんが、直訳過ぎるw

チャレンジステージを収録

今作ならではのお楽しみ要素として、スコアアタックモードが用意されています。

内容は各チャプターの一部を切り取ってスコアアタック形式に切り替えたもので、成績に応じてランクが付けられるというものです。

本編ではステルス中心でヒャッハー出来なかった人も、スコアアタックで撃ちまくろう!

ちなみに今作でも初代「ウルフェンシュタイン」のオマージュネタが用意されています。

4つ数える 息を吸う 4つ数える 息を吐く

スポンサーリンク

個人的に合わない&気になったところ

強烈な個性が少ない

このゲーム、基本的な出来はかなり良いと思います。

グラフィックのクオリティは高いですし、フレームレートも滑らか。リトライ時のロード時間も早く、理不尽な点も少なめ。

が、前作以上に個性が薄く、大量生産されている「コールオブデューティ4 モダン・ウォーフェア」の後追いFPSに埋もれてしまっています。

前作もそれを少し感じましたが、アジトでのお使い要素、レーザーガンを使って好きなように壁を切り取っての抜け道作成、月面での無重力ステージ、そしてブラスコビッチという魅力的なキャラクターによってある程度の差別化は図られていました。

今作の場合はストーリーが盛り上がりに欠け、ゲームプレイは前作をベースに少しだけステルス性を高め、後半にホラー要素を盛り込んでいるくらいなので数多くのゲームをプレイしていると記憶には残りにくいです。

ただ、ストーリーの主張が前作よりも薄かった分、探索に専念する事が出来てストーリー、探索、ステルスの各要素が干渉しているようには感じられませんでした。

前作の場合はストーリーが魅力的だった故に早く進みたくて探索要素の強さが邪魔になる事があったけど、今作はそうはならなかったのでそこは良かったです。

全体のまとめ

前作よりも探索型FPSの側面が増し、ゲームとしてみると前作よりも面白く感じました。

キャラクター(※)やストーリーの魅力は薄く、前作ほど目新しい要素がないので印象には残りにくかったですが、FPS好きならプレイして損はありません。
※今作の主人公もブラスコビッチだが、見どころが少なくて前作ほど魅力を感じない。

前作の大型ダウンロードコンテンツを単独パッケージ化したような内容なので価格は約3,000円とお求めやすく、6時間程度で終わって気軽に楽しめますしね。

低価格で楽しめる手堅い出来のちょっとステルスFPS。

こんな人には特におススメ。
・ステルスアクション好き。
・探索好き。

こんな人にはおススメできない。
・FPSが苦手な人。

ウルフェンシュタイン:ザ オールドブラッド/お気に入り度 ★★★★★★★☆☆☆ 星7個
プレイした時間・・・約8時間


 

タグ

おすすめ記事

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

コメント広場の住人(16)

  1. 黒詩★紅月 より:

    今回は惜しくもセールを買えなかったですよ…

    ステルス性は第一人称に少々相性が悪いけど、これはいつかVRで化けてほしいですw
    第一人称だし、ステルスできる有名なゲームはドタンバタンのより、ホラーゲームが多いかな
    『ファークライ5』にちょっと期待します

    正直に、『ウルフェンシュタイン』は同じ系統で3作も作るのがびっくりしました
    それだけで新作シリーズが好評してるのかね
    IIはどう差別化できるか、気になります

    無印のストーリーにポイント高いのがびっくりしました
    すぐパコパコできるとか羨ましいですよ!
    あんなイベントの後でするのほうがびっくりしたんですが(笑)

    • kentworld より:

      今回はセールで買えませんでしたか・・・
      確か、前作を楽しめていたようなので、今作も行けるとは思いますが。

      ウルフェンシュタインシリーズ、海外での売上はどうなんだろう?
      そこそこ良いのかもしれませんね。

  2. ヨウタイガ より:

    ナチスが勝つというifストーリーなんですね。でも、硬派な内容かと思っていたら、ゾンビが出てくるとか凄い展開ですかー。題材は割と好きですが、FPSは苦手なのでちょっと購入にはならなさそうです。

    • kentworld より:

      ストーリーは前作もそうですが、なかなかぶっ飛んでいますよー。
      現実に忠実ではない所が良いんですよね♪

  3. さやまる より:

    ウルフェンシュタイン2がSwitchでの発売も決まりましたし、1作目をやろうか迷ってるんですよね〜!
    とりあえずFPSゲームとしては安定した感じに面白そうですね〜にしてもガッツリじゃなくともステルス要素もあるのか、結構面白そうだなぁ…

    • kentworld より:

      FPSとしての完成度は保証します。
      ステルス要素は本格的と言うほどではありませんが、それなりにありましたね~

  4. シロマ より:

    前作同様手堅い出来みたいだけど今作は探索要素が強いみたいですね。
    ただ、主人公ブラスコビッチの魅力が低いのは気になりますね。
    10月は新作のマリオとアサクリまで間があるからそれまでにはトロコンするまでやり込みたいです。

    • kentworld より:

      探索要素は意図的に強化されていると思いました。
      ストーリーやキャラクターの主張は前作ほど強く感じなかったんですよねぇ。
      大型ダウンロードコンテンツでボリュームが前作比で50%程度なのもあるとは思います。
      低価格なのにプラチナトロフィーがあるのはうれしいですね♪

  5. そらとろぼ より:

    ブラスコビッチくんのような強烈な個性とダンディーさの持ち主は貴重ですからね。
    アーニャとズッコンバッコンし過ぎてアジトの仲間が苦情言ってるシーンで爆笑しました。

    オールドブラッドは過去のお話みたいですが主人公は別なのでしょうか。
    個人的にゾンビFPSは似たようなものが多すぎてあまり食指が伸びないのですが・・・
    これもニューオーダーと同じようにPS+の100円セールやりませんかね(無茶ぶり)

    • kentworld より:

      アジトでのやり取りはちょっとコミカルで面白かったですねw

      主人公は今作も一応、ブラスコビッチです。
      ゾンビって欧米ゲームでは有り触れていますよねぇ。
      敵兵がいきなりゾンビになるなど、
      他のゾンビFPSとはある程度の差別化が図られていましたが。
      100円セールは前作とのセットでやっても良さそう。

  6. ジョエリー より:

    つい先日のセールで購入して近いうちにプレイしたいなと思っていたので、個人的にタイムリーなレビューです!
    基本的に前作の良いところはそのままのようで、自分は今作も問題なく楽しめそうだなと思いました。

    倒した敵がゾンビ化するのはびっくりですね。笑
    一体どういう経緯であの世界観の中でゾンビが出てくるのか気になります。

    • kentworld より:

      お、タイミングが良かったですか!?
      基本的には手堅い出来で、前作楽しめたなら今作も行けると思いますよー。

      敵がゾンビ化するのは中盤以降なので、イベントシーンでも絡んできます。
      その辺りも注目してみるとより楽しめるかも!?

  7. くっぞこ より:

    こんにちは。
    SFCの「ウルフェンシュタイン3D」はこんなグラフィックでしたね~
    懐かしいです。
    SFC版も、確か軍隊のゾンビと対決するストーリーでした。

  8. チキ より:

    序盤は装備がパイプしか無いから特にステルスプレイが重要ですね。
    パイプを使ってザクザク壁を登るのが地味に楽しい。
    あとパイプでステルスキルを決めるのが気持ち良いですよね。
    首に突き刺したパイプをもう片方のパイプでスコーンと打ち込んでパイプの中から血が噴き出すというやり過ぎなバイオレンス描写に笑ってしまいましたw
    一人称視点だから気付きにくいけど今回のB.Jはストーリーの前半でずっと上半身裸のまま戦ってるんだからたくましいですよねw

    ストーリーやキャラ描写はニューオーダーに比べると確かに弱いです。
    道中に色んな出会いがあるとはいえ基本はB.Jの孤独な戦いを描いてるからストーリーに起伏を持たせにくいのかも。
    その代わりカットシーンを排して終始、一人称視点で展開するから没入感がハンパじゃありません。

    FPSならではの中毒性と探索の楽しさがあって夢中になって楽しめました。
    特定のPerkを解除してるとマップ上に収集物の大まかな位置が出るから隅々まで探索したくなるんですよねぇ。

    本作は前日譚でナチスが戦争に勝つ前の話だからレーザーガンや月面基地みたいなオーバーテクノロジーは控えめでしたね。
    だからニューオーダーと比べると物足りなさはあると思います。
    ハンドガンタイプのグレポンはカッコ良かったし、終盤はロボット兵器に乗り込んで殺戮の限りを尽くすアトラクションがあるので、そこは楽しめました。

    初代ウルフェンシュタイン風のミニゲームはクリアすると実績を貰えるから頑張って全部クリアしましたよ♪

    ストーリーは弱いけどゲーム部分は前作以上に洗練されていて楽しめました。
    僕のお気に入り度は★10です!

    ところでkentさんいつの間かベリーハードでクリアしていて凄いですね!最終チャプターだけクリアすれば良いんでしたっけ?
    ラスボスはかなり苦労したんじゃ⁉︎
    僕は収集物とPerkはコンプしたけど高難易度クリアとスコアアタックの実績はまだなんですよ。

    • kentworld より:

      序盤はパイプしか使えないのは、
      「このゲームはステルスアクション推奨ですよ~」と遠回しに教えられて良いですね!
      これは「メトロラストライト」でも感じました。

      そう言えば主人公はずっと上半身裸のまま戦っているんですよね!
      イベントシーンで気が付きましたw
      三人称視点になったらシュールかも!?

      ストーリーやキャラ描写はあまり印象的ではありませんでした。
      ですので強い印象が残りにくいけど、
      その分だけゲームプレイに没頭できたのも確かで、良い方にも作用していると思います。

      武器の個性は前作よりも弱かったなぁ。
      そこで冒険してくれたら他のFPSと差別化を図れそうですが。

      ベリーハードでクリアしたの、バレてる!w
      最終チャプターだけをクリアしたら解除されるので、そこまで難しくはありません。
      まあ、ラスボスは強いので、そこでは苦戦しましたが(^_^;)

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

関連記事

メタルギア ライジング リベンジェンス【レビュー・評価】アクションは最高だが…
スチームワールドディグ【レビュー・評価】メトロイドとミスタードリラーが融合!
ストライダー飛竜【レビュー・評価】カプコンらしい味付けのメトロイドヴァニア
1周目は笑って2周目は本格アクション!珍道中!!ポールの大冒険 レビュー
洞窟物語【レビュー・評価】外側はチープでも中側はしっかり!
メトロ2033【レビュー・評価】荒削りながらもユニークな舞台設定とそれに伴うアレンジが素敵なFPS
前作未プレイの人は素直にそちらから。ピクセルジャンク シューター2 レビュー
草刈りゲーからの脱却に成功!戦国無双 Chronicle レビュー
プレイステーション オールスター・バトルロイヤル【レビュー・評価】もっとプレイしていて楽しいと思わせる仕掛けを!
ゾンビU【レビュー・評価】Wii Uの不便さを恐怖に変換した意欲作!