2018/08/08/20:00 | 特集

大人向けのおすすめSwitchソフト10選!ニンテンドースイッチでも大人向けゲームはこんなにもある!?

Switchで硬派なゲームを楽しみたい!

そんな方に向けて今回の記事では大人向けのSwitchソフトを集めてみました!

いずれもプレイ済なので、簡単な感想を交えて紹介したいと思います。

バイオハザード リベレーションズ アンベールド エディション

サバイバルホラーゲーム「バイオハザード」シリーズの関連作。

ナンバリングタイトルではありませんが、シリーズの中ではかなり怖い部類です!

初期作品のような閉塞感のあるフィールド内を探索し、思わぬところで化物と遭遇して最高級のホラー体験を味わうことが出来ます。

オリジナルは2012年発売の3DS版ですが、そんな先入観を持ってプレイするとあまりの怖さに驚きますよ~。

Switch版には独自要素として「GHOSTSHIP PANIC」というスコアアタックタイプのシューティングゲームも収録されています。

関連記事:バイオハザード リベレーションズ【レビュー・評価】3DSの底力を発揮した力作!

バイオハザード リベレーションズ 2

「バイオハザード リベレーションズ」シリーズの続編。

主人公や舞台が一新され、エピソード形式になったことで前作とはまた異なる作品となっていました!

BIOHAZARD REVELATIONS 2_20150323222836

今作の大きな特徴は能力が異なるキャラクターの切り替えシステム。

例えば特定のキャラじゃないと見えない幽霊みたいな敵が出てくるんです!

敵が見えないって怖すぎる!w

前作と比べて賛否両論ですが、個人的にはこちらの作品も好きです♪

Switch版には「GHOULS’N HOMUNCULI」という名作「魔界村」をモチーフにしたアクションゲームも収録されています。

※本作は2,990円(税込)のダウンロード専売タイトルになります。「バイオハザード リベレーションズ コレクション」には「1」のゲームカードと「2」のダウンロードコードを同梱。

関連記事:バイオハザード リべレーションズ2【レビュー・評価】劣化点もあるが、今回も懐かしさと新しさが入り混じった良作

L.A.ノワール

1940年代のロサンゼルスを舞台にしたオープンワールドゲーム。

0d4e7647.jpg

このゲームの凄いところはロサンゼルスの中で刑事になりきれること!

「逆転裁判」のように捜索や尋問が楽しめるかと思ったら「グランド・セフト・オート」のようなカーチェイスやTPS要素もあって至れり尽くせりな内容です。

1940年代のロサンゼルスを再現した街並みも素晴らしく、コンセプトに関してはとても素晴らしいと思いました。

あとは事件のバリエーションがもう少し多彩だったら・・・

ちなみにSwitch版はジェスチャー操作やタッチ操作に対応しています。

関連記事:L.A.ノワール【レビュー・評価】セットの魅力にシステムが追いつかなかった惜しい作品

The Elder Scrolls V: Skyrim

極寒地域の「スカイリム」を舞台にしたオープンワールドRPG。

このゲームは自由度の高さが凄かった!

130621-1659-14

驚くほど沢山のダンジョン、街が存在し、ゲーム開始直後から自由に各地を冒険出来るので、リニア式のゲームに慣れていたら度肝を抜かされますw

オリジナル版は2011年の作品ですが、今、プレイしても自由度の高さにあっとされること間違いなし!

Switch版は「ゼルダの伝説」シリーズのamiiboを使用することでリンク装備が手に入るのも嬉しいですね♪

関連記事:ジ・エルダー・スクロールズV スカイリム【レビュー・評価】圧倒的な自由度と粗さが入り混じった伝説のRPG!

ベヨネッタ

魔女のお姉さんが主人公のアクションアドベンチャーゲーム。

「デビル メイ クライ」のようなスタイリッシュアクションで敵を華麗に倒すのが楽しい作品ですね。

華麗に倒すという意味で特筆したいのが、敵の攻撃をギリギリで避けると発動するウィッチタイム。

ウィッチタイムが発動すると周りの動きが一時的に遅くなるので、結果的に大きなダメージを与えやすくなるんですね。

このシステムはベヨネッタのアクションを魅せるというコンセプトと非常にマッチしていると思います。

※本作は3,758円(税込)のダウンロード専売タイトルになります。

関連記事:ベヨネッタ【レビュー・評価】魔女のお姉さんは意外としつこい味だった!

ベヨネッタ2

魔女のお姉さんが主人公のアクションアドベンチャーゲームの続編。

髪型がショートヘアーになり、スッキリしましたが、アクションゲームとしてもスッキリした感じになっていました!

世界観は明るくなり、前作よりもテンポ良くなって短時間のうちに超濃厚なアクションを楽しむことが出来ます。

週末の休みだけでゲームをクリアしたい!

そんなゲームを探している社会人の方には真っ先におすすめしたい作品です。

ベヨネッタ2【レビュー・評価】より洗練され、マイルドになったプラチナゲーの決定版!

DOOM

FPS黎明期に発売された「DOOM」のリブート作。

まるで倍速でプレイしているかのようなゲームスピードと歯ごたえあるゲームバランス、そして清々しいくらいのゴア表現が魅力的な作品です!

ツボにハマればどぅーっとプレイし続けてしまうほどの中毒性があり、FPS好きには是非おすすめしたい作品。

何気に探索要素も強く、各ステージは迷路のように入り組んでいるので、隠し通路やアイテム探しも面白いです。

友達によるとSwitch版も良移植のようで、携帯モードでも快適に楽しめるみたい。

関連記事:DOOM【レビュー・評価】スピード感とボリューム感が素晴らしい良質なFPS

バイオハザード7 レジデントイービル

サバイバルホラーゲーム「バイオハザード」シリーズのナンバリング7作目。

Switch版はクラウド機能を活用することになり、ネット環境に依存しますが、まともな環境だったら問題なく楽しめます。

というか映像表現が周りのSwitchソフトとは別次元と言っても良いくらい高い!w

Switchの実機で動かしていないからこそ無茶な映像表現が可能となっていて、これが180日間2000円で楽しめるのは安すぎる!w

グラフィックだけではなく恐怖度もシリーズ最高レベルで、初期作品で見られた探索や謎解き要素も備わっているので視点が一人称に切り替わったとは言えもっと多くの人にプレイしてもらいたい作品。

※本作のSwitchパッケージ版は存在しません。

関連記事:バイオハザード7 レジデント イービル【レビュー・評価】すべてのホラーゲームを過去の物にする最恐のホラー体験が待っている!

クローズド・ナイトメア

実写映像で楽しめるホラーアドベンチャーゲーム。

邦画にビジュアルノベル&脱出ゲームを盛り込んだような内容ですが、個人的にストーリーが気に入りました。

ホラーゲームらしい恐怖の要素を持たせつつも若者の恋愛も描いていて大人にこそプレイしてもらいたい作品。

特に25歳前後の方がプレイされたら感情移入出来るんじゃないかと思います。

臨場感のある実写の一人称映像は必見ですぞ!

関連記事:クローズド・ナイトメア【レビュー・評価】コンパクトに美しくまとまった実写ホラーアドベンチャー!

ウルフェンシュタインII:ザ ニューコロッサス

ナチスに占領された世界を描いたFPS。

Z指定タイトルだけあって恐ろしいくらい表現がゴアゴアしていますが、本作の場合はそれをエンターテイメントとして昇華させていたから凄かった!w

「グロい=怖い」とかじゃなくて「グロい=笑える」なんて感情をプレイヤーに植え付けるなんて相当なことだと思います。

FPSとしては「DOOM」譲りのスピーディなアクション性となっていて、かなり豪快です。

Switchソフトとしてはここで挙げた中でも異彩を放っていて見せびらかしたくなるほど。

僕の友達によるとSwitch版も良移植のようで、他機種版と比べてグラフィックはやや劣るもののジャイロ操作や携帯モードで楽しめることから甲乙つけ難いようです。

関連記事:ウルフェンシュタインII:ザ ニューコロッサス【レビュー・評価】ぶっ飛びすぎてリアル系からコメディ系FPSに進化!

スポンサーリンク

全体のまとめ

以上!大人向けのSwitchソフト10選でした!

Switchで硬派なゲームを楽しみたい方は参考にしてみてください。

多くは他機種でも発売されていますが、携帯モードでも楽しめると考えたら夢のような話だと思います。

ここで挙げたゲームを持っていたら友達に見せびらかしてみると「え?Switchでこんなゲームが出ていたの!?」と驚かれるかもw



タグ ,

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

コメント広場の住人(30)

  1. hanataka より:

    海外ドラマ好きな人には、LAノワール、バイオリベレーション2は超オススメですからねぇ🎵

    ネットニュースで、ラングリッサーシリーズ復活とあったんですが、やはり今、ゲーム人気が戻ってきてるんですかねぇ🎵レトロブームやミニシリーズで、中年ゲーム世代が帰ってきてるのかしら🎵

    • kentworld より:

      そうですね、言われてみると海外ドラマちっくなゲームもいくつか紹介していました。

      ラングリッサーシリーズはまた復活しそうですね。コンシューマー向けの新作だったら良いのですが・・・

  2. 匿名 より:

    ケントさんはインディーズゲームはあんまりプレイしないのかな?

  3. AVC-M370 より:

    なるほど、あっとされるのか。
    フォトリアル系は携帯機より大画面の方が見やすい気はする。
    SwitchでもTVモードでの方が向いていそうではあるがね。

    ベヨネッタはお姉さんだったのか、てっきり、いや何も言うまい。

    • kentworld より:

      僕だったら携帯機であそこまで迫力ある映像のゲームが遊べたらビックリしてしまいます。

      もちろん、フルで堪能したい場合はTV画面ですけどね。Switchの他機種にはない大きな利点こそが携帯モードですので。

      レディにはいくつになってもお姉さんと言わないといけませんw

  4. ヨウタイガ より:

    先日のps4の子ども向けソフトの逆なかんじですね。少し前までは任天堂系は子ども、ソニー系は大人に強い印象でしたが、両者とも広い世代に向けたソフトが揃って来ましたね。今回の記事のように任天堂の大人向けのCM、ソニーの子ども向けのCMとか作ったら面白そうですね。
    今回紹介された中では、気になっていたベヨ姉さんを先日wiiuU版で買ったので、自分に合うようだったらSwitchで3を買って見たいと思ってます。

    • kentworld より:

      そうですね、あえて両ハードの弱い部分を補うタイトルをピックアップしてみました。

      どちらのハードも弱点を補うためのタイトルは発売しているんだよーってのをもっと多くの人に伝えたかったんですね。

      おお!ベヨネッタ2を持っていましたか!?このゲームはおすすめですよ!楽しめることを祈っていますー♪

  5. kiyoppy より:

    ウルフェンシュタインはPS4でやっていますが、確かにオススメですね。導入部から引き込まれるゲームで面白さは保証できます。
    こんな日本ではマニアなFPSがスイッチで出来るとは、すごい時代になったもんです。

    • kentworld より:

      おお!PS4でプレイされていましたか!?

      このゲームのSwitch版が発表された時は驚きました。ベセスダも冒険するなぁw

  6. 天火星 より:

    バイオリベ2の透明な敵には大苦戦しました・・・!弟とプレイしてて何度もやられましたし・・・、スカイリムは途中までしかやってませんけどもあれは良い。ゼルダもそうですけどもオープンワールドゲームが携帯出来るって良いですねぇ・・・。

    • kentworld より:

      透明な敵は苦戦しますよねぇ・・・終盤の方に何度も出てきて大変でしたw

      そう言えば本作はローカル協力プレイにも対応していましたっけ。兄弟でプレイできて羨ましいです。

      スカイリムやBotWクラスのオープンワールドゲームを携帯できるって夢のようですよね。数年前までは考えられませんでした。

      • 天火星 より:

        リベ2では僕が戦闘キャラで弟が非戦闘キャラでやってたんですけどね、弟のモイラの戦闘部族っぷりときたら・・・!なぜ彼は先頭に使えない技で戦おうとするのか・・・。

        スイッチに関しては「良い時代になったなぁ・・・。」って毎回しみじみとしてしまいますね、

        • kentworld より:

          あはは、僕も同じような展開になりそうですよw

          marumaxさんの気持ちはよーく分かります笑

          一昔前の携帯機ってPS2のゲームでさえも移植するのが大変でしたからね・・・

  7. むぐお より:

    スイッチは完全に若い人向けなイメージありますからね
    よくいえばゲームゲームしてるソフトが多いので純粋に、楽しめます
    しかしLAノワールを移植したのは驚きました
    ロックスターもスイッチ市場目をつけてるんですかね
    スカイリムはスイッチの、すごい気になりますがあの膨大なゲームをいちからやるのはもうお腹いっぱいだなあって、なりましたね

    • kentworld より:

      Switchユーザーの平均年齢そうってどのくらいなんでしょうかね?

      この記事で挙げたようなゲームはあまりイメージとして挙がりませんが・・・

      LAノワールの移植は意外です。この流れでGTAVが来たら面白いんですが。

      むぐおさんのスカイリム愛は素晴らしいですからね。また、忘れた頃に手を出すのも良いと思います。

  8. メトロキシド より:

    大人向けゲームというとグロ要素が強いという印象があるのですよね…(偏見)
    ただ、ジ・エルダー・スクロームはかなり興味があります。
    オープンワールド系のゲームは一切やったことがなく(強いていうならドラクエ10)
    ぶっちゃけ自分でもリニア式の方が性に合ってる気がするため(製作者の意図に乗ってゲームをプレイし慣れているためとも)ですw

    ただ、スイッチ関係なくオープンワールド系のゲーム全般に興味がありますが…問題はモチベが保てるかどうかになります。(リニア式みたいなストーリーゲーですと保ちやすいのですが、何もかも自由となるとリニア式に慣れてしまっている自分が主体的な行動がとれるのか…)

    • kentworld より:

      大人向けといえばフォトリアルでグロいイメージは強いですね。ここで挙げたゲームも暴力表現が多めになります。

      オープンワールドゲームはSwitchを購入されたらぜひ、プレイしてみてください!

      リニア式ゲームに慣れていると戸惑うところはありますが、工夫している作品は工夫していますので。

      今、思い付きましたが、初心者向けのオープンワールドゲームを特集してみようかな?

      • メトロキシド より:

        良いですね!>初心者向けのオープンワールド紹介

        自分みたいな旧世代のゲームが好き、とくにRPGが好きな人間ですとオープンワールドをプレイしたことがない人が多いと思います。(昔のds世代の方方のことです)

        自分でも知ってるオープンワールドだと、ゼルダbotwとウィッチャー3とこの記事のジ・エルダー・スカイリムぐらいしか思いつきませんねw
        どのゲームもオープンワールドなんだ、ということは知ってますが自由度が高いぐらいしかわからないため(レビュー記事を見てもそんな印象です)、そこらへんをもう少し補填的に説明していただけると他の方はともかく自分は嬉しく感じます。

        紹介記事お待ちしております。(気長に待っていますw)

        • kentworld より:

          楽しみにしていてください!最近は新作ゲームレビューや情報が少ないため、すぐ公開出来そうですよ♪

          こうしてコメント欄でやり取りをしていると記事のアイデアが次から次へと思い浮かぶので本当に助かっていますし、何よりもやり取りをするのが楽しいです♪

          良い記事に出来るようがんばります!

  9. ジョエリー より:

    自分がプレイしたのはPS4版ですが、DOOMとウルフェンシュタインⅡはオススメしたいですね。
    この2本は自分がプレイした中では最高峰のシングルFPSゲームで、グロイのが苦手で無ければ是非プレイして欲しいです。

    個人的に気になっているのはベヨネッタシリーズです。アクションゲームとしてかなり評価が高いので、ベヨネッタ3の発売までにはプレイしたいと思ってます。

    • kentworld より:

      個人的にもDOOMとウルフェンシュタインIIは近年発売されたFPSの中でも特におすすめしたいと思っています。

      こんなゲームがSwitchでも楽しめる時代になったんですねぇ・・・

      ベヨネッタはぜひ!アクションゲーム好きでしたら特に2がおすすめですよー

  10. ナスタ より:

    DOOMやウルフェンシュタインIIはジャイロ機能の恩恵をかなり感じています。特にDOOMはスピード感のある動きと一体になる感じがたまらなかったですね。携帯モードでもしっかり遊べるので、パフォーマンス的にはやや落ちるとはいえ良くここまでやってくれたなって感じです。

    スカイリムみたいな長時間プレイしたくなるオープンワールドのゲームはSwitchにもっと欲しいですね。最新のゲームは厳しいでしょうが、GTAVとか来ないかな?

    • kentworld より:

      ジェイロ機能は実際に試してみたいですね~。僕はFPSではスティックでの照準に慣れきっているので笑

      3DS版ゼルダの伝説ムジュラの仮面では重宝しました。

      GTAVはSwitchで発売されたらかなり売れそうです。オンラインモードの運営が大変そうですが、最悪、シングルのみでも良さそう。

  11. ジオ より:

    久々コメントです!ここに載ってるタイトルはかなりお世話になってますね。LAノワール、スカイリム、クローズドナイトメア以外は全部買いました。スイッチは大人専用ゲームが増えて嬉しいです!

    ちょうど今WolfenStein2をやってるんですが、ドラマみたいなストーリーがすごくいいです!FPSとしての楽しさはDOOM同様のシステムで楽しいし、今のところ期待通りの作品になってます。この時代にストーリーのみに注力した作品を作ってくれたベセスダには感謝です!

    • kentworld より:

      おお!色々購入されていますね!

      ジオさんと言えば大人向けのゲームも色々購入されている印象でしたが・・・

      ウルフェンシュタインIIも満喫しているようですね。本作はストーリー性の高さもセールスポイントで、濃厚な体験を味わえると思います。シングル重視のFPSは今の時代、本当に貴重です。

  12. 青雲スカイ より:

    この中でプレイしたのはスカイリムだけですが、かなり夢中になりました。
    寝る時に布団の中にSwitchを持ち込んで、眠気が来るまで遊ぶという形で色々なSwitchのゲームを遊びましたが、個人的にこれまで遊んだ中で一番それに合っていたのがスカイリムですね。

    大人向けのゲーム…やっていないですが、シノビリフレもそんな感じですかねw
    あれは大人向けというよりも思春期の少年向けっぽいかもw

    • kentworld より:

      スカイリム!しっかり触れてみましたよ!オープンワールドゲームを布団の中でプレイって贅沢ですよねw

      そんなことが出来るようになるとは・・・

      シノビリフレは入れようか迷いましたが・・・こういうのって大人向けと言っても良いのか分からないので入れませんでしたw

      まあ、すっぽんぽんになったら入れますけどねw

  13. シロマ より:

    紹介しているのはマルチタイトルが多いけど「ベヨネッタ2」は前作と合わせてSwitchでプレイしたみたいですね。

    • kentworld より:

      ベヨネッタはシロマさんも楽しめそうですね。3が出るタイミングでどんどんプレイするのも良いと思います。

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。